動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙版 第47号

2013年01月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成25年 2月

如月
日本では旧暦2月を如月(きさらぎ)と呼びます。
語源の由来は、寒さ のために更に着物を重ねて着るので「衣更着」という説があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

乳飲み子と通勤
優しい日差しの冬の午後、区内のお菓子屋さんの駐車場で待ち合わせの猫さんを亡くされたご家族をお迎えいたしました。
駐車場には孫娘を伴ってシーツに包まれた猫さんを抱いた奥様が既に待っておられました。
亡くなった猫さんは、お孫さんのお母さん、つまり奥様の娘さんが当時の通勤路で目の開いててない乳児の状態で保護し育て上げたのだそうです。
獣医さんや周りの人達には、育てるのは無理だと忠告を受けました。
乳児の体温が下がらないように四六時中、肌着の上から離れないように工夫したそうです。
勤務先の会社も理解して下さって、哺乳瓶をカバンに入れて乳児と通勤する日々が続きました。
その後は病気や怪我も無くすくすく育ち、歯も生え揃った頃にはご自宅で暮らすようになりました。
ご葬儀の前に奥様はお孫さんに自分のお母さんが成し得た事を懐かしそうに語っておりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母のもとへ
まだ日陰に雪が残る1月の昼下がりにワンちゃんのお迎えをいたしました。
市内で農業を営んでいるご主人が広い庭の一角に作られた犬舎の中の亡くなったワンちゃんのもとへ案内して下さいました。
ご主人は約8年前に元の飼い主が他界したこのワンちゃんを縁あって引き取りました。
故人が飼われていたのはこの子の他に母犬もいたそうです。
事情を知っていた御主人は母子一緒に引き取るつもりでいましたが、母犬は元の飼い主を追う様に死んでしまったのだそうです。
その後、子供の方はご主人のもと大事にしてもらっていました。
ご主人は楽しかった思い出話とともに、「お母さんのもとへ行きなさい」と、ワンちゃんに最後の言葉を掛けておられました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

{お知らせ} 平成25年春彼岸会行事日程について
期日:・3月20日(春分の日) ・3月23日(土) ・3月24日(日)
読経時間:午前11時と午後2時の2回 と予定させていただいております。





第47号紙面


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母のもとへ | トップ | 如月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。