cfgjk

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

 スマートフォンに限らず、電子デバイスの画面サイズは「

2017-06-12 00:04:27 | 日記
ーズゴールド」カラーも用意されるとの観測が流れている。

懸念される歩留まり問題
次期iPhoneは外観デザインが従来と同様になるため、最終組み立て工程は比較的順調に進むと見られている。
ルイヴィトンiphone7ケースその一方で、感圧タッチのディスプレイ部分への導入は比較的困難な作業が伴うと指摘されている。
「ソチ五輪限定LTEプリペイドSIMカードをゲット」「正式発表間近なソニー・WindowsPhone」「ドコモに必要なのは既存ユーザーへのキャ「ソチ五輪限定LTEプリペイドSIMカードをゲット」「正式発表間近なソニー・WindowsPhone」「ドコモに必要なのは既存ユーザーへのキャッシュバックだ」「今週のリリース&ニュース」「編集後記」 THE PAGE
進むスマートフォンの大画面化 「ファブレット」とは?
ファブレットとスマートフォンの画面サイズ比較
 スマートフォンの画面の大型化が進んでいます。
エルメス iphone7ケーススマートフォンの火付け役となった初代iPhoneは3.5インチでしたが、いまでは6インチを超える製品も市場に出回るようになりました。こうした大きな画面を持つスマートフォンは「ファブレット」と呼ばれます。
シャネルiphone7ケース「ファブレット」とは何なのでしょうか?

およそ5インチ以上、7インチ未満の画面
 ファブレットは、フォーン(Phone)とタブレット(Tablet)を掛けあわせた造語です。英語ではPhabletと書きます。
シャネルiphone7ケースつまり、電話ができる大画面のスマートデバイスのことです。およそ5インチ以上、7インチ未満の画面を持ったスマートフォンをファブレットと呼ぶことが多いようですが、明確な定義があるわけではありません。
シャネルiphone7ケース

 スマートフォンに限らず、電子デバイスの画面サイズは「インチ」で表現されます。インチはおよそ2.54センチメートル。
ルイヴィトンiphone8ケース画面の対角を結んだ線の長さを言います。3.5インチはおよそ8.9センチメートルです。
シャネルiphone8ケース7インチともなれば17.78センチメートルにもなります。

 「大画面スマホ」とでも呼んでおけばいいのでしょうが、2012年あたりから大型画面のスマートフォンが次々と登場し始め、ひとつの製品カテゴリとしてこの言葉が国内外のメディアで使われるようになってきました。
ルイヴィトンiphone7ケース

 日本でファブレットの先駆けとなったのは、2010年の冬モデルとしてソフトバンクが発売した「Dell Streak SoftBank 001DL」でしょう。画面サイズは5インチでした。
ルイヴィトンiphone7ケース

iPhone 5はファブレットではない
 2012年になってからは、5インチの製品が次々と市場に投入されます。「ELUGA power P-07D」「HTC J butterfly HTL21」など

この記事は有料です。
シャネルiphone8ケース
石川 温の「スマホ今年、利益でドコモを抜く。いい勝負ができるのではないか━ソフトバンクモバイル・孫正義社長の囲みにツッコミ」「いろんなものがあったほうが楽しいじゃん KDDI・田中孝司社長の囲みにツッコミ」

この記事は有料です。
シャネルiphone7ケース
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。
シャネルiphone8ケースッシュバックだ」「今週のリリース&ニュース」「編集後記」

この記事は有料です。
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。
シャネルiphone7ケース
このため、次期iPhoneの生産量やその時期は、ディスプレイの供給、歩留まり問題の影響を受ける可能性があると、ブルームバーグは伝えている。

(JBpress:2015年7月1日号に掲「苦戦かどうか、こんな短期間で見ないで欲しい━NTTドコモ・加藤薫社長の囲みにツッコミ」「今週のリリース&ニュース」

この記事は有料です。
ルイヴィトンiphone7ケース
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | イブ映像を視聴し、ライブ会場に »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。