dghutu

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

DM(生産者のブランドで製品を設計

2017-05-17 11:32:41 | 日記
ファーウェイやエイスースなどの中華系スマホメーカーが席巻する、日本のSIMフリースマホ(どの通信会社の回線でも使える端末)市場。そうした環境でも、中華系メーカーに一矢報いる日本のスマホメーカーが出てきている。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安

この記事の写真を見る

 その代表格となるのが「FREETEL」ブランドを展開するプラスワン・マーケティングだ。2012年設立のベンチャー企業で、MVNOとして格安スマホサービスを提供しながら、自社でスマホを開発するメーカーでもある。
同社は端末とサービスを一体で提供する、大手携帯会社に近いビジネスを展開し販売を伸ばしているのだ。

■コスパを武器に、海外展開を積極化

 何よりも驚かされるのが、設立まもないベンチャー企業でありながら、端末のラインナップが豊富なことだろう。
グッチiPhone7ケース

 実際、10個のCPUを搭載したフラッグシップモデル「KIWAMI 2」からミドルクラスの「REI」、低価格帯の「Priori 4」などのモデルに加え、大容量バッテリーの「RAIJIN」、折り畳み型の「MUSASHI」など、特徴のあるモデルも投入している。

 選択肢だけでなく、高性能の「KIWAMI 2」ですら4万9800円と、コストパフォーマンスが非常に高いことも人気の秘訣だ。
ヴィトン iphone7ケース

 しかもプラスワンは、コストパフォーマンスの高さと、日本のメーカーであるということを強く打ち出し、海外でも積極的に販売している。2015年にカンボジアへ進出したのを皮切りに、アジアや北米、南米などの新興国への展開を積極化。
ヴィトン iphone7ケース今年2月にはエジプトに進出したほか、5月には香港の大手携帯会社「CSL」から、母の日キャンペーンの主力製品として同社製のスマホが採用されるなど、着実に実績を積み重ねている。

小さな会社も「スマホメーカー」になれる
 だがそもそも、プラスワンは設立して5年程度の若い企業だ。
シャネルiphone7ケース従業員も2017年4月時点で173人と決して多くはない。にもかかわらず、同社がこれだけ多くのスマホを安価で提供し、海外展開まで実現できるのはなぜだろうか。
ヴィトン iphone7ケース

 実は中国や台湾には「ODM(生産者のブランドで製品を設計・生産すること)」と呼ばれる、スマホなどの設計や生産を専門に手掛けるメーカーが多く存在する。そこでプラスワンは、端末の設計の多くの部分は自社で手掛け、一部の設計や生産を外部の企業に委託することにより、安価にスマホを提供しているのだ。
シャネルiphone7ケース

 とはいえ、ODMを活用する手法は家電やパソコンなどで古くからなされており、別段珍しい手法ではない。スマホにおいても、アップルが台湾・鴻海精密工業(電子機器を受託生産するEMSの代表格)などに生産を委託し、iPhoneを大量生産していることはよく知られている。
グッチiPhone7ケース

■フランスが発端、世界的にもODM活用が進む

 世界的に見ると、同じ手
スケルトン!「透明なGalaxy S8」を自作してみた
スケルトン!「透明なGalaxy S8」を自作してみた
おお、これはカッコイイ!

いよいよ世界各国で販売(日本は未発売)が開始された、Samsung(サムスン)の新型スマートフォン「Galaxy S8」。今のところ評価はかなり高く、あの画面が上下にまで広がったディスプレイは、やっぱりカッコイイです。
シャネルTシャツそしてそんなGalaxy S8をさらにカッコよくすべく、背面プレートを透明にする改造動画が公開(https://www.youtube.com/watch?v=Is8xVvXEnag)されました。

Galaxy S8はそもそも背面プレートが外せない仕様なので、JerryRigEverythingが公開した今回の改造は「保証範囲外」のものとなります。
ルイヴィトンiphone8ケースさらに動画では薬品で塗装を剥がし、フィルムを力ずくで除去し…と、かなりの重改造。これはかなりの覚悟がないと、真似してはいけませんね。
ルイヴィトンiphone7ケース

しかしそのような苦労のかいあってか、見てください、動画4:02ごろの美しいGalaxy S8を! 透明な背面プレートは、まるで往年の携帯ゲーム機「ゲームボーイカラー」のようです。しかも、きちんと動作するというのだからオドロキ。
ヴィトン iphone7ケースこんなカッコイイGalaxy S8が売っていたら、iPhone派の僕も思わず衝動買いしてしまうかもしれません…。
法で成功を収めたのはフランスのウイコウ(Wiko)という企業だ。
coachコーチiPhone7ケース同社も2011年に設立されたベンチャー企業だが、中国などのODMメーカーを活用。ポップなデザインで、十分な機能を備えながらも、非常に安価なスマホをそろえることに成功したのだ。
シャネルiphone7ケース

 ウイコウも欧州やアフリカ、中東、アジアなど海外にも積極的に進出。今年2月には日本進出も果たした。
シャネルiphone8ケース短期間のうちに欧州を代表するメーカーに成長している。

 ODMの活用は、単に安価な端末のラインアップを多く提供することだけにとどまらない。
グッチiPhone7ケース少ない台数であっても安価な価格で生産できるようになったことから、より独自性を持つスマホを作るためにODMを活用するケースも増えている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タジアムにやっと響いた「カガワ | トップ | 佐田正樹による自伝小説を原... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。