fcgfgyt

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

優れたディスプレイをより低いコス

2017-05-15 10:33:32 | 日記
【シアトル時事】米国で人工知能(AI)による音声対話機能を備えた家庭用スピーカーが人気を博し、IT大手が相次いで製品化に踏み切っている。

 マイクロソフトは12日までシアトルで開いた開発者会議で同社のAIを組み込んだ製品を披露。
ルイヴィトンiPhone8ケース先行するアマゾン・ドット・コムを追撃する。

 対話スピーカーは話我々は、有機ELよりも優れたディスプレイをより低いコストで生産することができる。
グッチiPhone8ケースまた、工場の刷新に数十億ドル投資する必要もない」とファデルは言う。

アップルは、かねてよりマイクロLED に興味を示しており、2014年にはマイクロLEDディスプレイメーカーのLuxVue Technologyを買収している。
ルイヴィトンiphone7ケースBusiness Koreaの報道によると、アップルは第3世代アップルウォッチ用としてマイクロLEDディスプレイの量産を開始する予定で、10周年記念モデル以降のiPhone向けにも生産を行うという。

アップルが自前でマイクロLEDディスプレイを生産できるため、RohinniがiPhoneのサプライヤーになることはないだろう。
グッチ iphone7ケース,そもそも、Rohinniの現在の生産能力では、スマホ向けのボリュームに対応することはできない。Rohinniは、極小ダイオードを設置するための専用ロボットを30台作ったが、1台当たり30万ドルほどのコストが掛かったため、今後は他社とジョイントベンチャーを組んでマイクロLEDを生産する方針だという。
ルイヴィトンiphone7ケース

同社は、これまでにキーボード向けバックライトの生産を開始し、テレビ向けのマイクロLEDディスプレイのプロトタイプも開発した。同社によると、現在スマホとテレビのメーカー数社と交渉をしているという。
超人気iphone7ケース

ファデルは、アップルでiPodやiPhoneの開発に携わった後、スマートホーム企業のネストを設立した。彼は、コンシューマ製品を作るだけでなく、基盤技術の開発にも強い関心を抱いている。
グッチiPhone7ケース例えば、アップルではiPhoneに搭載するためのマルチタッチ技術を開発する子会社を立ち上げ、その責任者に就任している。

ファデルがアップルを退社後に立ち上げたネストは、グーグルに32億ドルで買収され、現在はアルファベット内の一部門となっている。
Kate Spade iPhone7ケースファデルは、現在のAIブームが到来する何年も前から、機械学習アルゴリズムを使った自動室温調整技術を開発していた。彼は昨年、アルファベットを退職し、投資家として数多くのスタートアを支援する活動を開始した。
グッチiphone7ケースアルファベットを退職した理由としては、ネストの業績不振や、内部の混乱、幹部の離脱などが噂されている。しかけるとインターネット上の情報を収集し、返答したり、依頼に応じて音楽の再生や照明の調整をしたりする。
シリコンiPhone7ケース情報通信機能を備えた「スマート家電」の中核になる可能性があるため、各社が開発にしのぎを削る。

 アマゾンが2015年夏に「エコー」を約180ドル(約2万円)で発売し、グーグルが16年秋に「グーグル・ホーム」で追随。
coachコーチiPhone7ケースエコーの販売台数は昨年までに1100万台を超えたとの推計もあり、瞬く間にヒット商品となった。

 マイクロソフトは、韓国サムスン電子傘下の音響機器大手ハーマン・インターナショナルと組み、音声対話機能「コルタナ」搭載のスピーカーを今秋投入する。
シャネルiPhone7ケース

 一方、アマゾンは6月にタッチ操作画面を搭載した新商品を発売する。

 米メディアによると、アップルもスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」に採用している音声対話機能「シリ」搭載のスピーカーを開発中とされ、リビングルームの主役の座をめぐる争いが熱を帯びている。
ゴヤールiphone7 ケース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャネル iphone7/7plus革ケ... | トップ | とする少数説のいずれに立脚す »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。