アベノミクスを猛烈批判したいから対案を出してやった100年先のことを考え今やるべきだ!これ以上落ちぶれる分けにはいかない

中卒の俺が考えた史上最強の経済成長案
コレすら考え付かないウンコ政治家は
吉田松陰先生にわびながら全裸で町内一周

老害を排除してイノベーションを促進する方法

2016-10-20 01:24:53 | 日記
□クラウドの爆発的進化で既に勝敗は決している
クラウドを久しぶりに触って気がついたことは
ものすごい速さで便利に進化していてもう絶対敵わないだろうということだ。
調べたらほとんどの中規模な日本企業はAmazonのAWSを使っている
と言う状態だ。その気になればAmazonは膨大な情報にアクセスできる。
GoogleもAmazonもIBMもマイクロソフトも考えられないほど大規模だ。
しかもクラウド上で誰でも機会学習・深層学習フレームワークで
AIの開発をできるようになっている。
IoTのサーバー大半はAWSだろう。
ほおっておいても情報が集まる。そういう仕組みが出来てしまった。
どう上手く負けるかという次元に陥っている。

□AI以前にICTを使いこなせるような教育
そもそも十分にITの利用をできていない行政とか酷いものだ。
「政府CIOにダメ出し、会計検査院による政府システム改革の“通知表”の中身」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/101800695/

AIでの革新はIT利用の延長にあるので日本はまずITを理解する教育すべき。
プログラミング教育で論理的思考を育むいうのは後づけで、
ITの理解は便利な道具を使いこなすための方法に過ぎない。

・ITという道具を活用して仕事を再構築して効率化する
・業務が[派閥]や[伝統]のせいで非効率だったとしてもICTシステムによって乗り越える

具体的なプログラム言語よりもそういう
大きな視点を持てるような教育の方が遥かに重要だ。
※大きな視点というよりも怠惰な視点?破壊的視点?

□人を育てても意味無い?
想像より早いスピードで全てが進化してのに日本の教育はゆっくりとしか変わらない。
諸外国、とくに中国は金のかけ方も
人の多さも人材の優秀さも桁違いという。勝ち目の無い戦としか言いようが無い。
教育根本から考えないと太刀打ち出来ないが
子供の教育だけ変えても成果が出るのが遅すぎて
しかも優秀な人は全員、外資系に逃げてしまうだろう。
極端な話として日本からも出て行くかも。
頑張って育てても見限られてみんな出て行ってしまいそう。

それくらい日本は終わった国と見なされている。
※アジアの若者の企業家の会議みたいなものに参加した人の言

□一番の効率は経営者を狙い打つ
最短距離で一番成果が出る可能性があることは
・経営者がICTを詳細に理解すること
・そういった人に置き換える
そのくらい…

そのためには【経営者へのテスト】でもするしか無いだろう。
会計とか労務管理とか統計とかICTなど経営者にテスト受けさせて点数を公表させる。
当然経営者が優秀であれば株価の評価はし易い。中長期の投資の指標になる。
そうすると必然的に株価を上げたいなら【優秀な若い人材を経営者】を据える
ことになる。

まあ老害が支配する国でそんなことは不可能だと分かってる。
PC-98制御の生産設備やコボルが未だにある国でそんなことは不可能だと分かってる。

新陳代謝は上が代わらなければならない。(皮肉)
※オチはコメントをみること
ジャンル:
災害
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 働き方改革とか具体例を出さ... | トップ | 長時間労働を変える方法は荒... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (安倍掃除大臣)
2016-10-20 01:51:10
いやだ、新陳代謝いやだよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。