美しい言葉たちに敬意をこめて

日本語の詩や和歌を英訳します。英訳のご依頼はdeviliana1[at]gmail.comまでお願いします。

オンライン英会話体験記 まとめ

2015年07月04日 | オンライン英会話体験記
20回授業を消化したところで、有効期間が終了しました。1か月で40回レッスンが取れるプランだったのに、半分しか消化できなかったということです。

しかも比較的仕事の負担が少ない時期だったにもかかわらず…。

とりあえず、私が今回受講したのは、下記のオンライン英会話学校です。

------------------------------------------------------------------

・学校名:イングリッシュベル (http://english-bell.com/ja/index.html

・料金プラン:いつでも月40回プラン 17,900円(1回あたり447円) (http://english-bell.com/ja/info2/fee2.html

・支払方法:クレジットカード(ペイパル)

・授業時間:

24時間です。

私は朝(6:30-7:00)、昼間(14:00-16:00の間)、夜(20:00-21:00)のどれかでした。

人気の先生はすぐに予約がうまってしまうので、なるべく早めに(1週間前から可能)予約します。

キャンセルは6時間前までなら授業が振り替えできる。

・無料体験レッスン

2回あります。レベルチェックが含まれていて、終わると登録メールに結果が来るのがよかった。現在は主流なのかな?レベルチェック結果のレッスンから始めるのがいいと思いました。

------------------------------------------------------------------

・ビジネスパーソンへ。TOEIC対策としては?

友人たちからよく聞かれるので、オンライン英会話を使ってTOEIC対策をするときの方法を考えてみます。

みんな忙しい。時間がありません。

よって、レッスン数は抑え目にして、月5回プラン(3,900円)にして、話すことを楽しむことから始めてはどうでしょうか。

語学は楽しみながら、続けることが大事です。例えば休日の午前中、11時くらいに「ことばを話す」練習をする気持ちで。

それと並行して、毎日音読する。音読するのは、自分が興味ある分野の情報で、できれば文章構造がシンプルなもの。

おすすめは新聞です。情報の伝え方がストレートです。

専門雑誌は言い回しがカッコいいけれど、事前に共有すべき知識が多すぎて教材としてはイマイチかも。私は『The Economist』を購読していますが、読むにはいいけれど、音読するには向かないですね。

いま、私がよく雑誌購読で利用しているのは、

雑誌のFujisan.co.jp|雑誌・定期購読専門オンライン書店 (http://www.fujisan.co.jp/

です。The Japan Times on Sunday, The Economist, National Geographic日本語版を購読しています。クレジットカード決済のみです。購読している雑誌が簡単に確認できるし、まとめて注文できるし、キャンセル手続きも簡単だし、自宅に届くのがうれしいですね。ほんと、世の中便利になったものです。


英字新聞のカテゴリを見てみると、1位 The Japan Times ST、2位 TIME(タイム)、3位 週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)でした。

週刊がいいと思います。毎日来ると読まなきゃいけないプレッシャーが強い。

私がおすすめのJapan Times on Sundayは5位でした。

この中では、Timeがちょっと難しすぎるかなと思いますが、その他はどれでもいいかも。お好みでどうぞ。

そして、いい電子辞書(発音の機能がついているもの)をぜひ買ってください!!おすすめは前回の記事(オンライン英会話体験記 第17回)へ。

実際にTOIECに特化した対策をとるのは、上記のオンライン英会話(月5回)と音読が簡単だな、楽だなと思えるようになってからでいいと思います。イングリッシュベルには、TOEIC対策のレッスンがあるし、TOEIC関連の書籍を音読するのもいいかもしれません。

TOEICは反射神経です。つまり、考えている時間はないということです。習うより慣れよです。

以上、オンライン英会話体験記でした。
コメント

あなたの詩歌を翻訳します

2015年07月04日 | 翻訳について
現在、多忙により、詩歌の英訳のお仕事をいただく際、有償か無償かお伺いしています。

1.無償の場合
・納期は未定(1ヶ月後かもしれないし、1年後かもしれない)
・ブログに公開する

2.有償の場合
・納期は2〜4週間程度
・ブログには公開しない
・1頁(英文)10,000円+消費税

翻訳をご希望される方は、メール(deviliana1[at]gmail.com)
する際に1、2どちらかを教えてくださいね!

詩歌に限らず、翻訳は言葉を置き換える(ワードで置換する)わけではなく内容をきちんと伝えるため、リサーチ、翻訳技術、伝え方の推敲、等のスキルが必要なのです!ご理解いただけると幸いです。

【2015年7月4日更新】
--------------------------------以前の記事---------------------------------


2〜3ヶ月前にある方から、書いた詩を英語に翻訳して欲しいというメールを頂きました。

そこで、詩を送ってもらい、こちらから見積もりをだして、と話が進んでいたのですが、途中でメールを送ってもエラーで返って来てしまうようになりました。

実はその時点で既に、関係ありそうな書籍を3冊予約していたので、ちょっとがっかり。

それからもずっと気になっていました。やっぱり見積もりが高過ぎたかなあ、と。私は詩歌の翻訳の相場が分からなかったので、普段の仕事で扱う特許翻訳と同じレベルで提示したのです。

うーん反省…。

そこで、もしまだこのブログを読んでくださっていたら、またご連絡いただきたいなと思うのです。

今度は、詩ならA4サイズで1枚、短歌なら三首まで無料で翻訳します。

せっかくのご縁ですし、お試しの意味もあります。deviliana流の翻訳でよろしければ、その方だけでなく、どなた様もご応募ください。deviliana1[at]gmail.comまでメールしてね。

【2009年6月12日】
コメント (2)

オンライン英会話体験記 第20回

2015年07月04日 | オンライン英会話体験記
第20回目の英会話レッスンでした。

Level 5, 日常英会話クラスです。

トピックは、車について。2回目です。

前回このトピックを話したときは違う先生だったので、まず自分は車をほぼ運転しないこと、車を買うときは自動運転車(automatic car)がいいというところを話しました。

次第に話がずれて、電動自転車が東京では便利だよ、維持費がかからないし、どこでも置けるし、子どもを連れていけるしという話をしました。





(最新モデル(2015年)はかっこいいな…。)


でもこれは住んでいる場所によって違うので、日本ではよく使われているとは言い切れないとも伝えました。車がないと買い物に行けない場所はもちろんたくさんあるから、自転車だけじゃないですよ。

メーカーのホームページを先生と一緒に見た後、中国では自転車に乗る人が多いからいいかもね!と私が話すと、大気汚染がすごいから子どもを外気にさらさないだろうと先生は言っていました。

テキストでは、Big carとsmall carについての対比がなされていましたが、私はimported carとJapanese carの方が違いが鮮明だと思うと説明しました。私はJapanese carがいいけれど、imported carを好む人も多いですよ、と。

話がだいぶそれてしまいましたが、楽しく会話できて、満足でした。でも私は会話をクローズさせるのが上手くない。日本語でもだらだら話して、クローズするのが苦手かも。

お気に入りの先生がほぼ2人に絞れてきました。

朝早い時間はA先生、休日の昼間はB先生です。

二人とも落ち着きのある、私と年齢が近い、ポジティブな先生です。ある程度決まった先生の方がやりやすいだろうなあと思いました。これからはなるべく早い段階で予約をとり、2レッスン分(30×2回)にしていくのが私のペースに合っていそうです。

コメント

オンライン英会話体験記 第19回目

2015年07月04日 | オンライン英会話体験記
第19回目の英会話レッスンでした。

ビジネス英会話クラスです。

トピックは、議題の設定について。

会議に出席することはあれど、議題を「設定」したことがないことに気が付いたのが、授業の終わりごろ。

このレッスンでは、議題の内容に基づいて話す順番を決めることが主題でした。似たような内容をまとめて、それを基にして高次の議題を話し合うようにする。目的が分からず迷走した会話になってしまいました。

日常英会話クラスでは、テキストブックの一番初めにこの授業の目的、何が達成できるかについて明記してあるのですが、ビジネス英会話クラスではそれないからかもしれません。それくらい理解しとけ、ということなのかもしれません。

私の経験が限定されているのかもしれませんが、会議って資料を作る段階で議題の内容と順番が決まっているし、どちらかと言えば「報告する場」だと思っていたので、このテキストブックで展開されているような雰囲気になるかな?

英語圏では、その場でなにかを決めるのが会議!なのだと英会話クラスで学びました。

コメント

オンライン英会話体験記 第18回目

2015年07月04日 | オンライン英会話体験記
第18回目です。

Level 5

トピックは、夢と車について。

最初に、絵が3つあって、それらを説明するのですが、1つ目が自動運転車(automatic car)だったので、運転が好きではない私はこれがいい!これが欲しい!と言い続ける結果になりました。

あとは、Do you agree that Japan has a car culture?という質問があり、それについては、車が絶対に必要な地域と、そうでもない地域があって、東京都心はバスや地下鉄が便利なのであまり使わないと伝えました。ま、よくいわれていることなのですが。あとは、駐車場料金、保険、車検が高い等について話しました。

と、ここでWIFIが突然きれた。

リカバリに時間がかかり、WIFIが復活したころには授業時間が終了…。インターネット英会話はネットワーク管理が生徒側なので、こういうトラブルは「運が悪かったね」で終わっちゃうんだよなあ。まあ授業料が高くないのでしょうがないんだけど。
コメント

オンライン英会話体験記 第17回目

2015年07月04日 | オンライン英会話体験記
第17回目です。

Level 5

トピックは、良心について。

Conscience(良心)はコンシャンスと発音します。私は間違って発音していたので何回か発音してもらい、辞書でも確かめました。発音音声が入ってる辞書ってすごい助かる。これこそ電子辞書のメリットです。辞書はぜひよいものをお手元にお持ちください。

私が持っている辞書はこちら



セイコーインスツルが製造をやめたのでこの型はもう中古でしか手に入らない。アマゾンでも売り切れです。

でも英語学習者向けならこっちかな。




英語を勉強すると決めたなら、よい辞書を持つのは絶対に必要だと思う。

あと、英会話より前にやった方がいいのが、音読です。

英語の新聞なり、英語の本を読んで、わからない単語をこまめにひいて、発音を確認します。この時、黙読でなくて、音読するがポイント。内容は自分が興味あることであればなんでもOK。

私はJapan Times on Sundayという、週刊の新聞をとっています。毎日3〜4ページずつ音読して、発音が怪しい単語を電子辞書でひき、その単語を登録しておきます。キータッチがよく、切り替えも早く、発音はアメリカ式とイギリス式両方載っています。

音読する時間は30〜60分程度です。慣れてくれば短くなる。一人でできるし、効果が高い。

ビジネスに興味があるなら、The Economicsをとればいいと思うし、図書館で英語の本を借りてきて読むのもいいと思う。TOEICだったら、練習する本を買ってきて、答えの頁だけ音読していくとか。

こどもが英語を勉強したいっていったら、まずはいい辞書を買おうかなあ。

話が逸れましたが、コンシャスについては話しにくいトピックということもあり、まあレッスン消化しましたという感想しかないです。あと、自分は仕事の場にいると立場に合った行動をするので良心が疼くような状況に陥っても淡々としそう。でも、テキストにあったような「こどものために会社の備品を持って帰り、それをCEOが調査したので、掃除のおばさんのせいにする」って…どんなものをどんだけ持って帰ったのよ?最初の段階でそういうことしないよね。


コメント

オンライン英会話体験記 第16回目

2015年07月04日 | オンライン英会話体験記
第16回目です。

Level 5

トピックは、アジアと西洋の価値観について。

このトピックはもう1回授業をしたので、続きから。

自分の意見を言っていくのですが、おもしろかったのは

Do you think filial piety is functional in today’s world?

です。filial piety(考)について話しました。この単語を知らず、ウィキペディアで調べたらすぐに出てきました。

孝(こう)とは、儒教の信奉者が、それを徳目と認識するものの一つ。子がその子自身の親によく服従することを示す。身近なところから段階的に進められる儒教の徳治において、まず家庭で守られるべき徳として「悌」とともに重要視された。「孝悌」と併用され、「孝悌は仁を為すの本」とされる。後述するように、他の宗教にも類するイデオロギーが存在する。そして、現代では家父長制的な隷属を示すものとして、批判的にとらえられている見解がある。


wikipedia『考』

日本語には敬語があり、きちんとした敬語が使えないと社会人として未熟だと思われる傾向があるので、日本に限って言えば、なくならないんじゃないかなと答えました。基本的に年長者は敬うべき理由・価値のある存在であってほしいと思っています。

フィリピンでは、この考え方はなくなってきているそうです。これも英語公用語にしたことの弊害でしょうかね。

Level5のレッスンは、内容が濃くていいですね。そういえば、最初のレベルチェックではこのLevel5を勧められたんでした。その通りにすればよかったな。私の目的は「英語をたくさんしゃべる」こと、「ビジネスで使う会話に慣れる」ことなので、目的に沿って日常英会話クラスではLevel5を進め、ビジネス英会話クラスでもたくさん話ができるようにしていきたいと思います。

コメント

オンライン英会話体験記 第15回目

2015年07月04日 | オンライン英会話体験記
第14回目、日常英会話クラスです。

今回はフィリピン人の先生ではなく、ネイティブの先生を選んでみました。

結果からいうと、別に…。

教え方って大事なんだなあ。先生がネイティブかどうかではなく、教え方がうまいか、真剣に教えてくれているか、相性がいいかで選ぶべきですね。うん。

この時はパソコンを立ち上げてすぐにウィンドウズアップデートが始まってしまい、パソコンが使えませんでした。急いでiPhoneにSkypeのアプリをダウンロードして、iPhoneで話しましたが、画面が小さく、テキストも見ることができなかったせいか、なんだかレッスンというか雑談で終わってしまいました。

以前、寝坊して準備ができなかったときのことを思い出しました。やっぱり、パソコンと体調の調子を整えるのは大事だな。

コメント

オンライン英会話体験記 第14回目

2015年04月24日 | オンライン英会話体験記
第14回目、日常英会話クラスです。

この日は朝6:00に予約を取っていたのですが、起きたのが5:40でした。

バタバタとパソコンをセッティングして、どの授業か確認して…とやっていたらSkype受信がきて、授業が始まりましたが、正直言って覚えていません。いつもはちょっと時間がたっても授業の内容を覚えているのにこの日の内容は全く思い出せません。

ちゃんと心と体の準備をするのって大事ですね。

反省。

コメント

オンライン英会話体験記 13回目

2015年04月23日 | オンライン英会話体験記
レベル5

トピックは、留学について、の続きです。

前回、このトピックがレッスン項目の最後までいかなかったので、もう一度とりますかと先生に聞かれたので続けることにしました。

なにせ留学と英語教育については関心があるのでどうしても長くなってしまいます。

特に盛り上がったのは、『留学する理由は、留学しないと、流暢に英語を話せるようにならないから』に私はそうだと思うと伝えたのですが、そこから英語教育の話になりました。

日本人の親は子供の英語教育に熱心か? 
→そう思う!幼稚園や保育園の時から英会話クラスに通わせたり、生後6か月から教材を買ったりしてますよね。小学校にはネイティブの先生が来るし、全体的に英語はできた方がよいという考え方は根強いと思う。

そのネイティブの先生と会話すれば話せるようになるのでは? 
→言葉を会得するには、その言葉を話す文化が身につかないと完全には話せるようにならないと私は思う。だから、留学してその国の人や環境を体験しないとなかなか身につかないと思う。

日本の学校は英語で授業をしないのか? 
→しないよ!英語の授業は日本人の先生が教えている。主に読み書きと文法。他の科目は全員日本人の先生が日本語で教えている。私が子どものころは、1週間に1時間だけネイティブの先生が来て歌を歌ったりゲームをしたけれど、遊びの域をでないし、その先生の時間を独占することはできない。話す機会は限られている。ただし、一部の大学では、授業を英語で行うことが検討されているっぽい。

英語で教えることに対して、日本語が消えていく危機を感じないか? 
→どういうことかよくわからなかったので説明してもらうと、フィリピンでは、今までタガログ語を除くすべての科目を英語で教えていたのだけれど、最近政府はタガログ語が使われなくなったことに危機感を感じて、逆に英語以外はタガログ語で教えるようにカリキュラムを変えたらしい。

私は、英語で教える必要はない。理由は、

‘本語はすべての科目を説明できる語彙が豊富だから。最近知ったのですが、明治維新のときに西周(にし あまね)という学者が西洋の哲学から科学まで言葉を漢字で翻訳して根付かせたので、日本語でほぼすべての事象を説明することができる。

∧顕修亡陲鼎価値観が日本語と英語であまりにも違うので、影響は受けるけれど日本語がなくなることはないだろうと思う。

F本は中国、ドイツ、イギリス、アメリカといった外国から言葉や文化を輸入して、それを追加してきた歴史があるので、ミックスすることはあれど日本語が消えてしまうことはないだろう。

こんだけしゃべって、やっぱり途中までしかこのトピック話せませんでした。話しすぎだよなあ。

コメント