美しい言葉たちに敬意をこめて

日本語の詩や和歌を英訳します。英訳のリクエストやご依頼はdeviliana1[at]gmail.comまでお願いします。

Scientists in Japan

2014年06月17日 | スピーチ
Today, I would like to talk to you about scientists in Japan.

I chose this topic because I have been working for the institute of medical science, the University of Tokyo as a secretary for 3 years in total. My bosses, co-workers and friends have the scientific background. Also the recent media attention on the young scientist, Dr. Obokata, was a good opportunity to bring up the subject.

I would like to divide my talk into three parts, HOW to become a scientist, WHAT their principle of work is, and WHY Dr. Obokata upsets the scientific community.

I’d like to start by HOW to become a scientist. In short, you need to be a Ph.D. holder. When you completed a four-year undergraduate education, you receive Bachelor's Degree. Following two-year postgraduate education, you receive Master’s degree. Further three or four years of research work, you receive Ph.D degree and called by the title, Dr. So what kind of jobs do they take after graduation?
Here is a story to illustrate their future. It’s called “If the world were a village of 100 Ph.D holders” that is the website created anonymously as a parody of “If the world were a village of 100 people”. It goes:

If the World Were a Village of 100 Pd.D holders:
What do they do after graduation?

16 would be medical doctors,
14 would be teachers at universities,
20 would be postdoctoral researchers,
8 would be employees for companies,
11 would be civil servants,
7 would work in other field,
16 would be unemployed,
8 would be missing or dead.


The shocking last line, “8 would be missing or dead” was probably based on the government survey conducted 10 years ago. Then how have it been changed? 10 years ago, about 880 people were missing or dead a year. In 2012, about 1,120 people were missing or dead a year. One of the cause is our “respect the elders” culture. It is difficult to fire 50-60 years old tenure professor with high salary but easy to hire and fire a young people with one-year contract and low salary. Not a lot of positions are available for the young scientists, regardless how good they are.

The next point is WHAT the principle of their work. I think it is a serious attitude to find the law of nature. One way to illustrate it is a poetry. The Japanese first Nobel Prize winner, Dr. Hideki Yukawa, wrote Japanese poetry called tanka. Many of his work were about science. Here’s my translation.

All matter
Have the law
On the bottom
I admire deeper
As the day goes on


The law of nature is in everything, he said, but I have no idea how to find it out. I think the only way to find it is to accumulate the evidence of laboratory work which can be reproduced anywhere in the world. I’ve seen many scientists work hard at midnight, weekends and New Year’s Holidays to pile up the data. Of course, these data must be kept on book precisely to explain in detail and without a doubt of fabrication.

These two points bring me to my last point, WHY Dr. Obokata upsets the scientific community. One reason is she is said to have cheated upon hired at the institute. Her position at the institute is equal to university professor. But she lacks the number of academic papers, experience in management and basic skills on experiments to meet the requirement of her position. Another reason is she doesn’t show her respect to the law of nature. You can’t change the data or picture according to your idea or projection. Human must obey the law. If you work hard, being modest and honest, and extremely lucky, you may have a chance to find another aspects of the world.

I would like to conclude by saying that scientists in Japan have some features that Japanese can be proud of ourselves. Hard work, being modest and honest distinguished Japanese from the rest of the world.

Thank you very much for listening.





List of References:

『世界がもし100人の博士だったら』 If the World were a Village of 100 Ph.D holders 
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/

Life Science Project
http://life-science-project.com/1169/

文部科学省学校基本調査-結果の概要 Outline of the result of School Basic Survey  
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/kekka/1268046.htm

31文字のなかの科学 (NTT出版ライブラリーレゾナント053)
松村 由利子 エヌティティ出版 売り上げランキング: 680,016



科学を短歌によむ (岩波科学ライブラリー 136)
諏訪 兼位 岩波書店 売り上げランキング: 431,241



物みなの底にひとつの法(のり)ありと日にけに深く思い入りつつ
湯川秀樹

haruko obokata Archives - The Japan Times
http://www.japantimes.co.jp/tag/haruko-obokata/
コメント

South Sudan Bringing Aid to Malakal 【日本語字幕】

2014年06月13日 | 字幕
国連難民高等弁務官事務所(UNCHR:ゆーえぬえいちしーあーると読みます)の動画に字幕をつけさせていただきました。UNHCRの了承を得て翻訳者として公表させてもらっています。




このお話を頂くまで、実は難民についてよく知りませんでした。アフリカやトルコ周辺、アフガニスタン等で起こっているのは知っていました。あとは緒方貞子さんが国連高等難民弁務官をなさっていたのもテレビで見ました。その程度の知識です。

そこで難民についてがさっと書籍を読み、ネットでニュースを漁ってみました。

Refugeeは、難民だよね、ふむふむ。という感じで翻訳していたのですが、


「うーん、なにか違う」


一通り訳し終えても、なにか違和感が。


「うーん、なにか違う」


なんだか納得できず、さらにリサーチ。そうしたら、


『難民と出会って −キャンプサダコ顛末記』にありました。


また最近では、国の外へと逃げなくても、やはり迫害の恐れがあるために移動せざるをえない人たちのことを「避難民」と呼び、難民同様、国際的な保護・援助の必要性が求められています pp.223-224


難民と出会って―キャンプ・サダコ顛末記 (Z会ペブル選書 (10))
キャンプ・サダコ編集委員会
増進会出版社
売り上げランキング: 1,169,993




ある国の人が自国を追われて、外国に移動すると、「難民」と呼ばれます。

しかし、自国内に留まると、「避難民」と呼ばれるようです。


今までは「難民」でないと援助を受けられなかったけれど、緒方貞子氏が高等弁務官だった時に「避難民」にも援助を拡大しました。ちなみにこの「難民」は、きちんとした手続きに則って認定しないと援助は受けられないそう。

かなりたくさんの資料を読み込んだ後は、なんだか悲しくなってしまいました。
コメント

藤原定家☆大空は #0040

2014年05月30日 | 新古今和歌集
vast sky
is misted with
scent of plums-
the moon on the spring night
neither it shines nor beclouded


Earl Fujisawa Sada'ie


大空は梅の匂いに霞みつつ曇りもはてぬ春の夜の月

藤原定家



photo credit: Seabamirum via photopin cc


【歌意】大空は梅の匂いで霞んでいて、といっても曇りきってもしまわない春の夜のおぼろ月が出ている。

コメント:

曇りもはてぬ、とはすっかり曇ってもしまわない、曇りきるという訳でもないという意味です。

この短歌の本歌は、照りもせず曇りもはてぬ春の夜のおぼろ月夜にしく物ぞなき(→大江千里☆照りもせず)なんだそう。

本歌取りっていいシステムですよね。ちゃんと敬意を払ってますよ、というシステムとして機能している。パクリというよりオマージュっていいたいですね。まあ、商業的な作品になると難しいのだと思います。あと、ちゃんと「これはオマージュだね!」って説明してくれる評論家がいないと、本歌取りは成り立たないんでしょうねえ。

春といえば、春の月!おぼろ月夜を見ながらお酒を飲み、隣の人にどきどきする。「しくものぞなき」なんて呟いてしまったら、「源氏物語」の「朧月夜」かよ、というツッコミを自分でいれつつ、そんな艶やかな春をいつか過ごしてみたいです。
コメント

とほほのほ

2014年05月10日 | 翻訳について
新古今翻訳プロジェクト(→詳細はこちら)にてリクエストをいただいた2首、



大空は梅のにおいにかすみつつくもりもはてぬ春の夜の月 藤原定家

花の香にころもはふかくなりにけり木この下かげの風のまにまに 紀貫之



の資料を集め、読み込み、翻訳して、2〜3度推敲してさてブログにアップしようと思ったら、翻訳原稿がない。どこにもない!!

鈴木さん、申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。


もう春じゃなくて夏ですね。ああ。


ちなみに、翻訳した短歌はもう一つのブログ「Tanka on the Go」にも載せようと思っています。

こちらの最新の記事は、字幕です。国連難民弁務官事務所(UNHCR)の動画に日本語字幕をつけさせて頂いています。


今年は、字幕、短歌、歌詞(Don't cry for me Argentinaを考えています)などについて書いていけたらなあと思っています。


来週にはアップしまーす。
コメント

Gooブログ継続

2013年10月18日 | ご挨拶
Gooのサービスで終了するのは、Gooメールだけだったんですね。何を勘違いしていたんだろう。Gooの関係者の方ごめんなさい。

Gooブログは続くので、「美しい言葉たちに敬意を込めて」は継続します。英語で発信する「Tanka on the Go」もそのまま残ります。

最近は、翻訳された外国の詩歌を読んでいます。そうすると、俳句に興味を持って書き始める外国人が多いのに気がつきます。たとえば、ノーベル文学賞を受賞したトーマス トランストロンメル氏の「悲しみのゴンドラ」。




悲しみのゴンドラ 増補版
トーマス トランストロンメル 思潮社 売り上げランキング: 81,581


トランストロンメル氏は、晩年、体が不自由になったのをきっかけに、短くてシンプルな詩の形態である俳句をはじめたそう。彼の母国語はスウェーデン語なので、それを日本語にするのは難しそうです。

やはり、詩は意味と音韻の両方がないと作品としてわかりにくいんだよなあと思いました。私も英語の俳句を日本語にしてみて、なんだか納得できないと思っていたのです。

日本語で作られた短歌や俳句といった文学は、もっと外国に出て行ってもいいと思うんだよなあ。凝縮された感情を押さえ気味に表現するオリジナリティーをもっと広く知ってもらいたいと思うんだよなあ。どうしたらいいのかなあ。
コメント

GooブログからTanka on the Goへ

2013年09月13日 | ご挨拶
初めてGooブログで書いたエントリは「人生五十年」でした。

これはなんとなくふっと、Fifty-year mortalityというフレーズが思い浮かび、そのまま

Fifty-year mortality
Dream-like reality
Whereto the lower part of heaven when compared
Nobody never die once created


とブログに書いたのが、2005年08月24日でした。今から8年前です。

いくつかあったブログサービスの中からGooを選んだのは、シンプルだったから。広告も当時は少ないほうでした。

しかし、Gooはブログサービス(無料版)を2014年3月10日をもって終了するそうです。残念です。有料版を使っていたこともあるのですが、私にはあまりメリットがなかったかな。

残念がっててもしょうがないので、心機一転、自分でドメインをとってブログを作ってみました。

Tanka on the Go (どこでも短歌、のような意味)
http://www.tankaonthego.com/


最初は、日本語の短歌を英訳して、それを英語で解説する、世界に向けたブログ、にするはずだったのです。これからどうなるのやらわかりませんが、もし日本語の詩歌が英語になったらどうなるのかなと興味をお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひTanka on the Goを見に来てください。

コメント

【鑑賞】与謝野晶子☆君死にたまふことなかれ

2013年06月06日 | 
与謝野晶子の『君死にたまふことなかれ』は、いつか翻訳したいと思い続けていました。しかし題名にぴったりの訳が思いつかず考えあぐねているうちに時間がたっていましたが、この度『日本の名詩、英語でおどる』という本に名訳が掲載されていたので転載します。(pp.76-79)

比較のため、日本語と英語を交互に置いています。


君死にたまふことなかれ

旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて


ああをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

Don't Lay Down Your Life


To my youngest brother, conscripted and sent
to fight on the Liaotung Peninsula, 1904


I cry for you, Brother,
don't you dare lay down your life,
You, the youngest child in our family,
thus cherished all the more-
Mother and Father didn't educate you
to wield weapons and to murder; they didn't
bring you up, to the age of twenty-four,
so that you could kill, or be killed yourself.


堺の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり

You were born into a long line
of proud tradespeople in the city of Sakai;
having inherited their good name,
don't you dare lay down your life.
What does it matter if that fortress
on the Liaotung Peninsula falls or not?
It's nothing to you, a tradesman
with a tradition to uphold.


君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戦ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
獣の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこころの深ければ
もとよりいかで思されむ。

Don't you dare lay down your life.
The Emperor himself doesn't go
to fight at the front; others
spill out their blood there.
If His Majesty be indeed just
and magnanimous, surely he won't wish
his subjects to die like beasts,
nor would be call such barbarity "glory"

ああをとうとよ、戦ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守り、
安しと聞ける大御代も
母のしら髪はまさりぬる。


Little Brother, don't you dare
lay down your life in battle.
This autumn, Father passed away.
Mother manages, somehow, to carry on,
but lives in constant fear for the son
who's been taken from her-
People say ours is a prosperous age,
yet Mother's hair has all turned gray.


暖簾のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻を、
君わするるや、思へるや、
十月も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
ああまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ。

Inside the family shop, behind the curtain,
your willowy young wife weeps alone.
Have you forgotten her? Is she in your thoughts?
You two were together for less than ten months.
Think how her heart is wrung. There's only one
of you in this world, remember.
Your family has no one else to turn to.
Don't lay down your life.


---------------------------------------
解説

「君死にたまふことなかれ」は、Don't you dare lay down your lifeと英訳されています。

dareは、否定的な文脈で使われます。英英辞典では、
1. (not usually used in the progressive tenses) to be brave enough to do sth
2. to persuade sb to do sth dangerous, difficult or embarrassing so that they can show that they are not afraid
とありますので、まさか〜しないでくれよ、というニュアンスでしょうか。


lay downは、「横たえる」や「諦める」という意味があるので、lay down your lifeで、「命を諦める」つまり「死ぬ」ということになります。

「君死にたまふことなかれ」という題名としては少し長いところと、丁寧な尊敬語を混ぜた感じがうまく英語でも表現されていますね。

他には、; (セミコロン)の後に次の主語を出しつつ、前の文章を強調するところなど本当にうまいなあと思います。

あと、subjectって国民って意味があると初めて知りました!
 (用例:I am a British subject. 私はイギリス国民です。)


感想

それにしても、私は毎回この詩を読むたびに、「獣の道に死ねよとは、死ぬるを人のほまれとは」のところで声がうわづってしまいます。音読していなくても、なんだかちょっとスピードが速くなるというか勢いづくと言うか、感情的な読み方をしてしまうのです。

自分の子には、戦争に行って欲しくないよう。

日本の名詩、英語でおどる
アーサー・ビナード
みすず書房
売り上げランキング: 397,937
コメント

藤原定家☆春の夜の 0038

2013年04月13日 | 新古今和歌集
springtime eve,
a floating bridge of dreams
is torn apart-
the sideways-clouded sky
being cleaved by peaks

Earl Fujiwara Sadaie


春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空

藤原定家



photo credit: andywon via photopin cc


【歌意】春の夜の夢がとぎれて、峰に横雲が別れ、離れてゆく曙の空。

解説:

英訳してみると、「春の夜の夢の浮橋」と「峰に別るる横雲の空」には関係がないことに気づきました。つながらないんです。まるで連想ゲームです。それだけ「春の夜の夢の浮橋」という言葉が有名であり、想像力をかきたてるキャッチコピーなんだ、ということでしょうね。

よって、-(ダッシュ)をつけて続いていることを強調しています。

コメント:

『源氏物語』源氏が明石の上とのつかの間の逢瀬を嘆いて、「夢のわたりのうきはしか」といったのを引用しています。

実は『源氏物語』は1001年頃から書き始めたとされているので、もう千年以上も語り継がれ読み継がれているんですね。『あさきゆめみし』ってマンガで読んだなあ。

故事にある懐王が夢で巫山の神女と契ったという故事から、横雲は神女の艶姿を暗示するようです。

やっぱり春の夜の月ってロマンティックの象徴なんですね。ひさしぶりに夜飲みに行くかなあ。


和歌の風景―古今・新古今集と京都 (産経新聞社の本)
産経新聞京都総局 産経新聞出版 売り上げランキング: 794,581
コメント

フリーランス翻訳者、はじめました

2013年04月11日 | ご挨拶
企業知財部、特許事務所、大学研究室、翻訳会社を経てフリーランス翻訳者として仕事を始めました。

大学を卒業した時から、「いつかは在宅で翻訳をするぞ」とコツコツ準備をしてきましたが、この度、三人目の子どもが生まれて「好きな事をやろう、一生懸命働こう!」と決めました。

専門は特許、学術論文、詩歌です。

こちらのブログでは、詩歌の英訳を主に掲載していますが、特許と学術論文の翻訳についても「翻訳について」で語っています。

翻訳は面白いです。

翻訳とは、言語(私の場合は日本語と英語)が通じない人たちの間にたって、それぞれがわかりやすいように、もっというとそれぞれのルールを理解して、ルールに沿ったフォーマットに直して渡すのが仕事です。

でも、例えば同じ日本語でも古語を現代語に翻訳することだってできます。新古今和歌集を英訳するプロジェクトでは、英訳することと、現代語訳することの両方が必要になってきます。

時々、翻訳した英文よりも、翻訳の際に気がついた事を書いた解釈の部分に共感した、というコメントを頂きます。ブログを続けていてよかったなあと思う時です。

コメント

菅原孝標女☆あさみどり 0056

2013年04月10日 | 新古今和歌集
pale blue and
flowers are misted up-
both looking obscure
the moon
of the springtime


The daughter of Sugawara Takasue


祐子内親王藤壺に住み侍けるに、女房、上人などさるべき限り、物語して、「春秋のあはれ、いづれにか心ひく」など争ひ侍けるに、人々多く秋に心を寄せ侍ければ、

浅緑(あさみどり)花もひとつに霞みつつおぼろに見ゆる春の夜の月

菅原孝標女(すがわらの たかすえのむすめ)


photo credit: byronv2 via photopin cc


【題意】祐子内親王が藤壺に住んでおりました時に、もののあわれを解する女房、殿上人などが世間話をして、「春秋のうちどちらの情趣が心を引くだろうか」などと議論しました時、人々の多くは秋のひいきをしましたので」の意味。

【歌意】浅黄色の霞と花も一つになって霞んでおぼろに見える春の世の月―わたしはその風情に心惹かれます。

コメント:

浅緑って、緑じゃなくて青なんですね。霞のかかっている春の空や霞そのものの色をいうことが多いようです。


興味のある方は、新古今和歌集:もくじまたはブログもくじをどうぞ。

和歌の風景―古今・新古今集と京都 (産経新聞社の本)
産経新聞京都総局 産経新聞出版 売り上げランキング: 794,581
コメント