gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

事件と加害者の生い立ち?

2017-07-11 12:25:24 | 闇にのめり込むもの
1913年9月4日未明、妻子5人を殺害、
ミュ-ルハウゼン村に
向かう途中の村々の家屋に放火、村人9人を鉄砲で殺害、
12人に重傷を負わせて捕らえられる。


2,生い立ち
ル-トウィヒスブルグ近郊の貧農の家に10人中の
第9子として生まれる。父親は早くに死亡。
3,性格
敏感で傷つきやすい面と傲岸で自尊心の強い面を併せ持つ。
この性格のタイプは非常な努力家で、成り上がりで一定の立場を手に入れるが、
また同時に他人の眼を気にしやすい人間が多いと言われている。
21歳で助教員になり、表面上は温厚で真面目を装いながら
分の才能を過信し、周囲を軽蔑する。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は何故人を殺すか? | トップ | 事件に行き着くまで? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。