gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

自己発見のための他者?

2017-05-15 12:58:46 | 愚痴と悩み
*「われ思う故にわれあり」この命題に対するサルトルの批判は、
他者を自己の存在条件として発見する、と言う指摘である。
 しかも、この内面の他者は現実の他者との交流から生まれ、
それが像として一般化されたものであるという。
*日本人は思いやりの強い民族だと言われている。しかしその裏には
「思いやりがある」と思われたいから、と指摘されている。
言い換えれば合わせ鏡としての自己不在と自信喪失であろう。
さらにそれを知られまいとして異常なほどの攻撃性を発する。
サルトルの言う、「他者を自己の存在条件として発見する事」である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己評価をせよ? | トップ | 貧しさと憎しみ?そして戦争... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。