gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

家族間のトラブルに多い感情のもつれ

2017-07-11 15:38:28 | 愚痴と悩み
ある怖い話(夫婦のトラブル親子のトラブル)
夜回り大好き不良老年
第25回 2006/6/30 (Fri) 18:00~20:00
*課題   1,親が抱える不満は必ず子供に影響するということ。
2,成長して後、親を過剰に軽蔑したり、異常な尊敬
        の気持ちから離れられなかったらその様な自分を
        冷静に疑って見るということ。

取材例(発信人不明のメ-ルから--実父の性的虐待?)
 私の家では何事につけ自分の正直な気持ちを誰かが喋るということは一度もありませんでした。だから何か不快なことがあれば私はその気持ちをすぐに押さえつけました。幼い頃母が抱いてくれたのは覚えていますが、父と母の間に愛情が通い合っているようなところを見たことは一度もありません。家族みんなで何かをするということはありましたが、そういうときにも真の親しさを感じた試しはありませんでした。きっと父はそうでないものを求めていたのかもしれません。父は私に母を感じ、私の側に居たかったのかもしれません。きっと寂しかったのだと思います。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国内に於ける似た性格の事件? | トップ | 犯罪向かう心理は何故起こるか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。