gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

躾それとも虐待?

2017-04-21 17:54:52 | 異常心理
*認知機能と躾?
 *躾において、厳しさと虐待の区別が付かなくなった現代社会?
「大脳扁円形系を中心とした部位の機能」と「前頭前皮質を中心とした部位の機能は」それぞれ、一方は情動を司り、もう一方は思考を司ると言われています。この二つは、お互いに影響し逢って、例えば、我が儘な行動をコントロ-ルするなど、良い面で働く事もありますが、一方では逸脱することも少なくありません。
それは、「頑張ったね!」親から褒められて、努力事態に意義を見いだす仕組みが形成されてゆくことで善悪や、正邪の規範を学んでゆくことに繋がってゆきます。
中でも、眼窩前頭皮質と内側前頭前皮質の機能は、良いに付け、悪いに付け、衝動的な感情を喚起知るような記憶を制御しているそうです?ですからこの部分の機能の高い人は衝動性を押さえられ適切な行動がとれるそうです。----言い換えれば「褒める」ということが如何に大切か言うことですね?
 また逆にこの機能の部分が低下すると、他の人に対して「していい事」「して駄目なことの」区別が殆ど付かないと言われています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイコバスに良く似た病理(1) | トップ | これって、バブロフの条件反射... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。