デトランスαを試して効果のある使い方を紹介!

今、人気のデトランスαを試してみる!

デトランスαは薬局やドラッグストアなど市販で売ってる?

2016-10-04 10:42:10 | デトランスαについて

デトランスαは薬局や市販のドラッグストアでの販売はしているのでしょうか?

調べてみました

 

デトランスαの購入方法は?

これまでの市販の制汗剤では飽き足らない、という人がその強力さを高く賞賛しているデトランスα。

 

汗をかく暑い季節の間はずっと必要な品物ですから、リピーターは公式通販から購入している筈です。デトランスαは、ユーアップという会社の公式サイトから通販で購入できますが、ユーアップ社自体はメーカーではありません。

 

個人輸入を代行してくれているのです。メーカーはデンマークのリーマン社となっていて、商品自体は日本未入荷とされています。レア感満載の商品なのです。

 

公式サイトからの購入は、輸入品ということもあり、二週間かそれ以上は待たされますし、支払いも面倒ですし、ひょっとすると他にもっと手軽に購入できる方法があるのでは、と思ってしまいますよね。

 

もっと安く購入できないのか、すぐに手に取って、できればお試しもできた上で購入する方法はないのか、知りたいところですよね。

 

公式サイトでは、「ヨーロッパで常に人気の商品が限定入荷」、「日本では入手できません!!」となっています。2015年6月末までの累計で57万2千個以上売り上げたとのことですし、リピート率90%以上だそうなので、結局購入する人は皆この公式サイトから購入していると考えてよさそうです。

 

 

ドラッグストアでは販売していない?

公式サイトでも「日本では入手できません!!」とある通り、日本で店舗販売は行われていないようです。

 

このような制汗剤を置きそうなお店があるとすれば、スギ薬局とかマツモトキヨシ、ダイコクドラッグ、ツルハドラッグ、サンドラッグといったドラッグストアを思い浮かべますよね。その他、例えばドン・キホーテや東急ハンズのデオ製品コーナーなども、このような商品を置いていそうなイメージがあります。

 

しかし、結論から言うと、ドラッグストアでデトランスαは販売していないのです。つまり、手近に買いに行ける場所では購入できないので、通販で購入することになるのですが、では、公式サイト以外の通販でも購入できるのでしょうか?

 

実は、楽天市場では販売されていません。なので、通販に限定しても、公式サイトしか選択肢はないのです。ところが、Amazonで購入できるエティアキシルデトランスピランという姉妹品のようなものがあるのです。

 

デトランスαと同じ成分、同じメーカーで、違いと言えば、エティアキシルデトランスピランの方は手用がなく、脇用と足用だけがあること、そして、それぞれノーマル肌用と敏感肌用とに分かれているということです。

 

 

処方箋があれば薬局で買えるパースピレックス

ところで、デトランスαを注文して届いたのを見ると、パッケージにも容器にもPerspirexと表記されていますよね。

 

パースピレックスというのが、デトランスαの元々の名前なのです。そして、日本のサイトでもパースピレックスという名前で紹介しているサイトがあるのですが、それを見ると分かるように、これは実は医薬品なのです。

 

パースピレックスは、医療機関専売品とされていて、お医者さんの診療を受けて処方箋を出してもらい、それを調剤薬局に持っていくとパースピレックス、つまりデトランスαが入手できるわけです。

 

なので、厳密に言えば、ドラッグストア的な薬局さんでは置いていないのですが、調剤薬局であれば処方箋があれば手に入る可能性があるということなのです。

 

そう考えると、処方箋無しに個人輸入で購入できているデトランスαはもっと用心して正しい使い方をしないといけないことが分かりますよね。実際、市販の制汗剤に比べて確かに汗はしっかり止まるけれども、かゆくなるのが辛くて使い続けられない、という口コミが寄せられています。

 

これは、制汗成分として配合されている塩化アルミニウムが皮膚表面の水分と反応して、かゆみ、かぶれを引き起こしてしまうせいなのです。

 

なので、自分で購入して使用する場合は、そのような危険のことも知った上で用心して使うことが大切ですね。

 

.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デトランスαは背中にも使える... | トップ | デトランスαを通販で購入!楽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL