福井 学の低温研便り

北海道大学 低温科学研究所 微生物生態学分野
大学院生募集中:環境科学院 生物圏科学専攻 生態系生物学コース

バレンシア〜微生物ハンターの報酬〜

2017-07-14 17:47:20 | 学会
バレンシアの夏は暑い。湿度も高い。朝、ホテルを出て、最寄りの地下鉄駅Xativaへは徒歩20分。日射しも強く、くらっと。

地下鉄駅から至近距離に闘牛場。いかにもスペインらしい。



国際会議場への最寄り駅からも、徒歩20分くらい。会場到着時には、吹き出る汗が半端でないのです。雲一つない青空の下、日焼けでヒリヒリ。今回の会議では、日焼け防止クリームが配給。これまた初めての経験です。



『極限環境、アーキア、そしてバクテリア』のセッションでは、演者のお一人が小島久弥さんの研究成果が正当かつ丁寧に紹介されていました。これも彼の不断の努力の結果だと思います。



セッション終了後、会場を出るとメロディーさんが私のもとへ。日本語で、「コ•ジ•マ•セ•ン•セ•イ、スゴーイ!」と興奮した様子。研究室に居ると気がつかない小島さんの研究力の大きさを感じ取ったらしいです。これも、ある意味で「微生物半の報酬」なのかも知れません。



さて、これから札幌への帰途につきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バレンシアのアツい夏:FEMS2017 | トップ | 肌寒い道東へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。