福井 学の低温研便り

北海道大学 低温科学研究所 微生物生態学分野
大学院生募集中:環境科学院 生物圏科学専攻 生態系生物学コース

残雪期の山岳調査

2017-06-16 13:27:13 | フィールド
今シーズン最初の山岳調査。天候条件は良いとは言えませんが、総勢4人で現場へ。

残雪期の山岳地帯での調査は危険を伴うので、低温科学研究所技術部の森さんにお願いして、安全第一で調査を行なっています。今回、大学院生のAさんは初めての経験と言うことで、行動開始前に森さんより野外行動技術講習です。



さあ、調査地点へ。





助教の寺島美亜さんは、Aさんに試料採取や現場観測法など丁寧に教えています。Aさんも初めてではありますが、熱心かつ意欲的に取り組んでいます。



無事調査を終え、ほっと一息。記念撮影。





さあ、札幌の研究室に戻り、採取した試料の解析です。

<注>本調査地は国立公園内にあるため、環境省及び営林署の許可を得て調査を行なっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフェ エコミクロ | トップ | 地下生物圏で活躍する主役た... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
研究者のたまごさんへ (Unknown)
2017-07-08 16:28:08
凄いですね^_^
なんかカッコいいなあ
Unknown (福井)
2017-07-08 17:51:43
コメント、ありがとうございました。

私たちの研究グループでは、フィールドワークに長けた方に同行してもらい、安全第一で調査を行っています。

採取した試料に関しては、研究室で解析を進めるのですが、化学分析、培養、ゲノム解読など、多角的にアプローチしております。

そう言う意味で、ラボでの時間も重要です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。