福井 学の低温研便り

北海道大学 低温科学研究所 微生物生態学分野
大学院生募集中:環境科学院 生物圏科学専攻 生態系生物学コース

バレンシアのアツい夏:FEMS2017

2017-07-12 03:58:29 | 学会
このところ札幌は気温が30℃をこえ、暑い日が続いています。所変わってスペインのバレンシアでは、36℃をこえる日もあり、雨も降らない快晴の日々。

7月9日より13日まで、バレンシアにてヨーロッパ微生物学連合の国際会議が開催されています。街の中心地から地下鉄で15分程度乗車し、最寄りの地下鉄駅から徒歩約10分で会場に到着。地中海の強い日射しで肌がヒリヒリするほどです。加えて、汗だくです。



会場内はエアコンが効いていますが、参加者も多く、かなりの熱気です。



私たちの研究室の大学院生メロディーさん(コロンビアからの国費留学生)の発表です。

Melody Cabrera Ospino, Hisaya Kojima, Tomohiro Watanabe, Tomoya Iwata and Manabu Fukui. Detection of the arxA gene encoding arsenite oxidase in various ecosystems by using newly designed PCR primers.

微生物による嫌気的ヒ素酸化に関する研究で、競合相手が多かったようです。



イタリア人研究者に説明するメロディーさん。彼女にとっては、エキサイティングな国際会議になったようです。



メロディーさん、コロンビアの大学での同僚と会場でバッタリ再会。



バレンシアのアツい夏。まだまだ続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岳調査、再び | トップ | バレンシア〜微生物ハンター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。