心のこもった一着

2017年06月17日 | 手作り工房


できました、、、ではなく、直しました
ふたたび!

さて、ちなみにこの服はなんと言う名前なのでしょう

モロッコの女性の衣装は主にカフタン(caftan)という名前のドレスです
それはそれはきれいな衣装です

最近は、日本の和服にレースやフリルが付くようになったのと同じように、いろいろなスタイルのカフタンが見られます


さて、この衣装は前回夫がモロッコへ帰ったときに持ってきたものです
実家の近所の女の人たちが買ってくれたんだとか


しかし、カフタンカフタンと言っていたら、これはカフタンではない
と夫に言われ、

確かにカフタンはスカートで、パンツではないのですが、、、
じゃぁなんて、、、?

知らない(あっさり、、、、

おい、あんたモロッコ人としてどうよと思わず言ってしまいましたが、
知らないらしいので、今度義妹に聞いてみようと思います



それにしても、お粗末
そもそもそういうものなのかとも思いますが、粗末すぎる!

首の部分はがばがば、手足は長すぎてまくらないといけないけれど、
まくってしまったら肝心の袖や裾のビーズとスパンコールが隠れてまう!
そして首周りから裾も袖も糸がしゅわしゅわ出すぎ!

というかおそらくこれは3,4,5歳くらいの子ども用か!!!


とりあえずズボンと袖をそれぞれ短くしました
そして首回りもきれいに整えました
そして3度ほどためしに着せた結果もちろんビーズとスパンコールがとれ始めたので、
裏に布を当てて頑丈にしました

ちなみに娘はこの服が好きなようで、試しに着せたつもりがその日はお風呂に入るまで脱ぎません
作業中断


好きらしいのでますます頑張って直しました
ラマダンがもうすぐで明け、お誕生日も近いし、近所の盆踊りもあるので、
えーとえーと、そうですね、3回くらい着せて
写真を撮って義父に贈り、

服は義妹の娘ちゃんに贈ってあげようと思います


おっけーおっけー








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハッピーらまだん | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む