とりあえずブログはじめました!

おやじバンド「Desperado」の活動記録と
山ちゃんの趣味に生きるこのごろ

ザ・コンサルタント

2017-01-30 20:52:40 | 映画

見てきました。

本当は、事前まで「ドクター・ストレンジ」を見ようと思っていたのですが(魔術とかでハデハデしいので)、アメコミとわかってやめました。

アメコミの楽しさも知っているのですが、ほぼすべてのストーリーが、傲慢で協調性のない主人公が、特殊能力を手に入れて、さらに壁にぶち当たったのちに正義感に燃えて敵をやっつける...というストーリーで、世界の警察官たるアメリカを象徴するものでしかないからです。

勧善懲悪で、すっきりとはするのですが、何が正義なの?と、ちょっとした疑問を持つと、正義漢になる前に多くの市民を殺しちゃっているじゃないの、と。

ISを空爆しながら市民もついでに傷つけちゃっているのに、同じことをロシアがやると人道に背くと非難するなど、なんか矛盾を感じる。

なんてことを感じながら見るのもなんなので、こういうのはWOWOWでやるまで待つことにします。

で、似たようなものですが、この「ザ・コンサルタント」を見ました。

原題は「The accountant」で、映画内の訳語にも出てくる会計士で、まさに主人公が隠れ蓑にしている職業です。

ただ、この会計士、会計士としても有能で、不正の証拠を見つけるまで実に粘り強く調査する。

で、いざアクションとなるとすごいタフガイに変貌する。

であって、被害にあいそうになる女性をただ助けるためにも危険を冒す。

なぜかこの映画、発達障害者の映画でもある。

そう、主人公がまさにそうして育ってきたのである。

賛否があって、ストーリー展開や最後のオチ部分も厳しい見方をする人もいるのだけど、これはこれで、こういう表現もあるんだな、と思う。

身近な職場にも発達障害といわれる人がいて、一緒に仕事しているので、理解もできる気がする。

ちなみに、その子は結構おしゃべりで、まじめだし記憶力も優れているので、職場を明るくしてくれています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次回のバンド練習 | トップ | 鹿嶋から大洗へアンコウを食べに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。