漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

「酒田まつり」に欠かせない漬物☆

2017年05月15日 08時10分59秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

5月15日(月)の山形県酒田市は、早朝まで降っていた雨が上がり、西の方には少し青空も見えて来ています。

今日の天気は、曇り時々雨、最高気温は22度、最低気温は14度、降水確率は10~60%、花粉の飛散量は少ないとの予報になっています。

今日が「酒田山王祭」の神宿開き、今週は「酒田まつり」ウイークとなります。

その「酒田まつり」に欠かせない漬物のひとつに、「切大根(大根粕漬)」があります。

「切大根(大根粕漬)」は、山形県酒田市では昔おやつ代わりに子供たちも食べていた漬物で、駄菓子屋でも販売されていました。

今でも、老若男女に大変人気があります。

「切大根(大根粕漬)」の人気のひとつに、大根の粕漬と一緒に入っている「胡瓜の粕漬」の存在があります。


「切大根(大根粕漬)」に入っている大根の粕漬と胡瓜の粕漬



実は、この「胡瓜の粕漬」が「切大根(大根粕漬)」の袋詰めとなるまでは、生の胡瓜を3か月ほど塩蔵した後に2回の漬け換えという工程を踏むため、半年近い期間が掛かっているのです。

美味しさの秘密は、やはり手間が掛かっているからなんです。

先日も、お客様より「「切大根(大根粕漬)」に入っている「胡瓜の粕漬」だけを販売していないのですか?」というお問い合わせを頂きました。

「胡瓜の粕漬」は、かかる手間と販売価格との折り合いが着かず、今のところ販売には至っていません。

「切大根(大根粕漬)」に入っている「胡瓜の粕漬」を食べる時には、大根を食べる時以上にしっかりと味わって食べて頂けると嬉しく思います。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の市内一斉清掃☆ | トップ | 伝統ある「酒田まつり」の手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL