漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

「奈良漬」の酒粕の利用法☆

2017年11月08日 08時22分10秒 | 店主のたわごと
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

11月8日(水)の山形県酒田市は曇り、この時期は陽射しが無いとやはり肌寒く感じます。

今日の天気は、曇りのち雨、最高気温は20度、最低気温は10度、降水確率は30~80%の予報となっています。

このブログをご覧になっている皆様の中には、これからのお歳暮時期に「奈良漬」を頂く方もいらっしゃると思います。

「奈良漬」は、一般的に酒粕から野菜を抜いて酒粕を拭き取り適当な大きさにして食べます。

その時、残った酒粕はどうしているでしょうか?

まさかそのまま捨てたりはしていませんよね!

「奈良漬」の酒粕を捨てるのは、ハッキリ言って勿体ないです。

「奈良漬」に使われている酒粕は、箱詰めや袋詰めの際に、今まで漬けていた酒粕をそのまま使うのではなく、新しい酒粕を入れて最後の味の調整をしています。

そのため、残った酒粕は仕上がった漬物と同じ味になっています。

この酒粕を使って、魚や筋子・鱈子などを漬けると、約1週間程で美味しい粕漬ができあがります。


筋子と鱈子の粕漬



今度是非試してみてください。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬が一歩一歩忍び足で近づい... | トップ | 今日で「温海かぶ」の漬け込... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

店主のたわごと」カテゴリの最新記事