漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

漬物の梨屋の「奈良漬」☆

2017年05月12日 08時15分15秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

5月12日(金)の山形県酒田市は、早朝まで降っていた雨で路面は濡れていますが、先程から薄日が差してきています。

今日の天気は、晴れ時々曇り、最高気温は20度、最低気温は12度、降水確率は0~10%、花粉の飛散量は少ないとの予報になっています。

今日は、改めてではありますが、漬物の梨屋が創業当時から作り続けている漬物、「奈良漬」を紹介したいと思います。

「奈良漬」というと一般に堅瓜や胡瓜を思い浮かべる方が多いと思います。

漬物の梨屋では、堅瓜や胡瓜の他にも、民田茄子・月山竹・メロンといった地元でとれる野菜や山菜を「奈良漬」にしています。

民田茄子は、山形県庄内地方特産の在来野菜で一口サイズの小茄子です。

月山竹は、根曲がり竹の一種で、月山周辺で採れることからその名が付きました。

メロンは、庄内砂丘でメロンを栽培するときに出る摘果メロンを使っています。

「奈良漬」は4~5回漬け換えを繰り返し、製品にしていきます。

生の野菜を仕入れてから完成までの期間は、少なくとも10か月程度はかかります。
非常に手間がかかることから、近年では本格的な「奈良漬」を作るメーカーが少なくなって来ています。

漬物の梨屋では、各種単品でも取り扱っておりますが、堅瓜・胡瓜・民田茄子・月山竹の4種類を詰合せした箱詰めもご用意しております。


漬物の梨屋「奈良漬」



味は、甘さを抑えた本格的な「奈良漬」に仕上げております。

賞味期限は、未開封のもので、生タイプで30日程度(冷蔵保存)、パッケージ物で90日程度(常温保存)です。

また、漬物の梨屋の「奈良漬」は、大正14年昭和天皇が皇太子時代に山形県に来県された際に献上した記録が残されています。


皇太子殿下に献上したことを記した書状




漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「酒田まつり」のポスターが... | トップ | 春の市内一斉清掃☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL