漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

「庄内柿」を頂きました☆

2017年10月31日 08時13分13秒 | 店主のたわごと
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月31日(火)の山形県酒田市は曇り、昨夜まで吹いていた強風も少し落ち着いています。

今日の天気は、曇りのち晴れ、最高気温は14度、最低気温は9度、降水確率は0~30%の予報となっています。

昨日、親戚から「庄内柿」を頂きました。


漬物の梨屋 齋藤真が頂いた「庄内柿」



この時期になると毎年、自宅の柿の木の柿を収穫して持って来てくれるのです。

今年は、柿の実がなる頃に台風が襲来したことで実に傷が着いたり、カメムシの大量発生による被害もあり、収穫できる「庄内柿」は例年より少ないそうです。

「庄内柿」は、渋柿でアルコールもしくは炭酸ガスで渋を抜いてから食べます。

こうすることによって、「庄内柿」の中の渋の原因であるタンニンが水溶性から不溶性に変わり、渋味を感じなくなり甘い柿になるのです。

また、「富有柿」とは異なり、中に種がないため皮を剥いてそのまま丸ごと食べることが出来ます。

渋抜きをしてから短期間に食べないと実が熟してしまうため、漬物の梨屋 齋藤真は毎食のようにデザートとして「庄内柿」を食べています。

柿は、非常に栄養効果の高い果物で、ビタミンCはみかんの2倍で、1日に1個食べると1日のビタミンCの必要量をクリアできるほどです。

渋の原因となっているタンニンはポリフェノールの一種で、アルコールを分解し利尿作用を高める性質をもっており、二日酔いなどにも効果があります。

お酒好きの漬物の梨屋 齋藤真には持って来いの果物です。

この時期風邪を引いている方も多いようです。

季節の果物を上手に取り入れ、健康管理を行って頂きたいと思います。

ただし、柿は冷えのものですので、1回で大量に食べることは控えた方が良いと思います。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「庄内砂丘大根」の漬け込み... | トップ | 「赤かぶ(温海かぶ)」の販... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

店主のたわごと」カテゴリの最新記事