獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

ピーチ航空で関空から那覇の飛行機チケッとを買った。片道6440円。

2016-07-31 17:19:53 | モーニング娘。と私
 2015年6月からスタートした、Juice=Juiceの全国ライブツアー。1年と5か月でなんと220公演を完遂することをめざしてのライブツアー。今時点で182公演。のこり38公演。

 その220公演のラストが、沖縄那覇でのライブ。このラストの日だけははっぴょうされていて、10月29日土曜日(ちなみに、220公演クリアで、日本武道館単独公演開催の武道館公演は11月7日月曜日)

 土曜日ということもあって、会社も休みなので、、なんとかして大阪から行きたいなの私。人にきいたら関空から那覇まで9000円ぐらいでいけるとのこと。

 今日ピーチこうっくうの公式サイトを見て、10月29日土曜日のチケッとはいくらぐらいだろうと検索。10時30分関空発で、那覇空港に12時40分到着で、なんと6440円。

 これにはびっくり、以前調べてもらったときはやすくて8600円だったのに。

 のこり10席だったので、いそいで購入。しかし飛行機チケッと代はほんとやすくなったよね。ピーチのおかげだね。ピーチのろせんンがのりいれている地方だと、Juice=Juiceライぶの遠征も安くていけるね。今度ピーチの路線と代金をしらべてみたいな。

 といいつつ、網膜色素変性症な私デスペア。現地の飛行場についても、そこからライブハウス、ホテルまでの移動が一人ではむずかしいので。現地のガイドヘルパーさんをさがさないといけないので、そうやすやすとはピーチを使っての遠征もむずかしいかな。

 それでもグーグルマップのストリートビューで現地の道とか歩道も大阪にいて調べられるので、視覚障害者でもなんとかして一人遠征はできるかもね。

 ということで、っみなさんもぜひ関空から10月29日土曜日に沖縄であるJuice=Juiceの220公演目の選手楽ライぶをピーチを使っていってみてね。片道6440円なんですよ!!。往復でも12880円で、大阪東京の新幹線代金14800円よりも安いんですよ!!!。

ps
さて明日は10月30日の帰りのチケッとをネッとで買わなきゃ。どうやらピーチは会員じゃない一般の人は、3か月前にならないとチケッと購入できないみたいね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ガリガリ君がおいしいね。

2016-07-30 19:05:12 | 雑感
 今日は午前中はガイドヘルパーさんに手引きされてスポーツジムへ。体重は66.6キロ。なかなか減らないね。

 そのあとは、一人で近くの図書館へ。図書館は視覚障害者にとってはなんの役にもたたない場所かとおもったら、そうじゃなくて、図書館で好きな雑誌を読んでもらえる対面朗読サービスというのをやっている。ボランティアのおばさんというかおばあさんにハロプロ雑誌を読んでもらっている。今日は2年前の2014年3月のトップエールを読んでもら他。

 佐藤優樹が、ハロコンの宮本佳林と小田さくらのデュオ、悲しきヘブンがすごくて棒立ちでみていたという記事。リハーサルとかですっごく練習していて、佳林ちゃんもずっと練習していて、佳林ちゃんは泣いたりもしていたので、よけいに本番のときはステージの大画面にくぎ付けになったとのこと。佳林は欠航なプレッシャーをかんじていたのかな?小田さくらも普段は緊張はしないのにこのときは緊張をしていたと佐藤。そういうことがあったのね。

 この情報を2年6か月たってはじめて知る私。視覚障害者は情報弱者、情報障害者といわれるのもなっとく。対面朗読でよんでもらうにも制限時間があるので、なかなか読んでもらえない。ようやく2年前の雑誌をよんでもらった。考えてみれば私がボランティアさんに対面朗読してもらいはじめたのが2年6月前かな。それ以降はトップエールも隔月発行になったせいもあり、なんとか発売月にハローの記事は読めるようになった。yかたよかった。

 夕方家にかえって、夏の日差しの中を歩いて家にかえったので、再度シャワーをあびて、そしてガリガリ君をたべる。
 今年の夏は、ソーダ、アセロラ、キウイ、なし、がでてるみたい。いまのところまだコーラは食べてないな。コーラもおいしい。

 ほてった体にはつめたいアイスがいいね。一気に3本もたべた。

 そういえば、たしかガリガリ君はあたり棒もあるんだろうけど、そのことに無関心になってしまっている。子供のころはあんなにあたり棒がううれしかったのにな。

 そういう気持ちはいつまでももっていたいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんにゃくうどんマーボー豆腐がおいしいね。

2016-07-29 19:59:50 | 雑感
 毎日ヘルパーさんに家事援助にきてもらっている私。網膜色素変性症な私デスペア。視覚障害があるので買い物や掃除やかんたんな炊事をしてもらっている。

 1日1時間なので、買い物にいって料理をしてもらうとなるとかんたんんな料理しかできない。だいたい鍋かマーボー豆腐。

 マーボー豆腐もただ豆腐だけだとものたりないので、セブンイレブンのサラダチキンをいれてもらっている。それでもあきたのでなんかいい食材はないかなとおもって、ローソンストア100でうっているこんにゃくうどんをためしにいれてみた。

 水気をよくきって、マーボー豆腐のもととサラダチキンをいれてたべたらとてもおいしかった。これからは豆腐じゃなくてこんにゃくうどんをメインにしようかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画館で映画ワンピースのバリアフリー上映(日本語音声ガイド)を見てきた。

2016-07-28 23:59:33 | 網膜色素変性症と私
バリアフリー上映

 今日は平日の木曜日。会社にいって、家にかえって、夜8時前に家をでて、梅田の映画館へ。梅田ブルクセブンという映画館。この映画館はハロープロジェクトの生中継ライブビューイングがおこなわれる映画館なので何度も行ったことがある私。網膜色素変性症な私デスペア。ガイドヘルパーさんと一度ルート確認をして点字ブロックで、ブルクセブンがはいっているイーマビルまではなんなくいけること、そこから建物内は点字ブロックはないものの、なんとかエレベーターをさがして7階の映画館まで一人で行ける。

 今日も夜に一人で白杖をついていってきた。21時上映開始の映画ワンピースを見るため。ワンピースとは、アニメ映画で、海賊王を目指すルフィーとその仲間たちの友情物語。

 ワンピースはみたことな私だけど、ワンピースがどうしても見たくて夜にわざわざ梅田へ。というのも、このワンピースという映画ではじめて、全国規模で、視覚障害者もたのしめるバリアフリー上映をすると知ったから。

 いままではバリアフリー上映とは、その映画館でFMラジオを借りて、視覚障害者がたのしむ、という限定的な。上映だけだった。3年前の福山正春ちゅせんのそして父になるは、た数回だけ音声解説放送上映があっただけ。

 だけど、今回のワンピースは、その映画館にバリアフリー上映のシステムがあれば、その映画館っで上映されるワンピースはすべて音声解説付き。すばらしい。

 ということで、これはいかねばとおもって、7/23に上映がはじまったばかりのワンピースの映画をわざわざ見に行った私。事前にスマートホンにアプリと音声ファイルをダウンロードして、そのスマホをもって映画館へいくだけ。上映中は、そのスマホにイヤホンをつけて聞く。

 以前のように場所と時を限定されたバリアフリー上映じゃなくて、うえmだブルクセブンならいついっても音声解説つきのワンピース映画がみられる。これはすばらしいね。

デスペア的映画館でバリアフリー上映(UDCAST)で音声解説を聞くポイント

1、事前準備(スマホにアプリをダウンロードして 動作確認)
 まず、スマホ(iPhoneでもいいしタブレットでもいい)に、UDCASTというアプリをダウンロードする。

 Androido.0から対応ということで、私のXperia J1 compactはAndrooid4.4なので大丈夫。

 だとおもたら、ほんとに大丈夫かを事前にチェックできるのでやってみた。UDCASTのアプリをダウンロードして、動作確認ボタンをおす。さらに動作確認(オペレーションチェック)ボタンをおす。

 これで動作確認スタート。とおもったら、さらに日本語音声ガイド(ジャパニーズ ボイス ガイド)ボタンをおす。

推したら、通知エラーメッセージ必ずイヤホンをご使用ください」とメッセージが表示される。

 イヤホンをさしこむ。ここで注意するのはスマホ用のイヤホンではだめ、スマホ用はマイクがあついてるイヤホンがほとんどなので、スマホ用じゃなくて、普通のイヤホンをつかうこと。そじゃないとうまく音声をひろわない。

 イヤホンをさしこんで、再度日本語音声解説(ジャパニーズ ボイすガイド)ボタンをおすと。

 今度はちゃんと、イヤホンからメッセージが流れる。

 女性の声が流れる。

 「」動作確認 音声ガイドモードが選択されました 人の耳には聞こえない動作確認おんせいをマイクが拾うと 確認官僚のアナウンスが聞こえます うんぬんかんぬん」

 と音声があ流れる。これをずっとまっていてもエンドレスリピートされるだけ。人の耳には聞こえない音声がどこから流れるのかわからない。私。

 そこでUDCASTのホームページをスマホではなく、パソコンのほうで見つけて、そのページに動作確認音声がながれているページを見つけた。

 そのパソコンからは何の音もしないのだけど、人の耳実は聞こえてないだけらしく、その歳とをひらくとすぐに、

私のスマホのエンドレスリピートの女性の声がいきなりとぎれ

 「動作確認が終わりました。この端末はUDCASTを使って、音声ガイドを聞くことができます。 」とメッセージが流れる。
 ポイントは、スマホとは別のパソコンで動作確認音声が流れるサイトを開くこと。

UDCASTの動作確認音声がながれるサイトはこちらです

2、ワンピースの音声ファイルをダウンロードする。
 私のエクスペリアでUDCASTというバリアフリー上映のアプリが利用できることがわかったので、次は、見たい映画ワンピースの音声ガイド音声ファイルをダウンロード。

 

 UDCASTのトップページの映画映像ボタンをおして、

 その中から、たくさんの映画タイトルがならんでいるので、そこから、ワンピース フィルム ゴールド (音声ガイド 2D 、3D上映版)のボタンをおす。

 ここでまちがって、ワンピース フイルム ゴールド (音声ガイド 4DX版)をおさないこと。これは「4D映画のやつなので、こっちじゃなくて2D、3D版をおすこと。

 おすと、ダウンロードが開始され、10秒ぐらいでダウンロードおわる。

 これでワンピースの音声解説の音声ファイルが私のスマホの中にとりこまれた。

3、映画館で
 映画館にいって、UDCAST上映がされているかを再度確認。映画館ではUDCASTではなく、バリアフリー上映といういい方をするらしい。

 梅田ブルクセブンでは、すべてのワンピース映画上映回はバリアフリー上映とのこと。

 さっそく、障害者割引で通常1800円のチケッとを1000円で買って入場。チケッとカウンターまでたどりついたら、あとはスタッフが劇場まで誘導してくれた。さすがバリアフリー上映をやっている映画館だね。

 劇場にひあいるときに、無料でワンピースのグッズをもらった、トランプとちっちゃいマンガ本。入場者全員プレゼントのよう。あと寒いといけないのでブランケットも入場口でかしてもらう。

 客入りは1割ぐらいか。子供はいなくて、20代から30代の男女。いがいと女性もおおかった。

 21時上映スタートだけど、21時をまわってもずっと別の映画の宣伝がながれている。ちょうどいいや、いまのうちにスマホをとりだして、UDCASTアプリを立ち上げて、準備しとこっと。

 UDCASTののアプリのトップ画面で、映画・映像ボタンをおして、ワンピース フィルム ゴールド(音声ガイド 2D3D上映版)の下の音声ガイドボタンをおす。

 すると、男性の声で

「映画ワンピースフィルムゴールドの本編がはじまると音声ガイドがはじまりますのでしばらくおまちください うんぬんかんぬん」とメッセージがながれる。
 この状態でずっとまつ、やっとスクリーンんの宣伝がおわって、本編がはじまったようで、東映・・・という音声ガイドがはじまる。

 ワンピースの映画がはじまった。ステージで歌う緑色の神の女性、金色のマイク、金色の指輪の男性と詳細に音声ガイドがされた。

 2時間があっという間だった。

4、注意点
 ワンピースを見ている間、lスマホは、ひじかけのドリンクホルダーにたてかけておいた、ちょうどよかった。

 ここで注意するのは、スマホの画面をオフにしておくこと、スマホの画面が明るいとほかの客の迷惑になるとのこと。私のスマホはトークバックをオンにしとくと画面がまっくらになる設定にしているので大丈夫。
 あとは、イヤホンからの音漏れにも注意。両耳イヤホンの片耳だけつかって音声ガイドを聞く人がほとんどだとおもうけど、その場合、聞かないイヤホンから音漏れがするので、手でにぎっておくかしないといけない。

 私はそれがいやだったので、事前に、イヤホンの片耳を切断しておいた。この片耳イヤホンはバリアフリー上映専用イヤホンにした。

 あそうそう、なぜ片耳かというと、両耳でイヤホンをきくと、そのイヤホンからは音声ガイドしかながれず、ルフィーの声も、ゾロの声も、カリーナの声も聞こえてこない。つまりはイヤホンからは音声ガイドしか聞こえない。よって片耳はあけておいて、映画館のスピーカーからの音を聞くようにしないといけない。

 それと、イヤホンはスマホ用のッマイクつきイヤホンはつかえない。いまどきのマイクつきイヤホンはさわっただけではどこがマイクかわからず、普通のイヤホンとさわた感じはかわらないので、視覚障害者はマイクつきじゃない、音楽プレーヤー用のステレオイヤホンを使うことをおすすめします。

 2時間の上映時間、おわったのが23時10分。帰りもスタッフに手引されて、地下2階の地下街まで手引してもらった。

 ワンピースの内容自体は、なんかあまりおもしろみがなかった、というのも、あくまでアニメで、目で見てたのしむのが半分ぐらいなのかな。音声解説でルフィーの手がのびた、手のひらが巨大化した、フランキーがおならで空を飛んだ、金色の水が街をうめつくしたといわれても、現実離れしていて、いまいち想像ができなかった。敵が巨大化するのだけど、どのぐらい巨大化したかなどいまいちわからなかった。

 アニメ、とくにワンピースのようなアクションものというか、超能力アニメは音声ガイドにはむかないかな。

 とはいってもちゃんとストリーはおえたので1000円mのもとはとれた。あとはワンピースの予備知識がもっとあったらよかったな。
 ということで、視覚障害者のみなさん、スマホ片手に、街の映画館にいってみてね。あそうそう、このバリアフリー上映 UDCASTはどうやら日本語手話や、日本語字幕もスマホにうつしだしてくれるみたいです。視覚障害者だけでなく、聴覚障害者もぜひ町の映画館にいってみてね。

 バリアフリー上映の詳細は
UDCASTのホームページを見てね ワンピースのほかにも すれちがいダイアリー、図書館先戦争の映画にも対応しているようですよ


映画ワンピースのバリアフリー上映対応映画館一覧はこちらから
ワンピース フィルム ゴールドのバリアフリー上映 映画館の一覧はこちら




  


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKふれあいコールセンターにニュース字幕をよみあげてもらった。

2016-07-27 20:18:59 | 網膜色素変性症と私
 今年4年に1度のはオリンピックの年。オリンピックの年といえば、、うるう年で2月が29日まであって、アメリカでは大統領選挙の年。

 大統領選挙の候補者がヒアリーとトランプに決まった。NHKのテレビニュースでも毎日のように報道している。ヒラリーやトランプのスピーチ映像がそのまま吹き替えなしで包装されている。その日本語訳が字幕でテレビ画面の下部にうつしだされている。

 英語もわからない、日本語字幕を読めない私。網膜色素変性症な私デスペア。視覚障害者なので、テレビ画面が見えない。音声たよりの私。ヒラリーやトランプが何をいっているのかわからない。

 いまから、スピードラーニングをきいて英語のリスニング力をたかめてもいいのだが、それでは時間がかかりすぎる。さぁどうしよう。ヒラリーのスピーチを聞きたい私。一人暮らしの私。ヘルパーさんはすでにかえっていない私。

 ふとおもいついたのが、NHKのお客様コールセンター。ためしに電話をしてみた

 すると女性の人がでて、電話口のむこうで、録画したNHテレビニュースを再生して確認してくれて、しっかりヒラリーとトランプのしゃべっていることをにほんぎ誤訳した字幕をよみあげてくれた、ヒラリーは、すべてのこどもに医療保険を、みえないガラスの天井をぶちやぶる。など言っていた。

 さすがNHK。夜の8時すぎに電話をかけてもちゃんとつながって、丁寧にニュース映像の字幕を読み上げてくれる。受信料をはらってるかいがあるね。

 いままでは、ラジオのNHK夜7時のニュースを毎日聞いていた私。これからはNHKテレビニュースを見ようかな。

 ps
残念なのは、コールセンターにかけるにはこっちが電話代をもたないといけないこと。フリーダイヤルはない。まぁ携帯電話のかけホーダイプランにはいっていればかけホーダイの大賞電話番号もあるので、実質負担はないけどね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加