獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

笑っていいともが最終回だった。

2014-03-31 22:23:06 | 雑感
 こどものころ風邪で学校を休むと、午前中はNHK教育テレビの学校用番組を見て、お昼はいいともを見るのがたのしみだった私。いいともレギュラーといえば金曜日の明石やサンマやダウンたううんやウンナンが思い出される。

 そんないいともが32年の歴史に幕。今日が最終回だった。先週から木村卓也、福山正春、小泉京子、黒柳徹子とテレホンショッキングのゲストがつぢて、今日月曜日最後のゲストがビートたけしだった。この中で一番おもしろかったのは黒柳で黒柳の動物の話あhおもしろかった。このおばあさんはこんなにおもしろいんだなとはじめて知った。次は福山の回でタモリにブルースを歌わせていた。福山とタモリは仲がいいのね。

 今のハロプロメンバーもたしか去年いいともに出演できたのでよしとするか。ただJuice=Juiceの宮本佳林はでれなかったのが残念だな。先日のサトヤマサトウミイベントでの売り子佳林動画を見ておもったのは、この子はすごいなということ。売り子なのに、佳林は演劇の舞台上にいるよう。佳林のところだけ別世界で声のトーンとかしゃべり方やテンションが一人あだけちがう。松浦亜弥や嗣永桃子はアイドルサイボーグとか嗣永プロといわれていたが、佳林はそれどころじゃないな。そんな正統派保守本流アイドル宮本佳林とひょうひょうとしたタモリのトークがみたかったな。、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音声信号機のカッコーとピヨピヨのちがいって?

2014-03-30 20:15:39 | 網膜色素変性症と私
 ジムのかえりにスーパーにたちよる。スーパーでは毎日食べているヨーグルトとオレンジを購入。ガイドヘルパーさんに私のお気に入りのヨーグルトビヒダス脂肪ゼロをさがしてもらう。網膜色素変性症な私デスペア。スーパーで商品を選んだり探したりできない。ガイドヘルパーさんに指示をだしてどんな商品があるかおおしえてもらい、こんなのがありますよと手にとらせてもらって確認する私。

 帰るものはかえたので、レジへ行き、お金を払って、レジ袋へ商品をつめる。つめおわったころに、見知らぬおばあさんが声をかけてきた。

 あのー私も目が悪くて、ここらへんで視覚障害者の集まりとかあるのご存知ですか?白杖とか拡大読書器について知りたいんです。

 5分ぐらいレジ後ろの商品つめ台で亜なしをする私とガイドヘルパーさんとそのおばあさん。

 おばあさんによると、網膜色素変性症なで最近目が悪化し5級から2級になったとのこと、人の顔がわかりにくくなり、いつもシャンプーもわからないのでいろいろ聞いてやっと変えましたとのこと。

 そのおばあさんは、私とガイドヘルパーさんんの様子をみて、話かけてみようとおもったとのこと。頼りにされるというのは悪い気はしないもので、私の知っている知識をおしえてあげた。役所の障害福祉課にまずは電話したらいいですよ
そこで障害者福祉センターとか教えてもらえるし、障害者の当事者団体も教えてもらえますよ。あと最近携帯でだれからかかってきたか文字が読めなくなったのでというので、らくらくホンならかかってきた人の電話番号ーや登録していた名前もよみあげてくれますよと教えてあげた。

 すると、おばあさんは妹からおしえてもらってこんな携帯はもっているんです、時間はこれで聞いてますと携帯のボタンをおして現在時刻を読み上げさせていた。たぶんひとむかし前のらくらくホンなのかな?

 ネットをつかえれば、すぐにわかるようなことなのだけど、おばあさんになるとそういったアクセス手段は使わないのね。考えればネットのIT技術、いまごろはICT技術というけど、それらの技術は視覚障害者にはすっごく恩恵をあたえてるね。パソコンから得る情報はすべてデータなので、音声でよみあげさせるのも用意。パソコンにPC-TALKERとかのスクリーンリーダーをインストールすればパソコンの画面を読み上げてくれるし、今の私のように誤字変換はおおいが、なんとか一人で音声だけをたよりに文字入力もできる。ありがたいね。


 そんなネットで今日はじめて知った情報。私は毎日音声式信号をつかっているのだが、その音声式信号はカッコーカッコーと音で青にかわったのをしらせてくれる。別の場所ではピヨピヨという音で知らせてくれる。このカッコー
ピヨピヨはなんか意味があるのかなとおもっていたら、なんと意味がある。当然交差点ではカッコーとピヨピヨの2種類で交差点のどこが青になったか区別しているのだが、もっと意味があった。

 カッコーカッコーは東西にわたる横断歩道についていて、ピヨピヨは南北にわたる横断歩道についているとのこと(おおよそね)。これははじめて知った。そういえば、たしかにカッコーは東西だし、ピヨピヨは南北だな。これはためになった。

そんなためになる情報はリードユーザーのちょっといい暮らしという盲導犬ユーザー?かな?のサイトにのっていた。ぜひみなさんも見てみてね。

街中の信号機の秘密 | リードユーザのちょっといい暮らし 

スーパー^でであったおばあさんにもカッコーとピヨピヨのちがいをおしえてあげたいね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

乃南アサ「凍える牙」を読んだ。

2014-03-29 19:15:41 | 雑感
 3週間前の週刊新潮かなんかの雑誌につんくがおすすめの一冊を紹介していた。週刊誌は1週間遅れでサピエ図書館からボランティアさンが録音してくれた音声データをダウンロードして先日聞いた私。網膜色素変性症な私の目では週刊誌は目では読めないので、ミミで聞く。1週間おくれで読むことになるけど録音データは2倍速できくこともできるので時間の節約にはなるね。

 そこでつんくがすすめていたのが、乃南アサの「凍える牙」という女性刑事もの。犯人捜しとか謎解きはいまいちだけど、この女性刑事とハヤテの関係性がいいね。ハヤテは、聡明で気高く、能力がずばぬけて高く、そして孤独ときている。小説最後の女性刑事とハヤテの首都高での並走はいいね。なぜかハヤテは殺人者なのに、読者はハヤテが愛おしくなる。ハヤテの表情とかその孤高な感じが生きるハロプロことJuice=Juiceの宮本佳林に見えてくる。つぶらなすいこまれるような瞳なんかはハヤテ=カリンだね。読みながらハヤテ=カリンとして感じてくる、そして泣けてくる。

 この小説を呼んでハヤテを佳林に感じられたら、あなたも重度の佳林中毒まちがいなしです。

 ぜひ読んでみてね。ハヤテとはいったい何者なのか。ぜひ読んでみてね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる人

2014-03-28 21:54:42 | 網膜色素変性症と私
  4か月前の去年の12が月1日のJuice=Juice宮本佳林の誕生日に京都新風館でのCDイベントで横断幕を掲げようと、家から最寄駅までタクシーを使う私。サイリウム600本と横断幕2枚でキャリーバッグ3個。ガイドヘルパーさんと2人ではこぶも重たい。網膜色素変性症な私デスペア。手引きしてもらうガイドヘルパーさんに荷物持ちもしてもらったあの日。



 タクシーをひろっておじいさん運転手が話しかけてきた。お客さんいつも毎朝バス亭でまってるでしょ?いつも見かけますよ。毎朝タクシーのおじいさんは私を見ていたのね。芸能人はいつもみられていて街中でもみられている。そんな芸能人みたいな気持ちになった。



 そして今日会社帰りに家にむかっていたところ、おじさんにうしろからよびとめられる。ちょっとちょっとおちょととなつかしいお笑い芸人みたいにちょっとを連発して私に声をかける。



 ちがってたらすいません、バス停にいかれるんなら、こっちじゃありませんよ。



 ちょうどバス停に向かう道を左折して路地にはいっていた私に声をかけるおじさん。たしかに私は筆耕すまではバス停までいってそこから家に帰っていた。でも去年の11月30日に引っ越しをしてからこのバス亭はつかわず路地をまがって家に帰っている。そんな4か月も前のことをこのおじさんはおぼえていて、この白杖紳士はきっとバス停にのるはずなのに、道をまちがえて路地にはいいりこんでいるな、声をかけなくちゃと思い私に声をかけてくれた。



 引っ越ししたので私はこっちにいくんです。と言ってもバス停はあっちですというので、ちょっと説明して、お気遣いありがとうございますとお礼をいってから分かれた私とおじさん。



 行きかう人に無関心なのがふつうだけど、白杖をもっていてよぼおよぼ歩いている人は今をときめくアイドル宮本佳林みたいに道をあるいていても目が離せないだな。気になる人なんだな白杖紳士は





 こういった気づかなかった親切、気づかなかった気遣いってのに気づいた一日だった。



p.s.

親切といえば、白杖を道のはしのグレーチングや壁にあてながらあるいていると、そっちは壁壁といって私のうでをむんずとつかみ、道路の真ん中に移動させ、ここをますぐいきやー、ここが道路の真ん中だからな、といってたちさるおっさん。とってもとってもとってもまた壁つたいにあるlきたいのだけど、そのおっさんの気配がなくなるまでよぼよぼと道の真ん中をあるく私。おせっかいでもあるけど、これも新設であって、ありがたいね。このおっさんには宮本佳林を
私が好きなぐらい、それと同じく道路の溝やグレーチングや壁がすきってことをどうやったらわかってもらえるのかな(笑)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

スクリーンリーダーJAWSは2台のパソコンでも使ってもいい。

2014-03-27 21:23:41 | 網膜色素変性症と私
 家でも会社でもパソコンは必須。考えてみれば1日24時間の半分12時間はパソコンの前にすわっている私。網膜色素変性症な私にとっては、パソコン画面は目でみるんじゃなくて、耳で聞く。

 画面読み上げソフト(スクリーンリーダー)のソフトが必須。家でも会社でもおもにつかってるのが高知システム開発のPC-Talker7というソフト。このPCトーカーはとっても動作が軽くて読み上げもスムーズ。それに家のパソコンにインストールしても、同じソフトを会社のパソコンにもインストールしていい。ふつうPCアプリケーションはパソコン1台ごとにソフトをかわないといけないけど、PCトーカーは視覚障害者1人が使うのであれば複数のパソコンにもインストールしてもいい。これは高知しっすてむ開発に電話してきいたのでたしか。

 スクリーンリーダーとしてPC-Talkerのとは別にJAWSというものも家のパソコンに入れている。ただめったに使わない。今度会社のシステムがかわっていろいろとIT化されるのでメールや休日神聖とかもウェブ上で処理しなければならないので、PCトーカーだと読まない部分や、操作がまどろこしいところがあるので、そこでJAWSを使ってみよう。会社のパソコンにもJAWSをインストールしようと思って。まずは家のパソコンからJAWSをアンインストールしようとJAWSの日本語版をつくっているエキストラという会社に電話で問い合わせ。

 すると、なんと2台のパソコンにインストールしてもいいですよ、同時につかわないければ複数台のパソコンにインストールしてもいいですよとのこと。JAWSをインストールするにはアクティベーションCDというもので登録設定をしないといけないので、アクティベーションをしてしまったらもう別のパソコンではこのJAWSソフトは使えないとと思い込んでいた私。複数台にインストールできるのね。

 PCトーカーは5万円ぐらいだけどJAWSは15万円するので、JAWSが複数台にインストールできるのはありがたい。これで会社でも同僚にたよらず、メール送信や休暇神聖ができるな。

 これからちょっとずつJAWSも勉強していこうと思う。JAWSにはスクリプトという簡単なプログラミングで操作を簡単にできるらしいので勉強してみようかな。

p.s.
今日の夜9時30分からのJuice=Juiceのラジオ番組で何かが発表されるとのことだがなんだろう。ツアーの日程がきまったのかな。それとも2期メンバー募集なのかな?。可能性の高いのは番組が来月から30分番組になるってことかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加