獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

二人目の全盲弁護士の大胡田誠弁護士著「全盲の僕が弁護士になった理由」

2012-07-28 22:32:38 | 司法試験と私
 いままで全盲で司法試験に合格した人は2人いる。ひとりは竹下弁護士、そしてもうひとりが大胡田誠弁護士。

 私と同年代で同時期に司法試験を目指していて大胡田さんは見事合格し(ロースクールに転向し)、今や立派な弁護士で視覚障害のある女性と結婚して、子供もうまれたとのこと。彼は受験時代に伊藤塾で講義をうけていたとのこと。伊藤塾も彼に配慮してテキストを紙ではなくテキストデータであたえていたとのこと。たしかにまだ私が受験生だったころ伊藤塾のパンフレットかなにかにのってたな。

 網膜色素変性症な私デスペア。もう司法試験をうけなくなって4年がたつ。いま人の顔が認識できなくなり紙の文書の文字がよめなくなった私。情報処理能力が格段におちたことを実感する。会社の仕事のスピードも落ちる一方。

 そんな私の目の状態よりももっと悪い大胡田さんが司法試験受験し合格。おそらく健常者の勉強時間の何倍もの時間をようしたことだろう。よく途中で気持ちがんなえなかったなと思う。

 いつかこの本が音声化されたら聞いてみようと思う。

 でも本を読んだところで10年前の司法試験を受験していたころの私にはもどれない。他人の合格体験記を読んでよしやるぞっ!と思える人がうらやましい。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Berryz工房の新曲c/w「loving you Too much」がいいね。

2012-07-27 23:35:59 | モーニング娘。と私
 学生は夏休みにはいったようで、学生が多いハロメンも学校にいかなくていいからか、最近急きょイベントが決まってくる。特に東京はイベントがおおいね。

 Berryz工房が先日発売した新曲「cha cha SING」の販促イベがいろいろ決定している。個別握手会はもちろんのこと、じっくりおしゃべり会と銘打ってCDを買ってイベント券がはいっていたら10秒間ひとりのめんばーと座っておしゃべりができるというイベントもやるよう。

 網膜色素変性症な私デスペア。視野狭窄と視力低下が進行してもう対面した相手の顔が認識できなくなっているので握手会にはあまり価値をみいだせないが、一般人にとっては楽しいイベントなんだろうな。

 そのベリの新曲のカップリング「Loving you Too much」がなかなかいい。chachaSINGはお祭りソングで盛り上がる曲だが胸キュン要素が皆無、その点カップリングのLoving you Too muchは爽快なメロディーなんだけどサビにかけてのLoving you~のところがなぜかすこしセンチメンタルで胸キュンメロディー。

 この胸キュンメロディーはメジャーからマイナーへ転調することでそう感じさせているのだと思う。それがいい。℃-uteの超WONDERFULや世界一HAPPYな女の子に通じるものがある。

 Loving you Too muchを聞いていると、20年ほど前いったバリ島が思い出される。海沿いのホテルのプールサイドでリクライニングのチェアーに横たわり、あたりはもう夕闇、プールサイドのレストランがテーブルや椅子をだしてセッティング、そのレストランから流れるラジオBGM。あぁあと何日かで日本に戻らないといけないんだなぁ、だけど日本も恋しいなぁ。そんあセンチな感情な私。この時の私にピッタリの曲がLoving you Too much。楽しいのだけどなんかさみしい。さみしいのだけどなんか楽しみ。そんな気持ちを思い出させてくれる一曲。

 デスペア的2012年ハロプロ楽曲大賞候補曲だね。

p.s.
今度のゲキハロはキャッツアイ。茉麻が三姉妹の長女役。衣装はレオタードじゃないけどへそだし、ふとももだしの衣装。茉麻も久しぶりにおなか全開。そうかこのために茉麻はダイエットしてたんだね。
 記者発表の動画みたけど、舞美が横にいても見劣りはしなかったので一安心。ただ茉麻は意識しておなかをひっこめていたな(笑)。まぁそこがいじらしくていいんだけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Berryz工房の新曲「cha cha SING」(チャチャシング) が今日発売された。

2012-07-25 20:06:07 | モーニング娘。と私
 先日のハロコンで披露された新曲の中で一番の私のお気に入りはDIYの「forest for rest フォレフォレ」。あのモデルさんのようなスタイルのメンバーを集めて、ちょっとけだるさおうにおどるフォレフォレ。サビのフォレフォレの連呼もやみつきになる。

 その次にお気に入りがBerryz工房の「cha cha SING」。コンサートではじめてフルで聞いた私。フルで聞いてはじめて最後のほうの間奏に梨沙子の「いくよ!」の掛け声のあとに、コール&レスポンス(1年中~、100年祭?)。そして桃子のワンツースリーの掛け声。この部分があってこそこの曲は盛り上がる。ただ単にチャチャチャタyの連呼だけではつまらないと思っていた私。この曲はフルで聞いて居、そしてコンサートで聞いて、そして両手を広げて首をかくかくさせるダンスをしてこそだな。

 網膜色素変性症な私の目では残念ながら、MVでもコンサート現場でもそのダンスを視認することができなかったのが残念。その代りおもいっきりレスポンスをしようと思う。

 p.s.
この曲はタイの人気男性歌手が歌っているのをBerryz工房がカバーしたものとのこと。原曲もきいてみたいな。よその国~。。

 p.s.2
このシングルのカップリングの「too much love me」(だったかな?)もいいね。間奏部分になぜか盆踊りのメロが流れる。このカップリングもタイのカバー曲。

 


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハロコンwkwk夏のFAN祭り初日昼夜@オリックス劇場 に行った。

2012-07-22 22:55:43 | コンサート舞台
 ハロプロ川柳「まあさのサイドステップ」が読まれた。

 昨日に引き続きオリックス劇場へ。昨日はガイドヘルパーさんと一緒だったが今日は一人。、昼公演、夜公演見て帰るときはもむまっくら。昼公演終わり夜公演まで時間があったのでオリックス劇場から本町駅13番出口までのルート確認。なんなくたどりつけたのだが、夜公演おわり帰ろうとおもったら、一本筋をまちがえて迷う迷う。

 網膜色素変性症な私デスペア。視野狭窄と視力低下が進行している私の目。昼は視野狭窄とだけだが、夜はそれにくわえて夜盲のため歩道と車道の区別がつかない。夜公演おわり会場をでて歩道をあるき会場の右側に出た私。どうやらそこからハロメンが車にのりこんで新大阪駅までいくようで、女性スタッフの誘導する声が聞こえた。そこらへんを白杖を持ったヲタがうろうろしていた送迎車にひかれかねないのでいそいでそこを立ち去る。急いだせいか曲がる角を間違えて自分がいまどこにいるのかわからなくなった。

 道行く人に3人ぐらい道を聞いて御堂筋を目指す私。声をかけた一人は外国人だったらしく「私は日本じゃないのでよくわかりませんほかの人にきいてください」と片言だけど、文法がばっちしの外国人だった。なんとか御堂筋まででてそこから御堂会館のわきを通り、13番出入り口へたどりついた。ホームで時間を確認すると20時46分だった。25分ぐらいの道のりが倍近くかかったが、もっと迷っているとおもっていがそれほど時間はたってなかった。

 この会場は駅から距離があるのでこれからは昼公演だけにするか、ガイドヘルパーさんとくるかしないといけないな。その点NHK大阪ホールは地下鉄の出口すぐなので便利だね。

 デスペア的wkwkコン見るポイント。(メモ書き)

1、ハロプロ川柳が読まれた。
昨日の公演では私が投稿したハロプロ川柳がよまれなかったので、今日も読まれないだろうなと期待していなかった私。昼公演のハロプロ川柳のコーナーで光井が3番目に読み上げたペンネームが「まあさのサイドステップ」。

 うんっ?聞いたことのあるペンネームだとおもったら私のペンネームだった。このペンネームは私のベリコン参戦2回目の2006年のにょきにょきコン@中野の1階席上手席で見た茉麻のダンス(サイドステップダンス)に目が釘付けになったことに由来する。この時から私は茉麻が気になりはじめた茉麻記念日。

 光井に読み上げられた川柳は「オリックス 昔はイチロー 今はハロー」というもの。オリックス劇場でこれからもハローのコンサートがたくさん見たいという願望をこめた川柳。客席は川柳の解説を光井が読み上げてはじめてこの川柳の意味が分かったようではぁーーんという納得の声が上がっていたので投稿者としては一安心。

 川柳が読まれたうれしさと、それにもまして私のペンネームが読まれたうれしさ、2006年のにょきんよきコンを思い出したセンチメンタル、その後20分にもわたるメドレーの1曲に友情純情oh青春がありこの曲はたしか2006年のにょきにょきコンで茉麻がサイドステップダンスをしていた曲だったので、感極まってこの曲以降涙が両目から5筋ぐらいでた。鼻水もでたのでラスト2曲のところでズボンのポケットからタオルハンカチをだして鼻水をぬぐった。

2、茉麻がやせた!?
 昨日の公演のあと狼では茉麻がやせて大復活スレがたっていたので、その先入観もあったためか、網膜色素変性症な私の目でも茉麻の顔がやせて見えた。

 ニューシングルの「cha cha SING」で茉麻のソロパートは数か所しかないのだが、その時大画面で映し出された茉麻を見ても一瞬茉麻とわからなかった。私の視力低下のせいだろうが、茉麻が清水佐紀に見えた。

 今日の茉麻の髪型は前髪をつくらずにロングヘアーをたらしているのではなく、前髪をつくっていた。右おでこ眉上まで前髪でかくれていた。昔清水佐紀がこんな髪型をしていたので、てkkりキャプテンだと思った。顔も小さくめいたのでキャプテンと見間違え、それが茉麻だった。

 茉麻やせたな。写真集はないだろうから、たぶん映画かドラマ出演が決まったのではないかな。2010年冬公開の須藤茉麻初主演映画「ライトノベルの楽しい書き方」の撮影は2009年で、たしか2009年のハロコン@横アリでとってもやせた茉麻が夏焼に見えたことがあったが、それ以来の茉麻のダイエット。

 私はやせている茉麻もちょっとふくよかな茉麻もどちらも茉麻で好きだが、茉麻がやせるとなぜか一時的に茉麻の人気があがるのでうれしい。


3、嗣永桃子と道重さゆみのトーク力がすごい
 ベリでは茉麻、℃-uteでは中島がライブのクイズコーナーなどで司会進行をすることがあり、彼女たちはなかなか安定感があるなというのが一般的な評価。

 ただ今日、ももちこと嗣永桃子と道重さゆみの司会進行を見て。この2人はレベルがちがうとおもった。さすがテレビのバラエティ番組で鍛えているだけのことはある。
 
 桃子は今回前回のハロコンでさわやか五郎がやっていたような、マイクをもってひなだんにいき、メンバーから話をきくコーナーがある。工藤、佐藤、熊井ちゃんなどにマイクを向ける桃子。話の引き出しかたそしてオチのつけかたがうまい。相手から裏話(工藤がキャプテンとメール交換をした、まーちゃんは今日めざましで起きれたやったーー)を引き出すだけでなく、自分のキャラも引き立てていた。ベリメンバーと連絡先を交換したというくどぅに対してももちとは交換したくないの?ときいたり、熊井ちゃんがうまく答えられなかったときはあとで楽屋で聞いときマースとうまいこと話をきりあげたりしていた。さすがももちだね。
 
 道重は9102期の中から2人に10ぐらいの質問をするコーナー。ただ単に答えを聞くだけでなく、その答えにひとことコメントをつけたりしていた。ちょっとはずかしい答えのときタケちゃんはなぜか自分の鼻を片手でつまんでいて、道重がなぜ鼻をつまんでるの?タケちゃん「はずかしいから鼻をつまんでるんです」。なんかこのやりとりがおもしろかった。

 道重にしろ桃子にしろ、まことや吉澤や光井がおなじようにメンバーに話をきいてもここまで広がらないし、ここまで自分のキャラをだせないだろう。この2人はトークでは別格だな。

4、その他
・出だしが許してにゃん体操の衝撃
・私がおばさん、若い子がすきだからの歌詞、ヲタ苦笑いだな。
・真野ちゃん今度須藤さんともごはん食べにいく約束している
・研修生が6人に増えた。がんばりっちゃーーんと叫ぶ
・DIYがKARAのようモデル。スタイルがいいメンバーを選抜してるのね。赤い短パンに上は城のタイトなニットTシャツのよう。生足を片足後ろの蹴り上げるダンス。ちょっとアンニュイなけだるいだんすで色っぽい。目のほうで見たいダンス。歌は合成加工声でだれがだれだかわからない。わかるのは雅の声だけ。
・メドレーは宝塚のレビューのよう、同じ、超ワンダ、友情の流れがいい。涙がでた。
・昨日今日昼夜とも満員なのかな。FC一般席で3階4列がきた私。
・吉川友の歌がフルサイズになっていたktkrのときよりも倍以上の曲のながさだった。画面のきっかCGが目をぱちくりさせるところがきっかよりかわいい。
・つん倶楽部がおもしろい。昼はメンバーのものまね。愛理がいいくぼさん、譜久村聖が桃子のダンバコ(小指とおしりプリッ)、夜はベリキューに対してキャプテンとリーダーについて、雅と梨沙子はちゃんとせいとつんくに注意される。
・もうステージ上の誰が誰だかわからない。ダンスのふりもわからんくなっている私の目。記憶がたより。
・ハロプロコンサート史上最長20分ものメドレーがktkrwkwkともにある。このメドレーにひきこまれていく私。2次官のコンサートがあっというまに感じる。


 一日たって、DIYのフォレフォレのサビのフォレフォレ~フォレフォレーが頭の中でリピートされる。早く音源を聞いてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロコンktkr夏のFAN祭り初日昼@オリックス劇場 に行った。

2012-07-21 21:59:07 | コンサート舞台
 15周年記念ハロコンktkr夏のFAN祭り初日昼@オリックス劇場に行った。~雨女真野恵里菜が卒業発表~

 12時30分に家を出て大阪市内のオリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)に向かおうとする私デスペア。網膜色素変性症な私デスペア。視野教s買うと視力低下が進行している私の目。はじめていく会場は不安なのでガイドヘルパーさんに手引きしてもらうため最寄駅で待ち合わせ。

 ただ家をでる直線になぜか私の住んでいる大阪北部はどしゃぶりと雷。15分様子を見てもやむ気配がなかったので待ち合わせ時間におくれては申し訳ないと強行出発。バス停まで数百メートルなのでが、右手に白杖、左手に傘、背中の意ももちリュックの私。白杖をもってる右手、右肩、右足が傘からでていてびしょ濡れ。バス停に向かうまでにびしょぬれ。ズボンのすそをつたってズボンの飴がスニーカーまで浸水してスニーカーもびしょ濡れ。これはあかんということでバス停までの道すがら途中折り返して家に戻る。もどって、着替えの靴下とズボンをリュックにいれて再出発。

 雨はいっこうにやむ気配もなかったが、ひとりスレではオリックス劇場付近は晴れているという書き込みをたよりになんとかバス停までたどり着き、止まっていたバスにスムーズに乗れた。

 電車に乗りオリックス劇場の最寄駅本町駅をでると、外は雨はふっていなかった。私の住んでいる大阪北部と大阪市内は20kmぐらいしかはなれていないのにこんなに天気の差があるのね。なんかおかしな天気だった。

 オリックス劇場についたら、入口とかロビーとかは旧大阪厚生と同じだった。立て直したというよりリニューアルしただけ。会場にはいったら開演15分前ぐらいで、愛は勝つがながれてた。今回のハロコンは開演前に未公開映像が流れるとのことだったが、どうやらもっと早い時間にながれていたようだった。30分前に客席についていないと見れない。

 デスペア的ktkr見るポイント。

1、真野恵里菜ハロプロ卒業発表
 出だし2曲のあと、オープニングVTR。オープニングVTRではハロプロ研修生という文字がくっきり見えた。というのも黒地に黄色の文字で「ハロプロ研修生」と書いてあったため。前回のハロコンではその文字が見えなかったのでいつ「かりーーーん」と叫べばいいのかわからなかった。今回は叫べたのだが2階ファミリー席だったので躊躇。その後のスマキベモの紹介映像は誰がだれだかわからなかった。ただ真野恵里菜だけはわかった。

 そのVTRおわりステージに全員集合。MCのまことから「ここで真野恵里菜からお知らせがあります」。「大切なお知らせ」ではなく、ただ単なる「お知らせ」ということだったので、真野恵里菜から舞台かなんかの告知だろうと思っていた私。だけど真野恵里菜の口かああの定型文「私真野恵里菜は」「2013年のお正月のハロープロジェクトのコンサートおよび2013年の春ツアーをもってハハロープロジェクトを卒業することになりました」。えっ耳を疑う私。

 ハロのコンサート中では今一番楽しいのが真野コンだと先月の真野コンだと確信した私。今日のハロコンで一番聞きたかったのは真野コンで聞いた「バンザイ~人生はめっちゃワンダホッー」。今一番上向きなのが真野恵里菜だと思っていたのだが・・・。

 卒業後はもっとお芝居に力をいれていきたい(といっていたように記憶する)とのこと。いいように憶測すれば、2013年春のNHKの朝の連ドラヒロインに真野恵里菜決定なんじゃないのと思うのだがどうなのだろう。

 ktkrでは真野恵里菜は2曲歌う。1曲は私が待ち望んでいた「バンザイ」で一番盛り上がった。そしてもう1曲は「Song For The DATE」。この歌の歌詞が私の心に響いてきた。特に大サビというのかサビオチというところ、歌の最後らへんの歌詞がいい。まるで卒業を暗示しているような歌詞。たしかこの曲のMVは意味深で、2人の真野恵里菜が登場して、ひとりの真野がもうひとりの真野にわかれをつげるようなMVだったと伝え聞いている。アイドル歌手から女優への脱却を暗示しているのではとネット界隈。

 しかも今回のハロコンの直前に長い髪をバッサリきってショートになっていた真野英里奈。私のRPの目ではコンサート中は者英里奈が大画面に映っても視野が狭いので目とおでこしか視認できないので、前髪はつくってなくて真ん中あたりで髪をわけている真野恵里菜しか見えなかったが、家に帰ってガイドヘルパーさんに聞くと、真野恵里菜は先月の単独コンのときより髪の毛が短かったと教えてもらってそれで知った私。

 たしか真野恵里菜は2008年17歳のときにインディーズデビューをして2009年メジャーデビュー。そして2013年アイドル卒業ということは丸5年でソロアイドル卒業ということになる。音楽ガッタスのPVでほんのちょっと映っている真野恵里菜がとってもかわいくて狼では「真野ちゃんがすごくかわいい」スレが立ったのはつい最近のようだった。ハロプロではめずらしい万人受けするアイドル顔。おそらく今までのハロプロの中で一番のアイドルルックスだった真野恵里菜。デビューしたてこそ歌が?だったが
最近は安定感がでてきたマノエリ。これだけのルックスと歌唱力とそして負けん気があった真野恵里菜でもソロアイドルの寿命は5年しかもたなかった。

 モベキマスの唯一のソロの「マ」真野恵里菜が卒業ということでハロプロからソロアイドルがいなくなる。これをもってソロ枠があいたのでわれらがハロプロの至宝宮本佳林がソロデビューするんじゃないかとうかれポンチが佳林スレで書き込みしているが、(確かに、つい数日前発売されたハロー!チャンネル9のアンケート記事ではカリンは入りたいユニットは?にソロか新ユニットと答えている、他の研修生のほとんどが11期オーデ中もあるだろうが、モーニング娘とこたえている中で、佳林(とあほの子ななみん)だけがソロと答えている)、おそらく今後ハロプロからソロアイドルは誕生しないと思う。吉川友もハロからソロデビューではなくユニバーサルレコードからのソロデビューであり、いうなればハロプロはソロアイドルから撤退するということ。

 大量双方向情報のネット時代、若者ヲタの握手依存、そしてヲタの高齢化。この3要因のためこれからソロアイドルは生まれないと断言できる。

 だけど、20年前最後のソロアイドルといわれた高橋由美子(?だったかな南君の恋人とかにでてた人)、の後にポケベルCMで広末涼子が本当の最後のソロアイドルといわれ、その宇多田ヒカル、倉木まいの登場でソロアイドルがとだえて、2000年になりわれらがあややこと松浦亜弥の登場。思えばあややが最後のソロアイドルだったのかもしれない。

 今日の大阪北部のゲリラ豪雨は雨女真野恵里菜の卒業を予告していたのかな。


2、宮本佳林がいない・・・・。
 オープニング映像ではかりーんと叫ばなかった私。だけど最後にまことが出演者を紹介するときにハロプロ研修生の時に、かりーーーんと叫んだ私デスペア。スキちゃんスキちゃん◎◎がスキちゃんはじっとこらえていた私。これですっきり。

 ただ家に帰って、ガイドヘルパーさんに聞くと今回の研修生は4人ぐらいしかいなかったとのこと、一人スレでは金子、高木、田辺、大塚、小数賀の5人がハロプロ研修生選抜とのこと。宮本佳林はいなかったとのこと。

 カリンがいないステージにむかってかりーーーんと叫ぶ痛いヲタな私。だけど私の心の中にはいつも宮本佳林がいます。よって問題なし!。

 先月の真野コンバックダンサーも金子、高木、田辺、大塚だったし、この4人がいま一番事務所からおされているね。なんらかの形で研修生がデビューするとしたらこの4人が一番近いだろう。

3、その他q
・スキちゃんの名前コールのとき大画面にアップで映し出されたメンバーの名前を呼べばいい。それにその大画面の両枠に縦長の画面がありそこにメンバーの名前(愛称)が表示されるので、名前の順序をあらかじめ覚えていく必要はない。名前が表示されることは帰りの電車の中でガイドヘルパーさんにおしえてもらった。

・梨沙子の髪の毛がかるくてお人形さん、あるいは宝塚のおとめやくの音羽ゆり(まり)のようだった。

・ラストの曲がスマイレージのタチアガールでめいめいがソロパートをうたっていた。すまいるブルースでは田村芽実と福田花音が2人だけでうたってるし、ほかのスマ曲でもめいめいがたくさんのパートをもらっていてびっくり(ただめいめいの声がタケちゃんのこえとにている。正確に言うとタケちゃんの声がめいめい化しているので区別がつかなかったのかもしれない)

・客席に女性が3割ぐらいたとのこと(ガイドヘルパーさん情報)、ただ今回から1階席に女性専用席というのがつくられていたのでそれを見ての3割かもしれない。

・光井はコーナーMCでMCの一部だけ登場。曲の間に、まことと登場し、告知(舞美、キャプ、ももこのリーガロイヤル大阪でのディナーショーの告知など、ディナーショー予約芳しくないんだね)。MCといえば岡井MCがよかった。

・途中5分ぐらいつんくがメンバーと座談会映像がながれる「つん倶楽部」との私はてっきり「つんくラブ」かとおもっていたがガイドヘルパーさんに確認したらクラブとのこと。昼公演は、生田、ズッキ、福田、夏焼とつんくでファッションについて、ズッキはやすい服を買う、夏焼はつんくに言わせれば雅どこめざしてんの?という服装をすることがある。福田いわくめいめいは300円とかの服を群馬でかってる。それをうけてつんくがズッキに「おまえも群馬にいけ!5000円やるから服かってこい!」とのこと。なかなかおもしろかった。回替わりとのことなので、ハロプロ研修生バージョンそしてつんくから新ユニット発表を期待したい。

・鞘師里保と和田彩花のピーベリーのキャベツ白書はべりの蝉をもっとチープにした感じ。サヤシの身長がのびていて、あやちょとちょっとしか慎重さがなかった。

・2階席ウィング席上手だったが、ステージがだれがだれだかわからない。うしろむきの黒髪が見えたがそれが茉麻だとおもっていたが、道重の可能性もあり。識別できない。私の目ではひな壇があったこともわからない。帰りの電車でガイドヘルパーさんにおしえてっもらってひな壇の存在をしる。

・ベリの新曲「cha cha SING」は途中、コールあんどレスポンスのところがあり客対応していた。ラジオ音源ではショートなのでこの部分聞いたことがなかった私。もう1曲のほうも、途中ラップや日本の盆踊りのようところがあってびっくりした。私はこっちのほうがチャチャより好きかも。

・スキちゃんから世界一HAPPYな女の子の流れは最高だね。涙が出そうになった。

・初日初見で2時間のコンサートがあっという間だった。ただ吉川友の歌がテレビサイズぐらいしかなくものたりなかった。


ぜひ下の真野恵里菜の最新曲「Song for the DATE」聞いてみてね。歌詞をかみしめて聞いてね。マノエリからマノフレへの感謝ソングでありおわかれソングでもある。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加