獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

NHK紅白歌合戦は今年も見ない。

2011-11-30 21:48:06 | モーニング娘。と私
 消費者としては企業に抗議する手段として不買運動ってものがあるが、私デスペアは今年も3年連続でNHK紅白はみません!。

 網膜色素変性症な私デスペア。視覚障害者なのでNHKの受信料が半額(?だったような)なのだが、その受信料はしっかり年払いのクレジットカード払い。

 受信料払わない運動はできないので、せめて見ない運動をする。なぜならモーニング娘。Berryz工房、℃-ute、真野恵里菜、スマイレージ、ハロプロ・エッグをようするハロプロから誰一人選ばなかったNHKへの抗議のため。

 うーーん来年ハロプロが紅白にでるためにはどうすればいいのか・・・わからない。

 今日も目がとってもつかれたのもう寝る。カリーナノッテ(宮本佳林)を聞きながら寝る。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

大きな電卓の表示が読み取れなくなった

2011-11-28 21:42:57 | 網膜色素変性症と私
 休みあけの月曜日。目の調子が悪い。網膜色素変性症な私スペア。視野狭窄と視力低下が進行している私の目。今日は会社のなれているはずの部屋でロッカーや入口にぶつかったりした。

 仕事でつかっている大きな電卓の表示部分の数字が見えにくくなっている。

 食事のとき弁当の中になにがはいっているかわからなくなった。A定食でおぼんの上のさらにどんな料理がのっているのかわからなくなった。(時間をかけて懐中電灯どてらして縮小レンズを駆使したら判別できるのだろうけど、それは日常生活では時間がかかりすぎて実用的じゃない)

 うーんここ1年の目の悪化のスピードは速いね。2011年は白杖を使って通勤をはじめたし、夜帰宅するとき今強力懐中電灯を使わずに白杖だけで帰宅するようになった。会社でのフロア移動でも白杖をつかうようになった。正面に座っている人の顔を認識できなくなった(どんな表情名なのかはわからない)

 いまやるべきことをやっておこう。

 まずは3万円分の年末ジャンボを買ってみた私であった(笑)

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ハロプロ楽曲大賞2011 の個人的選考会(Berryz工房編)

2011-11-27 16:29:35 | モーニング娘。と私
 土曜日曜外にでなかあったのでひげものびっぱなし、今日は0730に一度起きて2度寝。結局1230まで寝ていた私デスペア。やっぱり早起きして会社行って一度テンションをあげて、その後家に帰ってたまりにたまったハロプロDVDを見るべきだな。

 さて、今回はハロプロ楽曲大賞2011(ハロプロファンが2011年にリリースされたハロプロ楽曲のうちからナンバーワンを決めるファンの企画)の個人的選考会第2弾、Berryz工房編。

 「ハロプロ楽曲大賞2011」のHPはこちら
投票開始は12/1~

デスペア的ハロプロ楽曲大賞2011 erryz工房編
1、1位 一丁目ロック!
アルバム「7Berryzタイムズスの1曲。春のベリツアーで初披露。ラストあたりでこの曲が流れる。ステージ上のメンバーは客席におしりを向けてなぜかおしりぺんぺんの振りつけ。
 この曲はCDで聞いたときはまぁいい曲だなぐらいだったのだが、コンサートで聞いたときにその評価は大きく上方修正された。コンサート終盤の盛り上がりとこの曲のメロと歌詞がぴったり。実にもりあがる。

 夏焼がコンサートMCで「この曲のときのみなさんの盛り上がりがすごい!」というぐらい。たしかに私もこの曲のときはステージ上は見ないでこぶしを激しく上下させて、ヘッドバンギング。そして私はなぜだか涙がでる。それはこの曲の歌詞が「一丁目をぬけて大通りに出て三丁目のあの人のもとへ告白しちゃおう!」という少女の決意表明の歌であるからだとおもう。もう夢とか目標がなくなってしまた私にとってこの歌の主人公が実に輝いて見える。そして涙がでる。

 ライブでの盛り上がり鉄板ソングとして、その後の夏ハロコン、ベリキュー合同コンでもこの曲は連続してセットリストに入っている。スマイレージの「スキちゃん」と同じく歌詞もよくメロもリズムもいい。ベリの代表曲になったね。

 今年のベリシングル曲はつんくいわく大人セクシー路線ということでヒロインになろうか、愛の弾丸、ああ夜が明けるとちょっと私がもとめているものとちがっていたが残念だったが、一丁目ロックがあってよかった。

2、2位 ヒーロー現る!
 ヒロインになろうかのカップリング曲。大人セクシー路線の曲がおおかった中でこういう元気な、男子をはげます曲はいいね。ただ一丁目ロックとくらべるとその盛り上がりとちょっとしたした切なさがない点で、一丁目ロックのダウングレード版という感じがする。

3、3位 かっちょ良い歌
 今年はベリの曲が不作なので、モベキマスブスに名ならない哲学のカップリングの「かっちょ良い歌(Berryz工房)」を入れておく。モベキマスのすべてのユニットがこの曲はうたっているのだが、ベリの曲として選考した。

 これも盛り上がる曲なのだが、やっぱり切なさ具合がたりないため一丁目ロックよりも劣る。やっぱり盛り上がるなかにもなぜか胸がキュンとするもしくはセンチメンタルになるような部分がないと私は物足りない。たとえばセンチメンタルといえばスキちゃんの歌詞「フードコートで寄り道ね 隣どうし座り 足ぶらぶらさせて ねぇそんな顔をみないでよ」この「足ぶらぶらさせて」の歌詞はすばらしいね。恋する少女の幼さと恋する気持ちの高鳴り高揚感がよくでている実にセンチメンタル。

 そういうセンチメンタルがこの曲にはないのが残念。 

4、4位 単純すぎなの私… 
 ベリキュー「甘酸っぱい春にサクラ咲く」のBerryz工房のカップリング曲、℃-uteのカップリング曲「嫌いで嫌いで嫌い」があまりも駄曲なので対照的にこの曲がクローズアップされる。

 サビの「君が好きで 君になりたいぐらい 君が好きで」の歌詞は新鮮だった。好きな対象と自分が同化してしまったらおそらく「好き」という感情も消えていまうと思う私。よって君になりたいぐらい好きという表現は理解できないが。なんかいいね。そういう好きのレベルもあるかもねと思った。

5、5位 BOMB BONM JUMP
 一応5位まだ選ぼうとしたらこの曲かな、ライブでの雅の「ボンボンボボボーーン」がなぜかいい。


 さぁ今年のハロプロ楽曲大賞2011はどの曲が選ばられるのかな、大阪市長選よりも興味がある。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

須藤茉麻2ショットの履歴

2011-11-26 17:47:37 | モーニング娘。と私
 デスペア的メモとして過去4回の須藤茉麻(Berryz工房)との3000ポイントの2ショット&握手&直筆サイン色紙を記録しておく。サイン色紙には遠し番号が印字されているのでその番号も記録しておく。

デスペア的須藤茉麻との2ショット履歴(計4回)
1、2009/08/02 ハロコン@大阪厚生年金会館 サイン番号890719
2、2010/05/30 ベリ雄叫びコン@なんばハッチ サイン番号890743
3、2010/12/19 ベリ高フェスコン@名古屋市公会堂 サイン番号890776
4、2011/11/20 ベリキューコン@中京 サイン番号890797

 サイン番号は遠し番号で8907**が茉麻の数字で下2ケタが01からはじまって現時点では私が一番最近の2ショット撮影者なので97。ここ3年で茉麻と2ショット撮影(3000ポイント)した人は計97人ってことになる。

 ちなみにほかの人気メンバー愛理や桃子は一度99になりまた01にもだったとかいう話を1年前に狼のエグゼスレで見た記憶がある。人気比べると茉麻はやっと3年で100人か・・・。その97人のなかで私が1人で4回撮影しているし、おそらく私のような茉麻ヲタもおおいだろうな。

 人気がないといわれている徳永千奈美や萩原舞のサイン色紙遠し番号がいまどのあたりなのかとても気になる。

 桃子や佐紀ちゃんとも一度は2ショットとりたいのだけど、もし私が茉麻で申し込まなかったら茉麻の撮影者ゼロだったらどうしようと思うのでなかなか茉麻から離れられない私デスペアであった。


 p.s
 茉麻の2ショット申込者がすくないすくないといっているけど、私は過去2度ほど茉麻2ショット申し込んで落選してます。うーーんなぞだ。

 p.s
暇だったのでハロプロソート+α(エッグやアップアップも含む)をやってみた。私の推し順位は
1位 須藤茉麻
2位 宮本佳林
3位 岡井千聖
4位 田辺奈菜美
5位 金子りえ
6位 清水佐紀
7位 嗣永桃子
でした。
今日は佐紀ちゃんのディナーショーが大阪であったみたい2ショットもあったのか?いっときゃよかった・・・。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロプロ楽曲大賞2011 の個人的選考会(モーニング娘。編)

2011-11-25 23:55:09 | モーニング娘。と私
 12月1日から投票がスタート(ハロプロファンなら誰でも投票できます)する「ハロプロ楽曲大賞2011」今年で10回目のこの企画。先日のブログでハロプロ楽曲大賞の過去を振り返った私デスペア。

 今回から各ユニットのデスペア的選考曲を発表していきます。網膜色素変性症な私デスペア。視野狭窄と視力低下がどんどん進行している私の目。楽曲のよさは、ダンスや衣装やPVやライブでの映え方など総合的なものであるべきだが、私の目は人の数パーセントの情報量しか獲得できないので、どうしても歌そのもの、歌い方や歌詞やメロの心地よさが中心になってくる。

 ただ、私は年間70公演ぐらいライブにも行っているので曲そのもののよさに加えてライブでの盛り上がりも大きな選考要素になる。

 今日はモベキマスのモのモーニング娘。の2011年にリリースされた楽曲のうちの私のベストを発表したい。

デスペア的ハロプロ楽曲大賞2011 モーニング娘。編

1、1位 乙女のタイミング
 10月に発売されたアルバム「12、スマート」のうちの1曲。まだリリースしてまもないのに私のiPod再生回数はとびぬけている。

 つんくの楽曲コメントで生田とのエピソードを語っている。つんくが生田に長い髪をショートにするように提案したところ、生田はすぐに了承し、そのうえで、パパに携帯ですぐに連絡。「パパ 私髪切るからね」「うんじゃね」とパパに簡単な報告。その光景を見てつんくは「この子は大事に育てられてきたのだなと思った」とのこと。

 その生田と生田パパの関係性とこの曲が実にマッチしている。曲では幸せな家族の風景と恋する乙女の風景がシンクロして語られているが、少女が恋をし、家族以外にも大切なものができたときのあの気恥ずかしさとか申し訳なさがよく伝わってくる。

大好きなパパ、ずっと大好きなパパ。そんなパパが大好きな主人公も恋をし付き合っている彼がいる。家族がいるリビングでは彼との電話はしたくない。家族が嫌いなわけじゃないけど・・。

 大好きなんだけど大好きだからこそ、パパには素直に話せられないと語る少女。家族っていいね。この曲は父親目線で聞くと涙がでてくる。実に胸がキュンとなる。特に私のように家族ももたない、将来子供ももたない(もてない?)私にとってはこの曲は、現実には決して味わい感じることのない「父親の気持ち」ってのを感じさせてくれる。涙がでてくる。実に名曲。2009年のガーディアン4の「いつかどこかで」に通じるものがある。

 2番の生田の「ずぅーと好きだった」と「すぅーなおに話せられないな」の「すぅ」の発音が実にいい。甘ったるい幼い声でパパ大好きな少女をよく表している。この生田の歌唱法が実にいい。どちらかというとAK○ヲタクがたまたまアイドル(しかもモーニング娘)になった生田にはあまり好印象は持っていなかった私デスペアだが、この部分の歌唱に関しては生田はすばらしい。

 歌詞といい、メロといい、情景描写といい、娘。の楽曲の中でダントツ1位ががこの「乙女のタイミング」 

 ぜひ聞いてみてね。特に結婚をあきらめ子供をもつことをあきらめた独身男性におすすめです。

2、2位 ブラボー!
 「12、スマート」の前の11thアルバム「Fantasy壱壱」の収録曲。振り替えれば娘。は今年(2010/12~2011/11)2枚のアルバムを発表してるんだね。過去の楽曲大賞曲はリリースした曲がすくないユニットの楽曲が選ばれているので、今年娘はおそらく楽曲大賞はとれないだろうな。

 最近というかここ数年、娘。のCDは買わなくなっている私デスペア。この曲もたしかハロコンか娘ツアーの現場ではじめて聞いた曲。はじめて聞いた曲、この曲はいつまでつづくのだろう、曲がおわらないような錯覚を覚えた。ブラボーの歌詞とメロの繰り返しが何度もつづく、単調のようにおもうのだが全然そうじゃない。

 ライブでこの曲をきくと、ライブでの多幸感というか溢幸感がいつまでも続くような錯覚におちいる。サビの颯爽感というか駆け抜けていく感のエンドレス感がすばらしい。

 ライブで映える曲だな。

3、3位 まじですかスカ!
 9期が加入後初のCD、今年一番ハロプロらしい曲。曲タイトルがコンサート会場を超満員にできなくなってきていて規模も小さくなっているハロの現状を自虐ネタにしているようなあそぼ心もあり、PVでのわけのわからないセット(まじですかスカの文字のセット)にも驚かされた。

 この曲も家族との幸せと彼とこれから気づきたい幸せな家族がテーマ。それをよくあらわしているのが2番の歌詞。「きっと私もママみたいな家族を持って、 っで、こういうのよ 「幸せ!」」

 この歌詞がすべてだな。夏のハロコンでハロメン全員でこの曲をうたっていたのだが、ステージ下手の茉麻をみながらこの「ママみたいな・・」の歌詞を聞いていたのだが、涙が出てきた。

 茉麻もいつかは幸せな家族をもつんだな。それは遠くない未来なんだなと実感しての涙。花嫁の父親の嫁いでほしいけど家にもいてほしいというアンビバレントな気持ちを疑似体験しての涙。

 譜久村聖の2番のソロパート「あなたをしりたーーい」の「たーーい」のちょっと鼻にかかった声もいい。

4、4位 この地球の平和を本気で願ってるんだよ!
 高橋愛ラストシングル。はじめてこの曲を聴いたときは、2つの全くタイプのことなる曲を無理やりくっつけたような違和感を感じた私。サビへのもっていきかたがいきなりすぎるというか突拍子もない感じ。

 ただその変な感じも基本書を何度も読み込んでいくように何度も聞きこんでいくとそれが普通に感じる。

 ライブでは、サビで右手を上下に振り下ろしながら右左右左に手をあげる振り真似をするととても楽しい。あとビート武の「じょーだんじゃねーよ」のように手を前につきだし、首でリズムをとる振りも振り真似をするととても楽しい。

5、5位 やめてよ! シンドバッド
 つんくらしい意味不明な曲タイトルと歌詞。歌詞にとくにメッセージ性や物語性はない。うすっぺらな曲なんだけど、会社へ向かう通勤バスの中でよく聞いたのがこの曲。朝聞くと仕事頑張ろうとおもえた曲。

 

 さぁこの娘の楽曲の中からデスペア的楽曲大賞2011の大賞曲は選ばれるのか?お楽しみに。

 「ハロプロ楽曲大賞2011」のHPはこちら
 

 このサイトでは今年リリースされたハロプロ楽曲リストも見れますので参考にしてください
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加