獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

ファンコラ渋谷場所夜公演 行っときゃよかった。

2010-07-31 22:29:43 | モーニング娘。と私
 朝から洗濯してコインランドリーへ。乾燥機の30分の待ち時間で近くのコンビニへ。FRIKAYにスマイレージが掲載されているため。

 近くのコンビニにいくもなし、しかたなくバス停2つ先の別のコンビニへ。そこではまだ3冊あった。

 家に帰り、ニコニコ生放送で13時から後藤真希のイベント生中継を見て、うごく笑顔ごっちんを久しぶりに見た。

 1400から昼寝。2時間ねるつもりが4時間昼寝。

 その後、一人スレでファンコラの渋谷場所夜公演のセットリストを知る。。

 私が聞きたかった、Berryz工房のライバルと娘の恋INGが披露された。がっかり・・・私は渋谷場所は回避で来週の中野場所しかいかないため。渋谷で披露された曲は中野では披露されないからなぁ・・・・。希望は追加公演の中野朝公演が渋谷夜場所と同じセットリストだったらいいのにな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマイレージ新曲「○○がんばらなくてもええねんで」初回盤AふろくDVD

2010-07-30 20:40:31 | モーニング娘。と私
 昨日walkmanにスマイレージのがんばらなくてもええねんでのCD付属DVDをとりこんでみた。

 コンサートでは見ない黒い衣装でのdanceshot ver.の映像がはいっていた。コンサートで見たのとちょっとダンスのふりがちがっていた。

 とくに、ダビの抱き抱き抱き抱き抱きしめてのところで、コンサートではもっと腰をかがめて平泳ぎダンスだった。このフリがこの曲の中では一番好きな私。ただ初回版A付属DVDではそれほど腰をかがめてダンスをしていない・・・。

 Aだけじゃなく、初回版B、Cも買わなくちゃいけないな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学病院へ

2010-07-29 21:15:08 | 網膜色素変性症と私
 今日は朝から弱い雨。めんどくさいのでタクシーで大学病院へ。2080円。網膜色素変性症な私デスペア。治療法はないので病院に行く必要はないのだが、毎年1度は行く。

 0930に病院について、視力、眼圧、網膜断層写真?、眼底写真、網膜の写真、5つの検査をうけて問診。終わったのは1330.

 目的は障害年金の現況届の診断書を書いてもらうことであって、自分の症状の進行はきかず。

 数週間後にまた出来上がった診断書をもらいにいかなくちゃならないんだなぁ。めんどくさい。

 帰りは、瞳孔が開いた状態で視界が白くぼやけているのでしかたなくタクシーで帰った、去年は、瞳孔がひらいていてもバスで帰ったけどね。帰りは3180円もした。タクシーの料金体系がいまいちわからない。

 今日の夜は2000からユーストで毎週配信のスマイレージ新番組「生スマ!ハッシュドポテトはスマイレージ」を見る。最近私もツイッターのアクントをとったので、いくつかつぶやきながら見る。

 すると、私のつぶやきをゆうかりんが読み上げてくれた。テンションがあがった。毎週の楽しみがひとつできた。

 サキチィもハイテンションでとってもおもしろかった。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はぁ気分が滅入る

2010-07-28 19:53:26 | 網膜色素変性症と私
 明日が年に1度の眼科受診。あきらかに去年よりも視力が低下している私デスペア。網膜色素変性症な私。どんどん視野が狭まり、とうとう中心視野の視力が落ちてきた・・・。

 昨日会社からの帰りのバスの中。WALKMANで清水佐紀と夏焼雅「スプリンター」を聞いていたのだが、その曲がぜんぜん私に聞こえない。急に怖くなった、あぁもし目が見えなくなったら、須藤茉麻の美貌ももうみれないんだなぁ・・・・・。小学生のころ死ぬことが無性に怖くなる時があったが、その時の気持ちのような恐怖と不安。

 今日も気分が滅入る。

 明日は夏休み、午前中は病院で午後はラーメンでもたべて、たまったハロプロDVDでもみようかな。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

清水佐紀・須藤茉麻ハロショイベント2回目@ハーバーランド臨時店 に行った。

2010-07-26 22:49:44 | コンサート舞台
 ~茉麻との遭遇2010夏~

 今回からモール店でA4サイズの写真を買っても、ハロショイベントの抽選大賞になるとのことなので、先日モール店で2,000円で茉麻の写真を購入。後日ハロショ心斎橋店に行ったときにイベント当落を確認し、1830開始の2回目イベに当選。

 今日そのイベント当日。昨日一昨日と神戸国際会館でハロコン。その翌日のハロショイベ。昼から有給を取ってハーバーランドへ。ハーバーランドていっても広いので、事前にネットでハーバーランドのモザイクっていう複合商業施設の2Fにハロショ臨時店があることをチェック。ただ高速神戸駅からなかなかモザイクにたどり着けない。1600過ぎに高速神戸について、1735にやっと会場を見つける。

 網膜色素変性症な私デスペア。視野が極端に狭く初めて行く場所では目的地をなかなか探せられない。今日もトータル5人ぐらいの人に「モザイクってどこですか?」と聞きまくり。

 1735に汗ダラダラで会場につき、入場口付近(後でわかったのだが私が入場口とおもっていたの裏口だった)でボーっと待つ。すると1745ごろにその扉の向こうからヲタの歓声と拍手。どうやら1回目のイベントが終わったもよう。しかしなかなかヲタが出てこない。えっここが入場口じゃないの?と不安に思うもまだ2回目イベの受付まで30分あるので様子見。

 汗をふきふき、ボーっと入場口(実際は裏口)を見ていたら、その扉から私がつったっている方向に男1人女3人が出てくる。男性は片手にもったハンディカメラをたたく掲げてうしろむきでこちら歩いている。被写体は2人の女性。私の正面に男性の背中が見え、その男性の右側にとっても色白の黒髪の一般人とはあきらかに違うオーラ(メイクも一般人のそれとは違ってとっても肌が白く見えた)の女性。

 私ー男性の背中ーとっても色白で黒髪の女性

 その色白黒髪の女性は、まさか!まさか!の茉麻だった。

 私と茉麻がゼロズレで対面。その差5m。入場口(実は裏口だった)から私がボーっと立っている場所まで10mぐらいあり、5mまで近づいて、やっと私のほうに歩いてきているのが須藤茉麻だと気づく。

 茉麻と目線がばっちりあった私。どんどん茉麻が私のほうに近づいてくる。こういう予想外の事態に私がとった行動は、斜め後ろに一歩後ずさり・・・・。

 茉麻と男性と茉麻の右となりが清水佐紀と女性スタッフ。その4人がどんどん私のほうに近づいてくるので、ちょうど進路をふさいでいる位置に私が立っていたので、右斜め後ろに後ずさり。

 目線があった茉麻はすぐに目線を下にそらして、2,3度ゆっくり会釈をするようにあたまをかるく上下させた。2ヶ月前に茉麻と2ショット撮影をしていたので茉麻は私を知っていて、「あっまずい、出待ちかな・・・目線そらしとこう」と思ったのか、はたまた今日の私はヲタTでなく会社帰りのワイシャツとスラックスだったのでスタッフと茉麻が間違えてかるく会釈したのか。真相はわからない。

 ただ、真相に近いのは、ただカメラで撮影されながら歩いているのでどうしてもゆっくりゆっくりペースで歩いていたので、会釈したように見えたのだろう。

 茉麻は私の横をすり抜けるかとおもいきや、私の前2mのところで右折していった。そしてすぐに茉麻を見失った。どうやら楽屋がちょっと離れたところにあるらしい、楽屋まで通路はとっても暑いとイベントで言っていたので、モザイクの外に出て行ったのかもしれない。

 びっくりした私は、一言も茉麻に声をかけることができなかった。「茉麻!今日も美人だね!」ぐらい気のきいた一言を投げかけたらよかった・・・・。実はこのとき私の横にもう一人ヲタがいたのだが、彼は私たちから遠ざかる茉麻の背中に向かって「ハワイツアーで云々」と茉麻に話しかけて、茉麻もそれに「あぁそうですか!」と短いやりとりがあった。うらやましかった。

 出待ちや新幹線ホーム小僧の気持ちもわかる。実に距離が近いだね。


 デスペア的ハロショイベ見るポイント。

1、ヲタの質問

 桃子のヒップとれいなのヒップの違いは?(どうやら茉麻ポケモー日記ネタらしい)に茉麻h「もものおしりはかたい ほんと 桃みたい」とのこと。

 1回目のイベでポートタワーを書いてみてクイズで茉麻があろうことか、熊井ちゃんの絵を描いたらしいのだが、そのことに関して、2回目イベで茉麻いいわけ「だったポートタワーって真ん中がくびれてるでしょ、熊井ちゃんもスタイルがシュッとしているので、熊井ちゃんを書きました」とのこと。

 ・田中組について(昨日の花音ブログで田中軍団に茉麻が助手として加入とのこと)、茉麻いわく「田中組にすぐはいれるわけじゃないみたいなんですよー」なんか私は助手らしんですけど・・・よくわかりません」私は茉麻が田中組みたいなチャラチャラチャラチャラシルバーつけてるようなギャル軍団(?)には入ってほしくない。茉麻もさほど乗り気じゃないので一安心。


 結局私は最後列で茉麻がスケッチブックの絵もまったく見えなかった(ただマネージャーがすぐにツイッターで画像をアップしてくれていたので家に帰って確認できた。IT革命ってすごいね)。8人ぐらい席番号抽選があり、質問できたり、プレゼントもらえたりしたのだが、私は全然だめだった・・・・。

 ただ最後に茉麻が会場をあとにするとき私に向かって両手で手を振ってくれた(ように視力0.2の私の目では見えた)のがとってもうれしかった。

 イベントの中身自体はそれほどおもしろくはなかったが、予期せぬ出待ちで茉麻との遭遇がすべてをいい思い出にかえてくれた。。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加