獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

Berryz工房目立ちたいっコン@よこすか芸術劇場 昼に行った。

2009-11-29 22:32:23 | コンサート舞台
 昨日は東京厚生年金会館、今日は横須賀のよこすか芸術劇場。

 はじめての会場だったが、駅近くということでそれほど迷わず会場に到着。昼公演は車いす席のうしろの席が私の席。網膜色素変性症な私デスペア。視野が徐々に狭まっていく障害者。

 障害者は恋愛や結婚や子供をあきらめる。その代替がアイドルである。

 Berryz工房が与える希望というものは健常者ヲタよりも障害者ヲタにとってその価値は高い。

 デスペア的見るポイント。

1、花道の茉麻
 
 サイドのミニ花道がこの会場でもあった。今回の座席は1階上手よりだった私。ライバルのとき茉麻が上手花道に着た。わたしのすきなライバルの振り、リズムをとりながら半回転する茉麻が近くで見れた。ただ花道が小さくてステージ上での回転よりも窮屈そうだった。

 花道は茉麻一人。ライバルの振りで半回転したあと客席におしりをむけてのサイドステップダンスの茉麻。結構長い時間おしりを向けている。ステージ上なら茉麻が後ろ向きでステップを踏んでいるとき他の前列メンバーが正面向いている。花道に一人茉麻なので、おしりを向けてダンスする必要なかったのでは?
 ただ、そのおかげで茉麻のうしろふとももが見れた。花道で見る茉麻はその距離の近さもあって実に立体的、肉感的に見える。うしろふともももとても白く迫力があった。

2、その他

 ・ボイパのジンギスカンのメインボーカル梨沙子。今日は高音がでてなかった。ただそれ以外はやっぱり声量がすごい。
 ・茉麻はどんな衣装でもにあうようになった。未来のダンナ様の赤いロングドレスは茉麻が一番似合っていた。ライバルのときのクリンゴンのようなふわふわタスキをかけていたがそれも似合っていた。
 ・衣装といえば、徳永ソロのときの徳永衣装が実にチープ。まるで子育てママの部屋着のようだった。ロングスパッツに裾の長いTシャツのような衣装。
 ・かわいいかわいい魚屋さんの桃子長靴底は「ネタ 募集中」


 今日で私のBerryz工房コンサートツアー2009秋はラスト。今回のツアーでの収穫は、トンボのサングラスをかけた清水佐紀がとてもかわいく、清水佐紀の魅力にはじめて気付いたこと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Berryz工房目立ちたいっコン@東京厚生年金会館 昼夜に行った。

2009-11-28 23:46:31 | コンサート舞台
 土日の休みで大阪から東京と横浜へ。Berryz工房のツアーを見るため。数週間前のの名古屋大阪でのコンサートでは振るメンバーではなかった。結果今日の土曜日の東京厚生年金会館が振るメンバーのコンサート初参戦。今日は東京で1泊、東横インで10泊で1泊無料で今日使った。明日はよこすかでBerryzコンの個人的ラスト。

 ℃-uteツアーは7公演、Berryz工房も明日で7公演。私の中では℃-uteのほうがコンサートが魅力的に感じたが、結果的に参戦数は同数で私の中で優劣つけがたし。

 デスペア的見るポイント。
1、茉麻がどんどん美しく魅力的になっている!!

 Berryzの中での一番の美人ルックスは夏焼雅というのが私の評価。数年前握手会のとき夏焼を間近で見てその美貌におどろいた。まるでクレオパトラの生まれ変わりのような美貌だった。その美貌と歌唱力でBerryzの中でも梨沙子につぐ人気を桃子と競っていたのが夏焼。

 だが最近は夏焼の人気が下降気味。セクシー度はどんどんあがっているのだが、人気は下降気味。ステージ上のパフォーマンスもアンニュイで色っぽいが、元気さと張り切り感が感じられない。夏焼には藤本美貴のにおいがする。

 それとは逆に最近茉麻の人気が急上昇。ダイエットしてふともも細くなりからだのラインがすっきりして、それにストレートの黒髪と大きな目。きれのあるダイナミックなダンスにスタイルと美貌が加わった茉麻。

 今回昼は7列下手、夜は14列下手。昼はすぐ横の花道にジンギスカンのときに茉麻と千奈美が来た。照れ笑いしてしまうほど近かった。客席にマイクをむける茉麻。ウッ!ハッ!と掛け声を求めていたのだがなんかちょっと恥ずかしくて大笑いしてしまった私デスペア。本当なら凝視するかのりのりでレスポンスしたかったのだが・・・恥ずかしくて目をそらしてしまった。

 終盤にはライバルで下手花道に熊井ちゃんが来た。こんなに近くなので、熊井ちゃんのバレーボール選手のようななぜだか色っぽい長い太ももを見たい衝動に駆られたが、一瞥して目線をそらす。照れ隠しで正面ステージに目をやりそして反対側の上手花道を見る。上手花道には茉麻がいた。ライバルのサビのとき客をあおっていた。熊井ちゃんには悪いけど茉麻に気づいてからずーっと反対側上手花道を見ていた私デスペア。すぐ近くに熊井ちゃんがいるのに。

 今日の昼夜とも私の視線割合は8:1:1で茉麻:キャプテン・桃子:その他。明日の競馬ジャパンカップは11番のマーシュサイドとオウケンブルースリー推し。茉麻とブルーにちなんで。今の茉麻の勢いならこの2頭がきてもおかしくない。

2、どうした!!キャプテン清水佐紀

 名古屋大阪公演から茉麻コールだけでなく佐紀ちゃんコールもしだした私デスペア。最年長で18歳のキャプテン清水佐紀にひきつけられる。ハレーションサマーのときの大きなトンボのめがねの白ぶちサングラスをかけている清水佐紀。ほかの3人(茉麻、梨沙子、桃子)もかけているのだが、一番清水佐紀のサングラスがかわいい。それはまるで小さい子供がお父さんのサングラスをかけているようである。実にかわいい。顔の半分ほどをサングラスが覆い隠す。画しているのになぜだかかわいい。今日に限ればライバルの茉麻回転よりもハレサマの清水佐紀サングラスのほうがハァーーンといいたくなるほどかわいかった。

 なぜだろうか。茉麻には母性を感じて癒される。清水佐紀を見てると私の充足されることがない父性をほんの少し刺激されるのかもしれない。


3、フルメンバー
 ・フルメンバー公演をはじめてみた。ジンギスカンが途中からボイスパーカッションになっていた。そのボイパのレベルが高かった。本当に伴奏なしでボイパだけなら℃-uteのストンプといい勝負。ボイパ担当の清水佐紀と徳永千奈美が本物みたいなビートを刻んでいるこれには驚いた。

 さらにおドライ他の葉そのボイパでメインボーカルの梨沙子の圧倒的な歌唱力。普段のジンギスカンよりもちょっとキーが高めだったがその高温をものともせずすごい声量で歌いきっていた梨沙子。高音になっても裏声というか声がひっくりかえることなし。あっぱれ。彼女はまだ15歳。

 ・徳永の「お昼の休憩時間」ソロはなかなかだった。その歌の導入部のおしゃべり部分「昨日のもしどうだった?」「65点平均・・最悪・・」の部分が寸劇になっていて寸劇の最後うまくそのおしゃべり部分にシンクロしていて感心した。ただ茉麻が野球部の北川先輩と仲のいいマネージャーという設定だったのだが茉麻ヲタとしてどういうリアクションをとればいいのかわからなかった。

 ・フルメンバーになって茉麻と佐紀ちゃんのパートがすくなくなっていたことはしょうがないが残念だった。


4、その他

 ・今日のかわいい魚屋さんの桃子の長靴の裏は昼が「DVD 収録」、夜は「みんな 大スキ」
 ・DVD収録ということで昼夜とも前3列に客はいなかったもよう。
 ・DVD撮影なのに、はじめの衣装流星ボーイの衣装で、茉麻の白い髪飾りがとれかけて、茉麻が自分でとっていた。その後茉麻だけが白い飾りなく茉麻の長い黒髪が目立ち人目で茉麻だとわかった。ただ映像のつながりてきにはどうなるのかな。

 ・楽屋前で桃子が通せんぼ。茉麻にたいして桃子のいいところを3ついわないと通してあげない!。茉麻は即答で「あご、おしり、あし」とのこと 桃子・清水佐紀MCより

 
 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

14年ぶりの円高、円 独歩高

2009-11-27 20:27:37 | 100万投資で年50万獲得プロジェクト
 ニュースで円の独歩高。独歩高というフレーズがなんかかっこいい。

 独歩高というフレーズはかっこいいのだが円高が止まらない。ドバイショックも加わり今日は86円ちょうどぐらいのドル円。

 ドルがさがってもの南アフリカランド円やNZドル円など上がってくれればいいのだが・・・そうはいかず・・・・。はぁ2週間前にZAR利益確定してたらよかったなぁ・・・。

 ボーナスがでたらブラジルとインドとロシアの労使信託買おうかとおもっていたけど、FXの証拠金をあつくするのが先だな・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜 崎陽軒のシュウマイ弁当を食べた。

2009-11-24 20:27:34 | 雑感
 昨日の横浜BLITZでのハロプロ新人公演、その後横浜で1泊。エッグのみんなわ今日休み明けは学校にいってるのに、社会人の私は有給休暇の今日一日。

 昼前に新横浜のビックカメラで強力懐中電灯ジェントスの「閃」を買う。地元のヤマダ電機にも「閃」はあるのだが、それは150ルーメンでとても小さいのだけどリチウム電池CR123.単4電池3本で使えるちょっと大きめで100ルーメンのタイプの予備が欲しくて立ち寄る。

 2,980円で購入。

 その後8FのCDDVD売り場に行った。℃-uteのアルバムやガーディアンズ4があった。森高千里のララサンシャインのCDもあって視聴してみた。

 その後新横浜駅の新幹線のりば売店で崎陽軒のシュウマイチャーハン弁当850円と昔ながらのシュウマイ580円を買って、帰りの新幹線で食べる。もしかして駅弁というものを列車の中で食べるのは初めてかも。

 シュウマイはぎっしりと重量感があり食べ応えアリ。おいしかった。


 家に帰り、日曜日外に干して雨でびしょぬれになった洗濯物を再度洗濯し、近所のコインランドリーで乾燥させた。

 今日は目がぼやける。とくに左側がぼやける。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロプロエッグ新人公演11月横浜FIRE@横浜BLITZ 昼夜に行った。

2009-11-23 22:47:56 | コンサート舞台
ハロプロ新人公演11月横浜FIRE

 今回は昼夜とも50番台前後の整理番号で入場した私デスペア。ただ前のほうは後ろのほうより明らかに一人のスペースが狭く密着度が高い。そのため非常に男くさいというか汗臭い・・・。夜は段差があがっている中ほどのセンター位置で見た。前よりもこっちのほうがいいな。

 昼公演では屋外用遮光眼鏡(かさばるやつ)をロッカーに入れ忘れて、コンサート中ずっとシャツの首まわりにひっかけていてそれがおしくらまんじゅうで壊れてしまわないか気が気でなかった。

 夜は夜で近くにいわゆるMIX厨がいた。ネット掲示板とかでよく見かけた言葉だったが、具体的にどんなものかしらなかったが、今日近くにMIX厨がいてテンションがさがった。歌のサビやイントロでなにか言葉というか台詞をずーーっと同じ音程で言い続けている。それはまるで祭りの掛け声のようであり、念仏のようであり、祈祷師の呪文のようでありインドネシアのケチャのようであり、サラリーマンNEOのNEO工業大学先輩後輩コントの口上のようである。なにを言っているのかわからない。小さいライブホールだからか非常に気になった。ステージに集中というか没頭できなかった。気をとられて、変なやつがいるなと思い、あっそうだ私もエッグからみれば変な気持ちわるいおっさんなんだと客観視してしまい気持ちがもりあがらなかった。


 デスペア的見るポイント。

1、宮本佳林がすこし元気がないように見えた。

 前回の新人公演ではソロパートも多く、大画面でもアップがよく抜かれていたかりん。今回は目に元気がなかった。前回のかりんの目はこれでもかというぐらい目を大きく見開いた目。今回は目の大きさが3割減だった。

 前回の愛している愛してるをたけちゃんと歌ったあのときの圧倒的な存在感が今日はなかった。今回はたけちゃん、りなぷーと3人でチュッ夏パーティを歌ったかりん。センターであったものの表情がいまいちだった。はぁーーんと腰が抜けるようなあのかわいらしさが今回はなかった。

 かりんが目だたない分りなぷーがかわいく見えた。たれ目でやさしそうな目。

 かりんの表情の変化は大人へと成長している証拠なのかな。かりんは表情はいまいちだったが、ダンスは前回同様非常にダイナミックで元気があふれていた。クイズコーナーでも回答するとき元気に「はいっ!!」と返事していた。その声はよかった。


2、どうしたタケちゃんマン!!

 竹内朱莉が今回大フィーチャーされていた。今日11月23日が彼女の12歳の誕生日ということで、夜公演MCでは会場ではっぴバースデーを合唱。12歳の抱負として「中学生になるまえに、(新人公演で)ソロで歌いたいです!」

 今回のたけちゃんは前回のかりんのようにソロパートが多く、少人数で歌う選抜曲でも選抜されていた。ビジュアル的には美人さんというより子供らしい愛嬌のある顔なのだが、歌いっぷりは堂々としていて、歌唱力も高い。伸びがあり声も太い。

 ただアイドル性は感じられない。新垣里沙のような成長過程をたどっていくようなタイプ。


3、ダンスバトル

 ダンスポップな曲にのせてダンス。目立っていたのが古川小夏。非常にきれがありダイナミック。それとおっとりとしたイメージの森咲樹も意外とダンスにキレがあり俊敏。

 ダンスバトルのときお腹だし衣装(のように見えた。)だったのだが、岡井明日菜は寸胴体型だった。お姉ちゃんの千聖によると、明日菜もダイエットして細くなったとのことだったがそうでもなかった。ただ岡井姉妹は寸胴体型でもいいんです。それが魅力でもあるんです。


4、スマイレージメンバー大決定。

 スマイレージMC中、つんくのコメント映像が流れる。客席におしりを向けて直立不動で見る4人。スマイレージ結成当初メンバーチェンジもありうるとのことだったが、今回つんくが正式メンバーを発表。それはまるでASAYANのようだった。

 つんく「和田彩花、、、福田かのん、、、、、前田憂佳。」

 3人の名前を言ったあと変な間があった。まさか小川紗季outで佐保明梨inなのか??。変な空気が会場を包み込む。

 つんく「そして・・・・・・・小川紗季!!」

 その後の今の気持ちをメンバー一人一人が言うとき小川紗季は泣いていた。つんくもいじわるだなぁ。そりゃ泣くよ。

5、その他
・来年春の新人公演ですマイレージがエッグを卒業。

・来年から新人公演は10名前後の選抜メンバーによる乗っているメンバーによる公演ノリメン公演と、通常の新人公園の2本立て行われるとのこと。ノリメン公演が告知されたとき客席からはオーーーていう歓声でなくエーーーーっだった。

・古峰桃香は今日はストレートな髪型。左側の髪は肩にたれていなかった。相変わらず美人だった。私がエッグと同級生男子だったら、かりんやゆうかでなくまちがいなく桃香に胸キュン。見ていてうっとりする美人。

・佐保明梨がソロで蝉を歌う。昼は高音の裏声がうまくでていなかったが、夜は出ていた。ただ本家の菅谷梨沙子と比べるとやっぱり梨沙子が数段上。

・吉川友がやせていたよう見えた。顔が小さく見えた。花音と見間違えた。

・金子りえはあいかわらず首から肩が固まっているようなぎこちないダンスなのだが、そこがとてもいとおしい。りっちゃんの声援も多くなってきた。

・あらたな新人さゆべぇ。10歳まで子供ミュージカルをやっていて児童会長をやっている12歳の小学6年生。しゃべりかたは子役特有、お辞儀もきれい。八の字まゆでおばちゃん顔。自己紹介のとき堂々としいた。初々しさがないが、かりんのよきライバルになりうるかも。
 
 総括
 来年スマイレージメンバーがエッグからいなくなると年齢的に中堅どころであり、主要メンバーがぬけてしまうエッグ。18歳付近のメンバーと小学生中学生メンバーで年齢構成的に大きな谷間ができる。ここ最近エッグの年長メンバーへの声援がすくなくなり、逆にかりんなどに大きい声援。今後のエッグの展開が楽しみであり心配である。


 夜21時すぎホテルにもどりNHKニュースを見ると、紅白出場歌手が発表されたとのこと。NYCboys?????。

 残念ながらハロプロは出場なし・・・・。真野恵里菜にすこし期待していたのだが・・・。AKBが2回目。うーーーーん。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加