獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

2008年度も終わり

2009-03-31 20:44:01 | 雑感
 ウィルスバスター2007から2009にバージョンアップしたら、パソコンの操作性がすこし低下。文字入力のとき数秒間変換されないときがある。そんな今日は2088年度最後の日。

 明日からは異動で職場が変わる。ふぅーー面倒くさいなぁ・・・・。

 ハロプロのDVDCDや写真集増えるいっぽう。整理が面倒臭いなぁ・・。しかも4畳半の部屋だから余計整理が面倒臭い。収納スペースが限られてるため。

 まだ生きるのが面倒くさくはないのが救いだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミルキーとえり~な

2009-03-30 20:16:01 | モーニング娘。と私
 ここ1週間ほどよく食べているもの。

 それは不二家のミルキー。ミルキーはママの味って昔はCMあったけど今はどうなのどろう。

 会社でも仕事に疲れたとき(たいして仕事もしてないけど疲れるんだよなぁ)昼休みに机の引き出しからミルキーを取り出し食べる。

 かっぱえびせんじゃないけど、ミルキー食べだしたら止まらない。溶けやすいあめなのですぐなくなる。そのうえ私は噛む。どんどん食べてしまう。

 そんな私お気に入りのミルキー。タイミングよくキャナァーリ倶楽部のえり~ながブログでミルキーにふれていた。

 えり~なのブログ
 そのブログによると、たまに袋の中に大玉ミルキーがあるとのこと、私はまだおめにかかっていない。

 大玉みてみたいなぁ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

20世紀少年

2009-03-29 22:28:57 | 雑感
 日曜日。起床は12時前。寝過したのでスポーツジム行けず。

 バスに乗りブックオフへ。ネットカフェで14巻まで読んだ漫画20世紀少年のつづきを読みたくて、購入。低下525円のマンガ本が350円で売られていた。15巻から18巻まで購入。

 ついでに嗣永桃子おすすめのまんが「うえきの法則」も購入。

 合計1450円。

 家に帰り夕方から、一気に20世紀少年を読む。1冊1時間で読めるようになった。

 そんな、日曜日。択一試験まであと何日だろうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーニング娘プラチナ9コン@びわ湖ホール昼 に行った。

2009-03-28 23:17:00 | コンサート舞台
 午前中はベリコレの菅谷梨沙子のソロDVDと忘れたくない夏の岡井千聖ソロDVDを見る。

 1030過ぎに家を出る。大阪駅から大津駅までだと50km超えるので障害者割引あるかなと期待して、わざわざ工事中で窮屈で人ぎゅうぎゅうの大阪駅へ。

 網膜色素変性症ナ私デスペア。視野が極端に狭く人込みでは歩くのよちよち。そんな苦労をしてやっとみどりの窓口を見つける。障害者割引で切符を買おうとしたら、駅員いわく、大阪から大津までは割引なしとのこと。理由を聞く気になれず、そのままPITAPAで改札を通って、大阪駅の8番ホームから野洲行きの快速に乗る。

 ついた大津駅は京都からほんのすこししか離れていないのに、田舎の駅。ひとの数が大阪駅とはまったく違う。

 さざなみ公園により琵琶湖を間近で見る。その後、五重塔みたいな建物を超えて琵琶湖のほとりにびわ湖ホール。やっと見つける。

 今回は考えてみれば光井の凱旋コン。びわ湖ホールに一度いってみようかなと気楽な気持ちでチケットを申し込んだ私。モーニング娘の新アルバムのプラチナ9DISKを買っていない私。モーニング娘への興味が明らかに小さくなっていっている。それは私の視野とおなじように・・・。

 
 デスペア的見るポイント。

1、ジュンジュンの腹筋
  メンバーの中で一番がっちりしているジュンジュン。女に幸あれの頃のジュンジュンははちきれんばかりの太ももが魅力的。

  それから時がたちジュンジュンはシャープになっていた。Berryz工房のまあさほどでないけど。

  特に後半のへそ出し衣装のジュンジュン。4階の最前席から双眼鏡で凝視する私。レンズ越しのジュンジュンの腹筋が美しい。おへそのうえにもうひとつ横長のおへそがあるように見える。それは腹筋がよこに割れている状態。まのえりほどではないが、きれいなジュンジュンの腹筋ほれぼれ。

  シャープになったけどダンスのダイナミックさは失われていない。やっぱりこれからもスポーツジムでわたしが着るTシャツはジュンジュンのソロTシャツだなと再確認。


2、リンリンのジャズ風歌唱が絶品。

 今回のコンサートでは特にこれが見たいというのはなかった私デスペア。事前にアルバムを聴いていないのだからそれはしかたない。2週間後の℃-uteコンサートでは愛理のYes ALL MY FAMILYや舞美の青春ソングをどうしても聞きたい。そんな思いが娘コンにはなかった。

 コンサートが始まってもそれほど胸に響いてくるものがなかった。

 それが中盤のリンリンの独唱から私のテンションもあがる。ジャズ風な歌唱というのかゴスペル風歌唱というのか、リンリンが独唱する「青空がいつまでも続くような未来であれ」は絶品。いままでハロプロでは見たことがない歌唱。

 はじめ歌い始めたとき、誰がうたっているのかわからなかったほど、いつものばっちりでーすの陽気なリンリンではなかった。

 ジュンジュンとリンリンきてるね~


3、光井凱旋コン

 全国から光井ファンが集まってきたんじゃないかとおもうぐらい、みっちぃーコールが大きかった。アンコールも愛佳コール。アンコールは青いサイリウムで会場が埋め尽くされていた(私の目からはなぜだか黄色いサイリウムに見えたのがだが、ステージ上の大画面が映し出す会場のサイリウムの色は青だった・・・なぜだろう・・・)

 ダブルアンコールで光井ひとりが再登場。笑顔に涙ではじめての凱旋コンの喜びを語る光井。

 そんな光井に本編ラストMC中に道重が言った一言がズバリ私と同じ気持ち。

 「滋賀のみなさんは、みっちぃーの魅力に気付いている敏感な人ばかりでよかったねぇ」

 光井のソロ曲の曲名にかけた道重のコメント。うまいねシゲさん。ハロプロファンの大多数は鈍感な人だから・・・・・。



 あと亀井絵里のソロ曲が大学生のキャンパスライフをうたった曲だったので新鮮だった。ハロプロで女子大生の心情を歌った曲ってなかったのでは?。





コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

前田憂佳のブログに癒されるねぇ

2009-03-27 20:36:47 | モーニング娘。と私
 会社帰りのバスの中、4月から職場が変わる憂鬱をいやしてくれる前田憂佳のブログ。

 前田憂佳のブログ
 特に、テレビ番組あいのりがおわっちゃうけど、私にはまだ名探偵コナンがあるもん!ってところがいい。

 中学3年生にもなってアニメが好きだという前田憂佳がかわいい。

 ただキャナァーリ倶楽部のうっちぃ(前田憂佳と同じ新中3)ぐらいアニメおたく女子までいってしまうと、かわいいを通りこしてしまうのは不思議だね。

 私のころと違って中学生でアニメが好きっていうのは当たり前なのかな?私のころはアニメが小学生までって雰囲気があったけどな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加