獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

Juice=Juiceライブツアー7ホライズン2日目@京都FANJ 7人での初の単独ライブ に行った。

2017-07-17 23:28:38 | コンサート舞台
段原、植村、高木が歌う℃-uteのサマーウィンドがすごい。

 昨日のハロコン大阪昼夜に続いて、今日は京都FANJでJuice=Juiceの単独ライブ。しかもJuice=Juiceが7人になってはじめての単独ライブ。昼夜ともチケッと完売で当日券の販売もなし。500弱は昼夜とも客がはいっていたと思う。

  Juice=Juiceメンバー7人はこの5日間は大忙し。7月13日木曜日は名古屋でJJ5人最後の単独ライブ、14日はJJ7人全員でプライベートで大阪USJあそび、15日土曜日は大阪オリックス劇場でハロコン初日、16日日曜日もおなじくハロコン、そして今日17日月曜祝日はJuice=Juiceが7人体制になってはじめての単独ライブ。ハローのほかのグループも今日は、大阪でいろんなイベンとをおこなっているよう。アンジュルム個もりだくさん特典会、こぶしJKニンジャガールズ試写会、つばきはあべのでCD発売記念イベント。こんなハロプろのイベンとがかさなっているときは、JJはその割をくって、集客がのびないんだけど、今日のJJの単独ライブは満員御礼。やはりJuice=Juiceの新体制7ン民の初の単独ライブということでここまで集客がのびたのだと思う。

 私も新体制が発表される前からfcでチケッとは申し込んでおいたので、昼夜無事チケッと手に入れることができて、いざ京都FANJへ。このライブハウスはよくハローがライブをする、JJはもちろん、こぶし、カントリー、アプガもやっている。前回のJJがここでライブをやったときは集客は300いくかいかないか程度だったと思う。こぶしのファーストツアーでもこのライブハウスにきて400ぐらいの集客だったと思う。それが今回のJJは500弱。会場して、スタッフがもっと客席奥につめてくださいといっているのを久しぶりん非聞いた。やっぱり増員効果なのね。夜MCでは高木が、カントリーのTシャツきてる人や、段原ちゃんの研修生Tシャツきてる人とかもいて、いままでJJに興味がなかった人も来てくれているとうれしそうだった。

 14時開演と17時30分開演の1日2公演。12時に知り合いの佳林ファンの人と合流して近くのマクドでお茶をしてからの、京都FANJ。この会場は、2階席があって、2階席といっても10人ぐらいがすわれる横に広いベンチソファーがあるだけだけど、その2階席で障害者は見ることができるのでたすかる。駅から徒歩5分ぐらいでこれるので、障害者にもおおすすめ。ただ2階席は階段しかないので、車いすはちょっと無理だと思う。今日の昼公演の2階席は段原の家族のような人たちがいた。考えてみれば、段原のお父さんお母さんはまさしく私世代。一方はわが子をみまもる父として、一方は43歳のアイドルオタクとして2階席に横並びでみている。なんかおもしろいね。

デスペア的Juice=Juice7ホライズン7人jでの初の単独ライブ@今京都FANJの見るポイント。

1、サマーウィンドがすごい。
私は今回のライブをとても緊張して見ていた5人時代のJuice=Juiceの絶対的エースの宮本佳林の歌割が減るんじゃないか。段原にうばわれるんじゃないかと戦々恐々としてライぶを見ていた。

 結果から言うと、今回のツアーは、7人で歌う曲というのはセットリストの中の3分の1にも満たない。それ以外はいままでと変わらず、佳林メインの楽曲メイン。ほっとした私。

 ただ、段原梁川が加わって歌う新曲FIESTAFIESTAとBerryz工房のカバーラビングユートゥーマッチは、かなしいかな。佳林のソロパートがほとんどない。FIESTAにいたっては、出だしから段原のシャウトではじまり、以降もずっと段原と高木がメインのような楽曲。ラビングユートトゥーマッチもタイで5人で歌ったときはきっと佳林のパートがおおかったとおもうが、7人体制になってみると佳林のソロパートほとんどなし。こちらも段原と高木の2人がメインでうたっている。ちょうどベリの夏焼菅谷のツインボーカルのような感じ。これはくやしいね。

 さらにくやしかったのが、段原、植村、高木の3人で歌った℃-uteのカバー曲サマーウィンド。この3人の歌うサマーウィンドがすばらしすぎた。本家の℃-uteではこの曲は鈴木愛理メインの歌だけど、今回のJJのライブでは、段原、植村、高木がほぼ均等にパートをわって歌っている。一人で歌うよりもパート割で複数人で歌うと、その連続性というか、曲の流れがとぎれてしまうんだけど、この3人にはそれがなかった。3人の声質、声量がとってもマッチしていて、すばらしかった。歌い方もよくにていて曲としての出来具合もすばらしかった。高木の歌唱力は知っていたけど、段原がここまで歌えるとはおもっていなかった、高木でもだしきれていない、歌い方、息をぬいてすこしかすれさせて哀愁をだす歌唱法を段原がやっていてびっくり。感情の入れ方というのか、感情を歌にのせる歌い方の点では、段原のほうが高木を上回っていたと思う。

 かつてのJuice=Juiceなら、高木は声量がおおきすぎて、高木とデュオで歌う相手はとってもやりにくそう。そしてどこか不釣り合い。ホライズンツアー初日の名古屋では佳林と高木がタンポポのラストキッスをうたっていたのだけど、いかんせん二人の声質がまったくちがっていて不釣り合い。その点今日の3人のサマーウィンドは完璧だった。いつのまにか植村もさらに歌唱力をのばしていて、すっごい表現力がついていた。声量もpッチもとても安定して家、この植村の成長にはびっくり。

 トリオやデュオで歌ったりする場合、だれか一人、歌のうまい子、声量のある子が、ほかの子に歌のレベルをあわせてすこしさげて歌うと思うけど、今日の3人にはそれがなかった。だれかが相手にあわせるんじゃなくて、それぞれがそれぞれの100%の力を出し切って歌うと、それがすばらしい歌になっていた。もしリトルグリーモンスターと戦うため、ハローから誰かを選抜するとしたら、この3人、段原、植村、高木を私は選ぶと思う。それぐらいこの3人の歌うサマーウィンドはすごかった。

 今回の7ホライズンツアー。このサマーウィンドだけを聞くためだけに、チケッとを買う価値がある。佳林ファン、佳林絶対主義者の私が言うんだからまちがいない。

  この3人の歌唱を聴いておもったのは、Juice=Juiceは別の次元にいったということ。つまり今までは、佳林、高木、そして金沢を含めた3人がJJの歌をひっぱっていっていた。この3人の声質や声量はそれぞれまったくちがっていて、まったくちがっているけど、なぜか一緒に歌うと様になる。一つの歌になるっていう感じだったけど。段原が加入し、植村が覚醒したことにより。新しいJuice=Juiceには金沢はもちろん、絶対的エースの佳林の歌声さえも必要としなくなってしまった。

宮崎は夜のMCで、Juice=Juiceの第二章がはじまったと言っていた、そのとおりだと思う。第1章が、宮本佳林Juice=Juiceだとすると、第2小はあきらかに段原瑠々Juice=Juice。

 昼終演後、握手をおえても、すこし茫然としている私。ライブハウス前の信号をわたろうとして、親切な人に声をかけてもらった網膜色素変性症な私デスペア。ほぼ全盲なので信号が見えない。、その人もJuice=Juiceファンで宮崎さんファン。その人も私と同じような感想をもっていた。サマーウィンドを聞いたら、Juice=Juiceがかわっていくこと、かわったことを認めざるを得ない、宮崎、宮本の歌の麺でのJuice=Juiceに占める割合ががくんと落ちていく。これはかなしいこと。くやしいこと。意見が一致した。

 このサマーウィンドはまさに文江である。これを聞いて平常心でいられるか、そうじゃないか。宮崎ファン、金沢ファン、そして佳林ファンのみなさんには、このサマーウィンドは聞かないことをおすすめする。

2、網膜色素変性症。
 私の眼の病気は、網膜色素変性症な、10年20年かけて、そして最後は一気に、視野狭窄がすすんで、見える視野せばまって、そして視力もおちて目が見えなくなる病。私の今の状態は、左目が全盲で、右目が光を感じる程度。

 この病気の一番くるしいところは、徐々に進行していくということ、いつかは見えなくなるということがわかっていて、それが徐々に進行していくということ。わずかな希望、もしかして私は大丈夫じゃないか、遮光眼鏡を毎日しているのだから、きっと進行も遅らせられるはず。でも徐々にせばまる視野と低下する視力。この時期が一番くるしい。

 今日の夜MCで、梁川が、これからツアーをかさねていくうちに、武道館もきまったことだし、今は少しの曲しか参加できないけど、どんどん参加していく曲を増やしていきたいと決意表明。

 新人2人が今参加しているJJ楽曲はほんのわずかだけども、2人が参加してくる、つまり段原が歌割にははいってくるとしたら、今までのJuice=Juiceのボーカルパワーバランスが大きく変化してしまう。宮本佳林Juice=Juiceがどんどん減っていって、どんどん段原Juice=Juiceの割合が増えていく。

 これから9月11日のツアー千秋楽まで、あるいは10月6、10日のJuice=Juiceの日ライぶ、そして11月20日月曜日のJuice=Juice日本武道館公演。それまでにどんどん段原はJJの楽曲をマスターしていくと思う。となるとどんどん佳林のパートが減っていく。
 これは恐怖。私の視野がどんどん気付かないうちにせばまっていくように、今日のライブと今度のライブ、気付いたら、あれ?また佳林のソロパートが減っている。そしてしまいには、Juice=Juiceがすべて段原Juice=Juiceになっている。これはおそろしいこと。

 私の視力低下視野狭窄とおなじぐらいこわいこと、不安なこと。

 もしいつか段原Juice=Juiceに独占されてしまったら、私はどうなるんだろう?不安である。いまでさえ、佳林のパートが減らないかヒヤヒやしながらライぶを見てるのに。もし段原Juice=Juiceになったら、私はたえられるだろうか。不安である。

3、トーク
7人でのトークというより、トークはまだ5人がステージにいるときにトークしている。二人はすごいという亜話題がもっぱら。

 金沢はほんと段原ちゃんの歌がうまい、私もついていかなきゃって思う。あと梁川ちゃんのトークを見習わなくては。

 高木によると、7人になった楽屋はまるで別の楽屋みたい、入っていって、あれ別の楽屋にきたかなとおもっちゃう。段原ちゃんは大人で、うえむーがあまえている。二人は手をよくつないでいる。佳林も後輩ができててみていておもしろい、段原ちゃんにメイクをしてあげることにしていた佳林だけど、急きょやなちゃんのメイクもすることになって、まずやなちゃんのメイくするから、るーちゃんちょっと待っててねとお姉さん口調で、しゃべっていた佳林がおもしろいと高木。

 佳林によると、今日の楽屋では、佳林を無視するゲームがはやっていて、佳林がなんかいってもぜんぜんあいてしなくて、佳林が、そこのおじさんとかはなしかけてもだれも相手にしてくれないの、きっとやなちゃんは私のことを相手にしてくれる、どんんな風に切り返してくれるかなと思って、やなちゃんを見ていたら、何かこっちに向かってしゃべりだそうとしてたんだけど、しゃべるんじゃなくて、発声練習をしだして、結局私はだれにも相手にされないままでしたというトーク。あと高木によると、佳林はタンブリングというしたをルルルウルrといいわす発声練習のときに、段原をルルウルルルと呼んでみて、さっきルルルウルって呼んだのに気付かなかったの?と段原ちゃんにちょっかいをだしているようだった。佳林はほんと楽屋では自由だね。のびのびしているね。

 宮崎さんによると、今日の楽屋はたたみで、みんなすぐねっころがってしまう。やなちゃんが私のテリトリーのところにねっころがってきたんだけど、やなちゃんはとってもちいさくて、その恰好がとってもかわいかったとのこと。それを受けて佳林が、ゆかちゃんは、心臓が何個あっても足りないのよね。やなちゃんには何回も胸キュンさせられていて、ハーとに矢がささっていて、心臓が何個あっても足りないって言っていたよね。

 あとメロン記念日の夏の夜はでインジャーをうたった佳林が。客席を見て、知らない人、コールいれてくれる人がいて、もしかしたらこの曲新曲かなにかかと思った人もいるかもしれませんが、これはメロン記念日さんの曲で、コールとかオイオイとかたくさんいいれられるので、ぜひみなさんには次回いれてほしいです。佳林のその発言のおかげで、夜はしっかりコールとオイオイオイがはいていた。佳林は、みなさんきっと動画サイトとかで確認してくれたんですねとご満悦。ちなみに、佳林は昼公演でこの曲をうたったと、曲解説するときに、夏の恋は・・とかタイトルをまちがっていた。となりにいた金澤が、こいじゃなくてよるねっとすかさず助け舟をだしていた。ちょっと佳林らしくない凡ミスがおおいね。佳林がブログでも行っていたけど、いまいろいろあってハローの動きにもついていけてないし、ダンス部もいっぱいいっぱいだったみたいだから、大変なんだろうな。がんばれ佳林。

 段原と梁川のトークとしては、段原は、今日はるるにとって忘れない日、研修生のときとはちがって、私サイズの衣装を用意してもらってほんとうれしい。梁川も今日は私にとって大事な一日とのこと。私はカントリーと兼任ですが、Juice=Juiceとして一生懸命みみなさんについていきたいがんばりますとのこと。

 梁川のトークというかあいさつは、ももちイズムたぷりで、セクシーにしゃべってみたり、私何か変なこといいました?ととぼけてみたり、私にはトークに初々しさがないといわれますと自虐ネタをもってきたりと、ほんととあいさつ上手。どれももちから受け継いだもの。Juice=Juiceにはちょっと似合わない挨拶だけども、それが変わっていくということかな。ほほえましい。

 一方、段原はほんとあいさつもういういしい。夜んお最後のMCあいさつも、覚えてきた文章を思い出しながらしゃべっているのが伝わってきた。最後とぎれとぎれになっていたけど、そこが初々しくていいね。段原のあの絶対的歌唱力と比べると、ほんとMCはういういしいね。そこが段原を憎めないところ。歌がうまくて、藤本美貴みたいにえらそうだったら、嫌いになれるのに。段原はキライにはなれない。5人のJJが失ってしまったフレッシュさ、ういういしさというのを段原は持っている。Juice=Juiceとはフレッシュもぎたて新鮮だとすれば、今一番Juice=Juiceは段原なのかもしれない。

4、サプライズ発表
昼公演の最アンコールあけの最後のMC、年下、段原、梁川から感想などをいっていく最後のMC、金沢まできて、金沢もひととおりあいさつをおえて、ここで言い忘れたことがあります。これはメンバーにも行っていません。

 ざわつく客席、どよめきがおこる。ハロではメンバー加入とメンバーの卒業はいったいであることがおおいので、段原梁川が加入したこのタイミングで金沢の卒業発表かと客席の全員がおもった。

 その雰囲気をさして、金澤が、うれしいお知らせですよとジャブ。

 金沢が発表したのは、今年もJ=J DAYが決定しました。10月10日東京ゼップだいーシティ、そして大阪でもあります、日にちはちがいますが10月6日ゼップなんばでJ=Jdayをやりますと発表。
 J=Jdayとはなんのことかわからなかったけど、Juice=Juiceのの語呂から10月10日はJuice=Juiceの日として、その日に毎年恒例でホールコンサートをやっているよう。やっと理解できた私。ただ気がかりなのは、今まではずっと5月と10月にJuice=Juiceはホールコンサートツアーを東名阪でやっていたのに、今回はホーるじゃなくてライブハウスのゼップでJ=Jday。いよいよJJも集客がみこめなくてホールコンサートツアーできなくなったのかとくやしかった。

 ただ、あとで、調べてみると、10月6日は平日の金曜日、10月10日はこちらも平日の火曜日。間の7日、8日、9日は体躯の日とからんで3連休なのに、なぜかそこをあえてはずしての平日ライブ。意味がわからない。

 金沢のサプライず発表はここでおわり、最後に宮崎があいさつ、そして宮崎も金沢と同じように、ここでみなんさんにお知らせがあります。またもやざわめく客席、このことはまだメンバーにも伝えてません。

 今度こそ、宮崎さんの卒業発表かとおもいきや。金沢が、勝手に私を卒業させないでととぼける、たぶんほかのメンバーか客になにかいわれたんだろうな。

 そして、客席の空気がなごんだところでの、宮崎さんからの発表。今年も11月20日月曜日に7人で日本武道館公演をやります!!。

 客席はわれんばかりの拍手と歓声、自然とバンザイバンザイとバンザイ三唱が沸き起こる。メンバーの仲には泣いている子もいたよう。

 しかし、こういった発表は心臓に悪いね。はじめにうれしいお知らせですと前置きしてから発表してほしいね。

 武道館公演について、夜最後のMCでぇあ、佳林が、前回の武道館公演はみなさんと220まわってきた結果の武道館、私たちの積み重ねてきたことが見えた、だけど今回の武道館はそれが見えないので、私たちは見えないところでもっと努力したいですと宣言。

 今回の武道館公演はJuice=Juiceにとって正念場。いくら7人ではじめての武道館とはいえ、全開みたいになはじめてご祝儀集客はみこめない。5月に行われたアンジュルムの5回目の武道館はキャパ1万人のところ、4000人しかあつまらず、メンバーが必死で宣伝wおしてようやく6500人までもってきた経緯がある。はたしてJJはどうかな?ちなみに前回のJJ初武道館の集客は1万人。翌日のアプガの初武道館は4000人。

5、握手レポ
終演後の握手。今回は障害者は私一人のようで、一番はじめに握手。ロビーでまっているとドアの向こうから元気な声。

 かなともの声、それじゃいくよー、いい?順番どうします?じゃ自由で、とかなともがしきっていてびっくり。こういったことはふつうリーダーの宮崎さんがするんじゃないかとおもったけど、宮崎さんはしずかだった。

金沢
デスペア<びっくりしたよ やめないでね

金沢<やめませんよー

高木
デスペア<サマーウィンとってもよかったよ。びっくりした。
高木、2階にいたでしょ?見えてたよ。

段原
段原<段原るるです!
デスペア<Juice=Juiceにようこそ!!かなともにデコピンされた?
(高木<されたって言って)
段原<うーーんされてません
なんか隣にいた高木が段原が心配だったのか、横に立って様子をみまもっていた。ふつう、障害者との握手をおえると、握手スペースのほうにいってしまうんだけどね。

植村
デスペア<うえむー歌がさらにうまくなったね。びっくりしたよ。
植村<えーほんと!!ありがと

梁川奈々美
梁川<やながわななみです!
デスペア<ちっちゃいね。佳林ちゃんをこれからも慕ってあげてね。

宮崎
デスペア<おつかれさま。あそうだ武道館おめでと。
宮崎<ありがと、来てね。まってるよ。
デスペア<あ!うえむー、段原ちゃんにとられてやきもちやいてないジェラシー
宮崎<やいてないよ、ジェラジェラシー
ジェラジェラシーというのは娘の新曲のフレーズ

佳林
デスペア<過過最高のライブでした。でもとっても緊張したよ。ずっとJuice=Juiceのエースでいてね。


夜は、楽屋の方からやけに元気のいい植村の声がひびいていた。だれだれあさんとかさけんでいた。
その植村の声に気をとられていたら、いつの間にか宮崎さんが目の前にいて、きづかない私。

宮崎
デスペア<5日間おつかれさま。リーダーがんばってね。
梁川
デスペア<ももちイズム引き継いでいるね。

段原
デスペア<相部屋だれと?
段原<??
デスペア<ホテルの部屋、一人部屋?
段原<ひ・とりです。
へー段原ももうホテル一人部屋なんだね。研修生のときはきっと相部屋だったのにね。

植村
デスペア<大阪おかえり

佳林
佳林<佳林だよー あっ岡井さんのTシャツ!!
デスペア<??えっこれJJの・・・まちがえてもってきちゃった、わかんないから、ごめんね
佳林<ううんいいよー
不覚にも℃-uteのJUMPコンサとの岡井青Tシャツを着てきてしまった。というか、昼のあと汗をかいたので着替えたのがこの岡井Tシャツ。6/12の℃-uteさいたま解散コンサートに着ていったのがこの岡井Tシャツ。それを洗濯してハンガーにつるしpぱなしで、てっきりJuice=Juiceの220ツアーTシャツかとおもったら岡井Tシャツでした。
はずかしい。でも気付いてくれる佳林はやさしいね。きっと何か意味があるとおもったんだろうな。やさしいね佳林は。

高木
デスペア<段原ちゃん歌うまいよねー
高木<いつもそれ言うねー(失笑)
高木にはそうでしょと言ってほしかったんだけど、高木はちょっとへそをまげたようだった。ちなみに高木がいつもといっているけど、私が亜高高木にいったのは13日の名古屋で、段原ちゃんに負けないでくださいね!!って言っただけなんだけどな。よっぽど段原と比較されるのがいやなのかな?私も大人げないな
すなおに高木の歌のうまさをほめればよかった。

金沢
デスペア<サブリーダーがんばってね。

 7人の初単独ライブ、でも半分以上は5人での曲披露。不思議なもので、私はネクストワンのときは、JJのライブはマンネリしていて、はやく新曲かアルバムをだすべき、それができないいならハローのカバー曲をもっとたくさんやるべきと言ってきた。でも、5人が今日おなじようにJuice=Juiceの歌をうたっていても、全然感じ方がちがう、以前はあれほどマンネリをかんじていたのに、同じようなセットリストでも今日はまったくマンネリを感じなかった。というよりも、5人が歌うJJの曲がとってもいとおしかった。そして涙がでた。ゴールで泣いて、マジックオブラブで泣いて、涙がとまらなかった。7人になってはじめて5人の歌の貴重さを知った。チルチルミチルじゃないけど、ほんとうに大切なもの、なくしたくないものってのは、実はマンネリの中に、自分のすぐ近くにあるものなのね。


Juice=Juice LIVE AROUND 2017 ~Seven Horizon~(7/17 京都 7人での初ライブセットリスト
昼の影アナは金沢、夜は高木、どうやら年齢順で影アナをまわしているよう。昼は開演が5分ぐらいおした。
ダンスパフォーマンス
01.カラダだけが大人になったんじゃない
02.伊達じゃないよ うちの人生は
03.Goal~明日はあっちだよ~  だれかがソロパートとばしていたとおもったら、高木が泣いていたとのこと。私もこの曲ではもれなく泣いている。
MC1(新メンバー紹介、以降7人) 段原と梁川を呼び込んで、段原から自己紹介。段原は自分サイズの衣装がきれてうれしい、梁川はういういしさがないといわれますががんばります
04.Feel!感じるよ  歌割はさほど変更なし、ただ佳林パートが段原に一部うつったような気がする。
05.チクタク 私の旬  こちらは佳林のメインパートはほとんどかわらず佳林
06.夏の夜はデインジャー!/宮崎・金澤・宮本・梁川  メインボーカルは佳林と金沢。ほかの二人はほとんどソロパートなし。佳林が歌い終わったとのMCで曲名をまちがえる、うろ覚え、夏の恋の・・夏のよの・・・。金沢がヨルねとしっかり訂正していた。なんか今日の佳林はこういったMCで凡ミスが目立った。客煽りでもすこしかんでいたりした。さすがの佳林も今日は緊張していたのかな?
07.Summer Wind/高木・植村・段原  この曲がすごかった。3人の声質がすごくあっていて、本家の℃-uteを超えた。あと段原の歌い方がとても感情が伝わる歌い方、息のもらしかたでせつなさをうまく表現していたすごい。
08.Loving you too much  佳林のソロパートほとんどなし。高木と段原が歌い上げている。
MC2(以降5人)  信心2名はステージそでにはけてから、すこし5人でトーク。夏の夜は知らない人もいるようだけど、コールとかオイオイとかいれれる曲なのでみなさんよろしくお願いしますと佳林。夜ではばっちりオイオイがはいっていてご満悦の佳林。
09.愛のダイビング
10.明日やろうはバカやろう
11.ロマンスの途中
12.大人の事情
13.私が言う前に抱きしめなきゃね
14.Magic of Love  涙がでてきた。もしかしたら佳林高木メインボーカルのこの名曲も聴けなくなるのかも?涙がでてきた。まさか段原高木になるってことはないよね。
15.KEEP ON 上昇志向!
アンコール(以降7人)  
16.Fiesta! Fiesta!  段原がメインといってもいい。よく聞くと佳林のソロパートがほとんどなかった。くやしい。
MC3  段原から年齢順に感想。JJの序列としては、段原は16歳だけど、キャリアがある梁川15歳のほうが先輩格にあたるのね。JJの公式並び順は、段原、梁川、植村、佳林、高木、金沢、宮崎。
昼公演MCで、金沢からのサプライズ発表。まさか金沢卒業かと静まる客席、どよめく客席。金沢からは10月10日にゼップダイバーシテxヂで、10月6日にゼップなんばでJ=JDAYとしてコンサートをやることを発表、そして、宮崎もメンバーにも知らせていないことを発表。今度こそ宮崎卒業かとおもいきや、11月20日月曜日に日本武道館公演決定しました。段原、梁川、金沢涙。
18.この世界は捨てたもんじゃない  佳林のクリスタルボイスの出だしがほんといいね。そのあとの高木のシャウト。これが私の好きなJJなんだなと実感。新メンバーの歌割ははなかったと思う。

本編1時間15分、アンコール含めて1時間45分。その後握手会。

Juice=Juiceの今後のライブ予定
2017/07/17(月) 12:58:11.99 0
■Juice=Juice LIVE AROUND 2017 ~Seven Horizon~

日程   開場 開演 会場
7/13(木)  18:30 19:00 愛知 E.L.L.
7/17(月祝) 13:30 14:00 京都 京都FANJ
7/17(月祝) 17:00 17:30 京都 京都FANJ
7/21(金)  18:30 19:00 熊本 熊本B.9 V1
7/25(火)  18:30 19:00 東京 吉祥寺CLUB SEATA
7/26(水)  18:30 19:00 東京 吉祥寺CLUB SEATA
7/30(日)  13:30 14:00 北海道 小樽GOLDSTONE
7/30(日)  16:30 17:00 北海道 小樽GOLDSTONE
8/2 .(水)  18:30 19:00 茨城 水戸ライトハウス
8/3 .(木)  18:30 19:00 茨城 水戸ライトハウス
8/12(土)  13:30 14:00 宮城 仙台Rensa
8/12(土)  17:00 17:30 宮城 仙台Rensa
8/15(火)  18:30 19:00 埼玉 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
8/16(水)  18:30 19:00 埼玉 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
8/23(水)  18:30 19:00 千葉 柏PALOOZA
8/24(木)  18:30 19:00 千葉 柏PALOOZA
8/31(木)  18:15 19:00 神奈川 横浜Bay Hall
9/3 .(日)  13:30 14:00 広島 広島クラブクアトロ
9/3 .(日)  16:30 17:00 広島 広島クラブクアトロ
9/11(月)  17:45 18:30 新宿ReNY (東京)

ライブスケジュール見ておもったのが、なんと関東えのライブ数のおおさ。どうしよう小樽いこうかな?北海道の女子Juice=Juiceファンがとっても暑いんだよね。彼女たちが7人のJJをどのようにうけいれるのか、同じようにもりあげてくれるのか知りたいな。

『アイドル』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハロコン2017サマー ハロー... | トップ | Juice=Juice宮本佳林のブログ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KANA)
2017-07-18 12:27:48
知り合いの元℃-uteヲタだった人もJJのライヴに来てたみたいだけど、絶対に三人の歌唱力褒めないんですよね。愛理や岡井のほうが凄かったしかいわないんですよね。わざわざ関東から京都に遠征してまでJJライヴに来てるのに。℃-uteヲタてのは解散してから、やけに℃-uteを神性化して気持ち悪いやつ多くてかないません。そのてん元ベリヲタのほうが懐が深いように感じました。
サマーウィンド (デスペア)
2017-07-18 19:57:11
サマーウィンドはそごかったですね。ただそのすごさと同じぐらいにそれ以上にくや
しかったのも事実です。きっと℃-uteファンの人もくやしいから認めたくないんだと
思います。それがファン心理っていうものでしょうね。でもやっぱりうまいものはう
まいすばらしいものはすばらしいとみとめたうえで、くやしがるのもファンの務めだ
と思います(’(笑)

コメントを投稿

コンサート舞台」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL