獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

ピーチ航空うのチケット予約は障害者ならピーチコンタクトセンターに電話すればよいと知った。

2017-01-04 23:02:07 | 網膜色素変性症と私
 今日は仕事始め。いままで正月3が日は昼過ぎにおきて朝方ねるという不規則な生活だった私。やっぱり朝おきて夜ねるのがいいね。不規則な生活だとごはんを食べる時間がまばらでどうしてもたべすぎちゃうね。やせないと。



 そんな今日、来月2月11日と12日に香港でおこなわれるJuice=Juiceのライブにいくのならどの飛行機がやスカをいろいろしらべていた私。大阪だとやっぱり関空卯から香港にいくのがいいのね。LCCのピーチ航空が一番やすいよう。



 今日の夜にジムの帰りにちぇっくしたら、2/11の朝8時関空出発の飛行機チケッとは14980円、2/12の深夜(2/13の1時25分)香港発のチケッとが4980円だった。4980円にはびっくり。これに空港使用料とかあって合計で25000円で香港関空お福できるのね。



 ただ網膜色素変性症な私デスペア。海外はやっぱりガイドヘルパーさんと一緒じゃないと無理。視覚障害者なら国内だと一人で見知らぬ場所を旅行しても、通行人に道をきけばいいけど、海外ではそれができない。やぱりガイドヘルパーさんひつ世だね。ということで私がいくのなら2名分の交通費が必要。それでも50000円ぐらいで関空香港往復できるのね。



 ピーチのチケッと料金は日々というか時間刻々と変化するので、行くのならはやめに買ったほうがいいみたい。



 あとピーチはインターネットで予約」するのが一般的で、電話で申し込むと余分な手数料がとられる。ピーチのPCサイトは蔭位読み上げソフトスクリーンリーダーではなかなか操作しづらいサイト、私ではPCからは予約できない。いつもヘルパーさんと一緒にPCをみてもらいながら予約、



 でも、らくらくホンのiモードだと、ちゃんと予約できるみたい。あとスマホでもなんとか予約できるみたい。PCサイトだけがなんか複雑なつくりになっているのかな。



 それでもなかなかインターネットは使えないという人、障害者で特別なサポートを必要とする人は、ピーチ航空のコールセンター(コンタクトセンター)で電話予約しても、手数料はとられないとはじめて知った私。



 これはいいね。視覚障害者の私も、搭乗時に手引きという特別なサポートが必要なのでこれからは予約するときはコンタクトセンターに電話しよっと。



 ただ問題は、このコンタクトセンターの電話がなかなかつながらない、しかもつながらい間中ずっと電話料金が発生する、携帯のかけホーダイプランにはいっている私でも、このコンタクトセンターの電話はナビダイヤルという0570ではじまる電話番号なので、かけホーダイの対象外、1分30円もかかる。20分で600円もかかる。



 ここをなんとかしてほしいな。



 さて2/11と2/12のガイドヘルパーさんの手配をお願いしてるところなので、はやく決まって、コンタクトセンターに電話したいな。



 ほんといい時代になったね、私が学生時代の時は、LCCなんかなかったから海外旅行いくのももっと手間がかかってお金もかかったなぁ。ちなみに私の初海外旅行は香港が中国に変換される前の1194年。あれからもう23年もたつのね。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Juice=Juiceが来月2月に香港... | トップ | 大阪地方裁判所から電話がか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL