獲得された絶望感

~網膜色素変性症とモー娘。と・・・~

昨日大阪弁護士会館に行った。

2017-06-03 22:29:25 | 同行援護支給決定 不服申し立てプロジェク
 昨日の夜、会社おわってから淀屋橋へ。そこから大阪地方裁判所横の大阪弁護士会館へ。

 私の同行援護裁判に興味をもっていただいている弁護士さんが5人ほどあつまって、私の裁判についてアドバイスをくれた。ありがたい。

 ただ、話をきくと、この裁判で勝訴するのはむずかしいとのこと。なんか素人考えでは私のほうが断然有利かなとおもっていたけど、やっぱり行政側にはかなり大きな裁量権があるのね。
 しかも、同行援護は外出サービすであってて、そのサービすがうけられないと生命の機器におちいるというようなことがない。ALS患者だと、人工呼吸器がはずれたり、たん吸引を24時間体制で見守ってもらわないと生命の機器。

 同行援護はそういった危機とは無関係。どちらかというと、生活の質を向上させるサービす。

 なんか難しそうだな。

 あと、その弁護士さんたちは、弁護団をつくってもいい、カンパをあつめてもいいということだたけど、そこまでしてしまうと、もう私の裁判ではなくなって、視覚障害者のための裁判になってしまい、私の自由な裁判行動が制限されてしまう。

 私は利己的な人間なので、私の利害関係に対して主張して、それが結果的に視覚障害者ぜんたいの利益になるのがいいなとおもっている。はじめから視覚障害者ぜんたいのためにというのではない。そこが私の器の小ささ、人間の狭さなんだろうな。でもそうしないと、つかれちゃうね。

 会議のあと、いつものありがとうカードとJuice=Juiceの9thシングル地団太ダンスを参加者にプレゼンと。一気に7枚ぐらいプレゼンとできた。

 もし私が、弁護団をつくって、裁判の説明会をするとしたら、Juice=JuiceのCDをプレゼンとしたいから結成してもらうのかな。そんなもうひとつなにかが私の中にないと、弁護団とかはお願いできないね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁護士さんとお茶をした。

2017-05-31 22:19:40 | 同行援護支給決定 不服申し立てプロジェク
 同行援護支給時間が50時間ではたりないので、不服裁判を起こしている私。障害者問題にとりくんでいる弁護士さんを紹介してもらい、l今日のお昼に弁護士さんと面談をした。
 梅田の喫茶店。二人の弁護士、おそらく私よりも若い弁護士。

 いいなぁ。私も弁護士になりたかったなぁ。
 まぁでも、弁護士をつけずに裁判(本人訴訟)を今まさにやっている途中なので、半分弁護士気分があじわえて、すこしは夢が実現できたかな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

裁判にいってきた。

2017-04-28 22:48:33 | 同行援護支給決定 不服申し立てプロジェク
 2015年から不服申し立てをはじめて2017年に行政裁判に移行して、今日が第2回目の口頭弁論。同行援護月上限50時間では視覚障害者は旅行にいけないじゃないか裁判。

 大阪地方裁判所までひとりでいって、第2回口頭弁論にいってきた私デスペア。網膜色素変性症な私。点字ブロックにそって大阪地方裁判所に一人白杖をついていってきた。淀屋橋駅1番出口から私の足でも15分あればたどりつけるね。

 今回から裁判官が人事異動のため、交代があった。今回の裁判長はとてもわかりやすく、丁寧にしかもはっきりと大きな声でしゃべってくれるので、たすかる。弁護士をつけずに、しかも視覚障害者が一人で裁判をしているということに対する、同情からなのか、とくに私原告にたいしては丁寧に接してくれた。準備書面を読むのにどのくらいかかりますか?準備書面を作成するのにどのくらいじかんがっかかりますか?と聞いてくれて、次回の第3回口頭弁論期日もきめてくれた。

  よかったよかった。しかし裁判官もいろいろだね。今の裁判官ならきっと私の主張を認めて判決をかいてくれそうだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被告から準備書面がとどいていたので読もうとした。

2017-04-11 21:56:15 | 同行援護支給決定 不服申し立てプロジェク
 先週末に郵便局から特別送達郵便が届く。裁判所からの文書。

 私が同行援護サービすの支給時間はすくない、月上限50時間でもいいけど、くりこし利用時間をみとめてよという裁判を起こしている私。
 今月末に第2回口頭弁論。

 その準備書面が被告からおくられてきたのが特別送達。

 証拠類がたくさんおくられてきて、読むのも一苦労、証拠一覧をヘルパーさんに読んでもらって、だいたいの内容を把握しただけ。
 さて私も準備書面をかかないといけないのだが、なかなかやる気がおきない。非常にめんどうくさい。網膜色素変性症な私デスペア。視覚障害者の私。目でみる力がないので、書類はだれかに読んでもらうか、パソコンでスキャナしてOCR文字認識させるほかない。これがとっても面倒。

 でもまぁひとつひとつ処理していかなくちゃね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読売ONLINEと読売夕刊に記事が載った。

2017-02-16 17:59:58 | 同行援護支給決定 不服申し立てプロジェク
 昨日の再b裁判から一夜明けて、取材をうけていたよみうり新聞に私の記事がのっていた。読売ONLINEと読売夕刊。同行援護支給量不服取り消し裁判。網膜色素変性症な私デスペア。視覚障害者なのではじめて行く場所や旅行はガイドヘルパーなしではいけない。そのガイドヘルパー利用時間が月上限50時間というのは少ない、月ではなく年間600時間として支給してほしいとの私の訴え。
 記事になったのをみておもたのは、記事は実にあっさりで、たんたんと事実をつたえているだけ、私のこの熱い思いがぜんぜん紙面からは伝わらないね。

 ただ、記事というものはそういうものなのね。

 記事を呼んで、客観的視点から自分の裁判を見れたような気がした。

 パッションがないと本人訴訟裁判はできないけど、パッションだけだと客観性がなくなってしまうから注意しないとね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加