半ポジティブ日記

まあ、そういうこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1日の間に2度倒れそうになりました~サマーソニック'08 8/9 in 幕張

2008-08-10 09:11:41 | 日常
夏フェスはいきたいなーと思っていたけど、これまでなかなか実行に移せなかったのでとうとう参加してきました。サマソニを選んだ理由は

①移動がフジロックより楽そう
②終了後、お盆休みなので仕事を気にせず楽しめる

の2点です。ほかの理由としてperfumeが見たかったなんて死んでも言えません。

以下一日の内容

12:30~ perfume @DANCE STAGE

(セットリスト)
1.GAME
2.チョコレイト・ディスコ
3.love the world
4.Baby cruising Love
5.ポリリズム

一時間前に入場規制、なのに曲途中で客が無理やり入ったためか大規模な将棋倒しが起こり危く死にそうになる。アイドルなのに前列はモッシュ状態であり少なくとも4,5名は倒れて運ばれてました。あまりの悲惨な状況にDANCE STAGE担当のMCが途中で注意喚起するぐらいの盛り上がりでした。

あと、気になったのがMCでの客との絡みが、

「男の子! 女の子!そうでない人!メガネ!黒縁メガネ!コンタクト!・・・」

完全にaikoの丸パクリ。2年前に見た仙台サンプラザでのaikoのコンサートが懐かしいなあ・・・。

以下、観たライブ一覧。詳しくはまた今度

13:10~ NEW FOUND GLORY @MOUNTAIN STAGE

15:30~ TRIVIUM @MOUNTAIN STAGE

16:45~ マキシマム ザ ホルモン @MOUNTAIN STAGE
→モッシュが半端なく、倒れそうになる(本日二回目)近くでサークルピットが出来てたし、みな次々にダイブしててクチャクチャ。

18:25~ THE VERVE @MARINE STAGE

19:50~ GO!GO! 7188 @ISLAND STAGE
コメント (9)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

別れの季節

2008-02-29 22:37:49 | 日常
がどんどん近づいてますね。今度、フランスに旅立つ高校時代からの友人の壮行会のため、現在は東京行きの「のぞみ」の社内におります。

先ほどまで、美容院で散髪していたんですが、一年間お世話になった五歳年上の美容師のお姉さんも今月いっぱいで辞めてしまうため(入籍により)、今度からどこで散髪しようか検討中です。

そこの美容院では、散髪後に10分程度そのお姉さんとトークすることが慣例となっていて(長かった時は20分にも及ぶ)、それが楽しかったために通っていたという側面もあります。今回の会話のハイライトシーン


お姉さん「今までありがとう。私がいなくなっても髪を切りに来てね」

俺「実は夏くらいに○○さんを食事に誘おうかと思ってたんですよね~」

お姉さん「ほんとに~?何で言ってくれなかったの?その時だったら、まだ間に合ったのに~」

2人「アハハ(笑)」



完全に内容がキャバクラレベル



そんなこんなで、馬鹿なりにも元気に過ごしてます。こんなエピソードも含め、誕生日前日に合コン→飲み屋でホールケーキオーダー→皆でハッピーバースデイ斉唱をセルフプロデュースするなど学生気分がなかなか抜けません。来年度からさらに忙しくなることは明白ですが頑張ります。

来年度から社会人になる等、環境ががらりと変わる周りの人達も頑張ってほしいものです。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

スピード命

2007-12-08 12:12:19 | 日常
だそうです。仕事というものは。考えに考えて100点の結果を1年で出すより、コンスタントに60点の結果を出し続ける方が遥かに価値があるとのこと。

最近、そんな話をよく上司から言われるもので、毎日が「早く今の仕事を終わらせなきゃ」という焦りとの格闘です。もう焦りまくりです。もはや

35歳女性 OL 独身 彼氏ナシ 最近の母親の口癖「早く孫の顔が見たいわ…」 

ぐらいのレベル。もう目もあてらんない。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12月だというのに

2007-12-02 02:17:44 | 日常
愛知県のとあるキャンプ場で芋煮会をやりました。うちの会社とお隣のトヨタ系の会社に勤務する東北大OBが集まって行うというこのイベント。久々の仙台チックな催しに参加し、仙台での数々の甘酸っぱい思い出が去来するかと思いましたが、特にノスタルジックな思いに駆られることもなく、用意された山形風・仙台風の芋煮を淡々といただいて終了。理由はいくつかあると思います。


1.キャンプ場ということもあって、河川敷でないため、芋煮の風情が半減

2.愛知県に芋煮の習慣がないため、やっているのがウチらだけであり、圧倒的に盛り上がりに欠けていた

3.会社の催しかつ俺が一番下っ端だったために気疲れした

4.大学四年生の頃にやった研究室芋煮会で苦い思い出がある(韓国人研究者が来なくて、教授が雷を落とした)


5.そもそも、仙台にいたときにあまり芋煮会に参加してないので思い入れがない



5が濃厚です。



最近は冴えない毎日を送ってまして、飲み会等で

「仕事から寮に帰ってきて何してます?」

と聞かれても言葉に詰まる自分がいます。とりあえず、

「優木まおみのゆうゆうライフ(←ブログ)の閲覧です」等のバカ正直な回答は控えていますね、ええ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京は別世界

2007-09-16 19:25:59 | 日常
どーも、こんばんは。今年度も私にとって耳覚えのないバンドの曲が東北大学祭のテーマソングに選ばれましたね。

先週の話になりますが、2泊3日で東京に繰り出していました。高校時代の友人達4人と遊ぶためですが、皆でバンドをやっていた仲間であり、夜はずっとスタジオにこもっていたわけです。

練習スタジオが池袋にあったこともあり、練習の合間にノリで男4人でサンシャインの展望台へと行ったんですが、予想外の夜景の素晴らしさ(写真参照)。この綺麗さはそこに居合わせたカップルの理性を失わせるのに充分でした。

言うまでもなく、元々そこにはカップルしかいなかったわけですが、成人男性4人の登場により、それまで1:1であった男女比をドラスティックに変えただけでなく、夜景を撮る振りをして、あられもない姿のカップルを写真におさめる等の悪行の限りを尽くしてきました。こういった、どの角度からなめ回しても学生チックなノリは久々であり、少し若返った気がしましたね。

しかし、成人男性と女子高生のカップルが濃厚に絡んでいた様を見たときは、現代社会の歪を垣間見た気がしました。やはり、東京で子供を育てるのは怖いね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

疲れた

2007-08-07 23:47:28 | 日常
これほどまで盆休みが待ち遠しかった事っていままであったかなという感じです。

今週土曜に優雅に飛行機で新潟空港⇒そのままミスチルのライブ(独りで)

の予定ですが、その前日に金曜日に上司にメタメタに怒られることが濃厚であり、気分上々とはいきません。

つーか、学生の時のあの暇っぷりって一体何だったんだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三連休ですねー

2007-07-16 01:53:44 | 日常
と言っても、23時半まで会社にいて、明日も朝一で行くつもりですが…。



やはり、こうもペーペーだと一つの小さな仕事をやるにも時間がかかりまくるわけですよ。慣れたらもっとサクッとこなせるようになるんでしょうけどね。別に上司が「休日出勤しろ!!」と言ったわけではないですし(むしろ、すげーいい人だけど頭良すぎ、仕事できすぎの神)、研究室も大体土日のどっちかは行ってたんで全く苦じゃないです。

むしろ同時期に就職した妹のほうがあまりの忙しさにヒィヒィ言ってます。




この前、同期が



「財布の中にレシートを溜め込んでいる奴は金がたまらない」



って言っているのを聞いたんですが、

財布の中にレシートどころかゴミが所狭しと撒き散らされている論外な私はどうなるのでしょうか?



とひそかに思った次第です。



あと、今週末は2連チャンで合コン的飲み会があるらしいです。

社会人はオンオフの切り替えが重要なんですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みかづきのイタリアン食べたい

2007-07-08 23:59:32 | 思ったこと
母校である新潟高校をwikipediaで調べたんですが

丈夫(ますらお)の存在をすっかり忘れてた!



丈夫ってのは新潟高校の応援歌であり、





入学式・青陵祭・卒業式など様々な場所で歌われる。特に卒業式での「丈夫」は感動的である。「丈夫」を歌う時は、リズムに合わせて上半身を後ろに反らし同時に両手の指先を合わせ顔の高さまで持って来る、独特な「反り」という動作をする。

(wikipediaより抜粋)



まあ、よそから見たら異様な集団ですけどね。


昨夜、高校時代にやっていたバンドの仲間が東京でOLしゃぶしゃぶ(?)だったかで盛り上がり、そのままスタジオ入りしたらしいんですが、その時の俺はというと、工場にいました↓



本当は明日までに研修レポートをまとめなければならないんですが、めんどくさくなってブログ更新です。そんなダメダメな私ですが、ある意味で仕方ありません。新潟にはそれを裏付けるこんな言い伝えがあります。

新潟で杉と男は育たない


ところで、アコムのCMってなんか癒されるよね(特にカンニング竹山編)



借りないけど
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大学時代より

2007-07-06 04:24:25 | 日常
8キロくらい太ってしまった僕です。社会人になってから食生活が激変したんですが、暴飲暴食率の指数関数的増加の代償はあまりにも大きかったわけだよ。

久しぶりに会った人間はおろか、同期入社の奴等にも「太ってきたんじゃね?」と言われるほど。自分で言うのもアレですが、今の俺はフェリシアが大好きなプニプニ系です。つい先日まで毎日自己ベストを更新しまくりのダメ生活でしたが、この前、会社の女性社員に

「斉藤さん、履歴書と顔が違うんですけど…」

と言われて目が覚めた次第です。私の職場は品質管理部ですが、同期に「むしろ自己管理しろよ」とこれ以上ない巧い助言をいただきました。今月中に食事制限で3kgは減らしたいところですが、無理だった時はブートキャンプに入隊が濃厚。最近は集中力の欠如が著しく、記憶力の低下も甚だしいこともあって職場関係者の方々の名前と顔をなかなか覚えられません。(職場に石田さんとか竹内さんが3人いたりするのも一因ですが…)これに直近の肥大化を加味すると、つくづく自分はカスな人間だな~と思うわけです。


話が急展開で申し訳ですが、私が蒼井優という人物を知るきっかけとなった3年前の番組「世にも奇妙な物語 過去からの日記」がyou tubeで観賞することができ、科学の進歩にただただ感謝です。主演の西島秀俊もいい味出してますね。内容はベタなので、見る人にとっては鼻クソレベルの話かもしれませんが、当時の俺はいたく感動してた事を覚えています。


またまた話は変わってサッカーのU20W杯ですが、日本と対戦したスコットランドの戦いぶりがあまりにもふがいなかったからか、2ちゃんで「スットコ」と呼ばれていたのに吹いた。



いつにもなく散漫な文章ですが、夜勤明けであることと、上原ひろみの変態曲を聴きながらのタイピングである事に起因していると思います。


再拝
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ライブの感想など

2007-06-26 23:58:06 | 日常
19:00頃にライブが始まり、阿久津博子と三宅光幸氏が登場するも、いきなり

mihimaru GT「エビバデ セイ HO~!」

客「HO~!」


との掛け合いが始まり、明らかに俺が場違いであることに気付く。ヒップホッパーはみんなHO~とか言わねばならないのかと。

ただ、全体を通じてポップな曲が圧倒的に多く、ボーカルが結構歌うまいんで、割と楽しめはしたんですが、途中で曲に合わせて手をワイパーのように横に振るのはマックス無理でした。また、皆が手を横ではなく縦に振る(いわゆるシャクティパットのような動き)光景を見たときは洗礼を受けた気持ちになりました。

とまあ、客の気持ち悪さはこの辺にしておいて、他にもつっこみたい箇所がいくつかあったので列挙しておきます


・時折登場するダンサーがボーカルそっちのけでステージのセンターで妖艶に踊り狂う


・最初のMCで阿久津博子が言いはなった

「男性の皆さん、モッコリしてますか~?」

を聞いて、瞬時にこの子は天才もしくはバカに違いないと思った。


・サポートメンバーのDJが5分くらいソロで(他の全メンバーははけた状態)プレイという何とも言い難い催し


・三宅氏のそもそも微妙なポジション

…と言いつつも作曲を担当しているらしく、貢献度ではglobeのマークパンサーの比ではない。(しかし、曲によってはステージ上に置かれたソファで前述のダンサーといやらしく絡むなど、素人には理解しにくい演出もあった)


・途中で現れた古坂大魔王という芸人らしき人物の話が非常に面白く、それまでコンスタントにすべっていたmihimaru GTによるMCの無念さが一層引き立つ結果に


あと、俺の周囲には阿久津博子がめっさ可愛いことに異を唱える奴はいませんが、俺が一番後ろで観ていたのと、彼女の顔が小さすぎるのが災いして、顔がよく分かりませんでした。また、PAの近くにいたこともあり、いまいち爆笑を得られないMCを聞きつつも、PAの方々のアツいディスカッションも聞こえてくるという二元中継状態でした。


こんなこと書くと、あたかもライブがつまらなかったかのようですが、ホント楽しかったし、行って良かったです。


あと、アンコール前に最後に歌った「マジカルスピーカー」という曲の終わりに

「コマネチ!」


と叫んだ(もちろんあのポーズつき)阿久津博子の自由すぎるライブでの振る舞いは、天然とかを遥かに超越しており、神々しいものを感じました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加