testpassportはIT関する専門知識を含んで、貴方の大切の時間と精力を節約できます

貴方はIT資格の取得できないことを悩んでますか?Testpassportはお客様のために認定試験を合格できます

Oracle Java SE 1Z0-809参考書は試験の最新バージョンを提供することを要求することもできます

2016-10-29 17:27:23 | Oracle
Oracle認定JavaプログラマSE 6 認定資格は、Javaプログラミング言語の包括的なスキルを証明したいプログラマを対象としています。
この認定資格を取得するには、1Z0-809試験に合格する必要があります。
試験番号:1Z0-809
試験名称:Java SE 8 Programmer II
関連資格:Oracle Certified Professional, Java SE 8 Programmer , Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 - Available only in Japan (Oracle Certified Professional, Java SE 8 Programmer)
バージョン:Java SE
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間:150 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 85 問
合格ライン:65%
出題形式:選択問題

TestpassportのOracle Java SE 1Z0-809問題集を使用すれば、1Z0-809試験勉強の内容を自身の経験に照らし合わせて学習できるため、理解するにも記憶するにも効率的に行えます。
最全面的なOracle Java SE 1Z0-809問題と解答を提供するだけでまく、一年間の無料更新サービスも提供いたします。
1.Given the definition of the Vehicle class:
Class Vehhicle {
int distance;//line n1
Vehicle (int x) {
this distance = x;
}
public void increSpeed(int time) {//line n2
int timeTravel = time;//line n3
class Car {
int value = 0;
public void speed () {
value = distance /timeTravel;
System.out.println (“Velocity with new speed”+value+”kmph”);
}
}
new Car().speed();
}
}
and this code fragment:
Vehicle v = new Vehicle (100);
v.increSpeed(60);
What is the result?
A. Velocity with new speed
B. A compilation error occurs atline n1.
C. A compilation error occurs atline n2.
D. A compilation error occurs atline n3.
Answer: A
2.Given:
IntStream stream = IntStream.of (1, 2,3);
IntFunction<Integer> inFu= x -> y -> x*y;//line n1
IntStream newStream = stream.map (inFu.apply(10));//line n2
newStream.forEach(System.output::print);
Which modification enables the code fragment to compile?
A. Replaceline n1with:
IntFunction<UnaryOperator> inFu = x -> y -> x*y;
B. Replaceline n1with:
IntFunction<IntUnaryOperator> inFu = x -> y -> x*y;
C. Replaceline n1with:
BiFunction<IntUnaryOperator> inFu = x -> y -> x*y;
D. Replaceline n2with:
IntStream newStream = stream.map(inFu.applyAsInt (10));
Answer: D

弊社のOracle Java SE 1Z0-809参考書は試験の最新バージョンを提供することを要求することもできます。
1Z0-809試験に失敗すれば全額返金のポリシーについて、事前に調べたほうがいいです。
弊社のOracle Java SE 1Z0-809試験材料は君のために良い訓練ツールを提供し、君の1Z0-809試験にあなたの全部な需要を満たすためにいつも頑張ります。

Oracle Java SE 1Z0-809試験は以下のセクションから構成されています。
Java クラスの設計

カプセル化を実装する
アクセス修飾子やコンポジションを含む継承を実装する
ポリモーフィズムを実装する
オブジェクト?クラスの hashCode、equals および toString メソッドをオーバーライドする
シングルトン?クラスと不変クラスを作成および使用する
初期化ブロック、変数、メソッドおよびクラスでキーワード static を使用する
高度な Java クラスの設計

抽象クラスおよびメソッドを使用するコードを作成する
キーワード final を使用するコードを作成する
静的な内部クラス、ローカル?クラス、ネストしたクラス、無名内部クラスなどの内部クラスを作成する
メソッドやコンストラクタが列挙型内にあるものを含めて、列挙型を使用する。
インタフェースを宣言、実装、拡張するコードを作成する。@Override 注釈を使用する
ラムダ式を作成および使用する
ジェネリクスとコレクション

ジェネリクスクラスを作成および使用する
ArrayList、TreeSet、TreeMap および ArrayDeque オブジェクトを作成および使用する
java.util.Comparator およびjava.lang.Comparable インタフェースを使用する
コレクション、ストリームおよびフィルタ

コレクション、ストリームおよびフィルタ
ストリームのインタフェースとパイプラインについて説明する
ラムダ式を使用してコレクションをフィルタリングする
ストリームとともにメソッド参照を使用する
ラムダ組込み関数型インタフェース

Predicate、Consumer、Function、Supplier など、java.util.function パッケージに含まれている組込みインタフェースを使用する
プリミティブ型を扱う関数型インタフェースを使用する
2つの引数を扱う関数型インタフェースを使用する
UnaryOperator インタフェースを使用するコードを作成する
Java ストリーム API

基本バージョンの map() メソッドを含む peek() および map() メソッドを使用してオブジェクトからデータを抽出する
findFirst、findAny、anyMatch、allMatch、noneMatch などの検索メソッドを使用してデータを検索する
Optional クラスを使用する
ストリームのデータ?メソッドと計算メソッドを使用するコードを作成する
ストリーム API を使用してコレクションをソートする
collect メソッドを使用してコレクションに結果を保存する。Collectors クラスを使用してデータをグループ化/パーティション化する
flatMap() メソッドを使用する
例外とアサーション

try-catch および throw 文を使用する
catch、multi-catch および finally 句を使用する
try-with-resources 文とともにAutoclose リソースを使用する
カスタムな例外と自動クローズ可能なリソースを作成する
アサーションを使用して不変量をテストする
Java SE 8 の日付/時刻 API を使用する

LocalDate、LocalTime、LocalDateTime、Instant、Period および Duration を使用して日付と時刻を単一オブジェクトに結合するなど、日付に基づくイベントと時刻に基づくイベントを作成および管理する
複数のタイムゾーン間で日付と時刻を操作する。日付と時刻の値の書式設定など、夏時間による変更を管理する
Instant、Period、Duration および TemporalUnit を使用して、日付に基づくイベントと時刻に基づくイベントを定義、作成および管理する
Java の I/O の基本

コンソールに対してデータの読取り/書込みを行う
java.iopackage の BufferedReader、BufferedWriter、File、FileReader、FileWriter、FileInputStream、FileOutputStream、ObjectOutputStream、ObjectInputStream および PrintWriter を使用する
Java のファイル I/O(NIO.2)

Path インタフェースを使用してファイルおよびディレクトリ?パスを操作する
カプセル化を実装する
NIO.2 とともにストリーム API を使用する
Java の同時実行性

Runnable と Callable を使用してワーカー?スレッドを作成する。 ExecutorService を使用してタスクを同時に実行する
スレッド化の潜在的な問題であるデッドロック、スタベーション、ライブロックおよび競合状態を識別する
キーワード synchronized と java.util.concurrent.atomic パッケージを使用してスレッドの実行順序を制御する
CyclicBarrier や CopyOnWriteArrayList など、java.util.concurrent のコレクションとクラスを使用する
並列 Fork/Join フレームワークを使用する
リダクション、分解、マージ?プロセス、パイプライン、パフォーマンスなど、並列ストリームを使用する
JDBC によるデータベース?アプリケーションの作成

Driver、Connection、Statement および ResultSet インタフェースと、プロバイダの実装に対するこれらの関係など、JDBC API の中核を構成するインタフェースについて説明する
JDBC URLなど、DriverManager クラスを使用してデータベースに接続するために必要なコンポーネントを識別する
ステートメントの作成、結果セットの取得、結果の反復、結果セット/ステートメント/接続の適切なクローズを含め、問合せを発行しデータベースから結果を読み込む
ローカライズ

アプリケーションをローカライズするメリットについて説明する
Locale オブジェクトを使用してロケールを読み取り設定する
Properties ファイルの作成と読取りを行う
各ロケールについてリソース?バンドルを作成し、アプリケーションでリソース?バンドルをロードする
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« C9020-568受験対策を勉強した... | トップ | 1Z0-060学習教材を購入した後... »

コメントを投稿

Oracle」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。