testpassportはIT関する専門知識を含んで、貴方の大切の時間と精力を節約できます

貴方はIT資格の取得できないことを悩んでますか?Testpassportはお客様のために認定試験を合格できます

400-051試験資料を使用すれば、最高の結果を得ることができます

2017-03-21 09:30:02 | Cisco
CCIE Collaboration 認定は、複雑なコラボレーション ソリューションの設計、実装、トラブルシューティングを行うコラボレーション設計者、ユニファイド コミュニケーション設計者、音声およびビデオ ネットワーク マネージャを対象としています。
CCIE Collaboration認定は、複雑なネットワークでのコラボレーション ソリューションの統合と相互運用、設定、トラブルシューティング、さらにはワークプレイス コラボレーション ソリューションの基盤としてのビデオ、モビリティ、プレゼンスの課題に関する知識とエクスペリエンスを確証するエキスパート レベルの認定です。
400-051試験を取得するには、CCIE Collaboration認定の要件をしっかりと理解する必要があります。
受験者はCCIE Collaboration認定400-051試験で心配すれば、Testpassportの400-051問題集を選んでください。
Testpassportは400-051試験に合格確実にするために、実際の400-051勉強資料を提供することができます。
弊社のCCIE Collaboration認定400-051試験資料を使用すれば、最高の結果を得ることができます。

Cisco CCIE Collaboration 筆記試験(400-051)バージョン 1.0 は 90 ~ 110 問で構成される 2 時間の試験です。
CCIE Collaboration認定400-051試験では、企業のコラボレーションおよび通信ネットワークの計画、設計、導入、運用、トラブルシューティングに必要なスキルがあることを認定します。

CCIE Collaboration認定400-051試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。 次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、CCIE Collaboration認定400-051試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。
1.0 シスコ コラボレーション インフラストラクチャ  10%
2.0 テレフォニー規格とプロトコル  15%
3.0 Cisco Unified Communications Manager (CUCM)  25%
4.0 Cisco IOS UC のアプリケーションと機能  20%
5.0 シスコ コラボレーション ソリューションの QoS とセキュリティ  12%
6.0 Cisco Unity Connection  8%
7.0 Cisco Unified Contact Center Express  4%
8.0 Cisco Unified IM およびプレゼンス  6%

TestpassportはきっとあなたがCCIE Collaboration認定400-051問題集を取ることを助けられます。
受験者のために時間とお金を節約することようにCCIE Collaboration認定400-051試験内容にも身につけさせるサイトです。
弊社のCCIE Collaboration認定400-051受験資料を使用している場合、1年で無料アップデートを楽しむことができます。
最先端のCCIE Collaboration認定400-051試験問題のすべてのタイプをカバーし、提供するすべての正解です。
弊社のCCIE Collaboration認定400-051試験対策を使って、自分のレベルを高めるだけでなく、自信も高くなります。
最も正確なCCIE Collaboration認定400-051練習問題集を使用すれば、あなたがより良い知識を身につけることに助けになれます。
最新のCCIE Collaboration認定400-051練習問題集を提供し、400-051無料サンプルをダウンロードできます。

1. Topic 1, Cisco Collaboration Infrastructure
Company ABC is planning to migrate from MCS-hosted Cisco Unified Communications Manager
applications to Cisco UC on UCS B-Series servers.
Which statement about installation media support is true for this migration?
A. The install log can be written to a USB flash drive that is attached to the UCS server.
B. The answer file that is generated by the Answer File Generator (platformConfig.xml) can be read from
a USB flash drive to perform an unattended installation on the UCS server.
C. The Cisco Music on Hold USB audio sound card can be mapped to a virtual USB port on a VMware
virtual machine on the UCS server.
D. The answer file that is generated by the Answer File Generator (platformConfig.xml) can be read from
an FLP image that is mounted in a virtual floppy drive.
E. The Cisco Music on Hold USB audio sound card can be mapped to a virtual serial port on a VMware
virtual machine on the UCS server.
Answer: D
Explanation:
Using the AFG will allow you to get this license mac before even touching the server. It is provided after
filling in the main form of the AFG but it can also be found by looking at the last few lines of your
platformconfig.xml file.
Once you have the xml files, you will need to map those to the floppy drive of the VM (no usb support on
the VM OVA). There are many ways to do this. I simply use a freeware virtual floppy app that I drop the
platformconfig.xml file on and then copy the*.flp image out to the datastore. I’ll end up with a directory on
my datastore called AFG that has the host named *.flp images that I will use during install. It also serves
as archival of these files in the event the server needs to be re-imaged. This is important because the
license mac will change if every parameter is not entered exactly as it was prior. If the license mac
changes, you will have to go through the process of requesting new license files to be generated.
Reference: http://angryciscoguy.com/jello/cisco-answer-file-generator-to-the-rescue/

2.Which statement about the Cisco UC on UCS TRC and the third-party server specs-based virtualization
support model is true?
A. Both the UC on UCS TRC and the third-party servers spec-based support models have rule-based
approaches.
B. The UC on UCS TRC support model has a rule-based approach and the third-party servers
spec-based support model has a configuration-based approach.
C. The UC on UCS TRC support model requires a high level of virtualization experience while the
third-party server spec-based support model requires a low to medium level virtualization experience.
D. VMware vCenter is mandatory for the UC on UCS TRC support model but it is optional for the
third-party server spec-based support model.
E. VMware vCenter is optional for the UC on UCS TRC support model but it is mandatory for the
third-party server spec-based support model.
Answer: E
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1Z0-068認定試験に合格するこ... | トップ | Microsoft MCP 70-697問題の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。