Blog 有限会社 保健衛生商会

創業1948年以来69年間積み上げてきた信頼が私達の実績です。

To the 100th Anniversary.

手洗いの効果、水温で違いは?

2017-06-17 07:39:36 | Topics

営業部長です。

『手洗いの効果、水温で違いは?』

手洗いをするとき、細菌を殺すために火傷しそうな熱い湯を使う必要はなく、手指の衛生には水温よりも十分な時間をかけることの方が重要だと分かった。この結果は、食品を扱う施設に対して手洗いに38℃の水を使うように推奨する米国食品医薬品局(FDA)のガイドラインとは相反するもの。

研究を実施した米ラトガース大学(ニュージャージー)のDonald Schaffner氏らは、「快適に手を洗えるようにすることは必要だが、有効性に関する限りでは、水温は問題でないことが示された。冷水を使用すれば温水よりも光熱費を節約できる」と話している。

今回の研究では、ボランティア20人を対象に6カ月で数回の試験を実施。対象者の手を高濃度の無害な細菌で汚染させた後、15℃、25℃、38℃の水で手を洗ってもらった。

その結果、有害な細菌などを取り除く効果は冷水でも温水と同程度だった水温よりも、十分な時間をかけて石鹸で手洗いすることの方が重要であり、10秒以上手を洗えば著明に細菌を除去できることが分かった石鹸の使用量は結果に影響しなかったただし、同氏らは「細菌を除去するのに最適な石鹸の量や種類を正確に決定するためには追加研究が必要」としている。

Schaffner氏は、「この知見は食品サービス業界に対するFDAのガイドラインに変更を迫るものだ。温度要件を定めるのではなく、快適な水温にすべきだとするだけでよい。不必要に水を熱するのはエネルギーの無駄となる」と述べている。

研究結果は、「Journal of Food Protection」6月号に掲載された。(HealthDay News 6月1日)

健康美容EXPO 引用

★『電話消毒薬』について、詳しく知りたい方は、
下記アドレスをクリックしてください。

http://hoken-eisei.co.jp

 

飛沫感染には「マスク」

接触感染には「手洗い」&「電話消毒薬」

有限会社 保健衛生商会



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢沢永吉、自らの人生&アー... | トップ | 『父の日』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Topics」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。