オモシロ&お役立ち医療・研究情報館

医療・健康に関するオモシロい情報や研究報告など幅広くご紹介。
【医歯薬保健獣医学、生命科学、医療経済、研究などなど】

抗てんかん薬、最大で新生児4100人の先天性異常の原因に 仏(フランス医薬品・保健製品安全庁)

2017年05月12日 01時04分45秒 | 

 フランスで抗てんかん薬として1967年から同国で市販されているバルプロエートが、これまでに国内の新生児2150人~4100人の「深刻な先天性異常」の原因となっていたことが仏保健当局の予備調査で明らかになった。

 仏医薬品・保健製品安全庁(ANSM)と国民健康保険当局が共同で発表した報告書によると、てんかん治療のため妊娠中にバルプロエートを服用した女性が先天性異常のある赤ちゃんを出産する可能性は、服用しなかった女性に比べて4倍高いという。

 報告書の共同執筆者でANSMのサイエンスディレクターを務めるマフムード・ズレイク(Mahmoud Zureik)氏は、「調査の結果、(バルプロエートは)催奇形性が高いことが確認された」と述べている。(2017年4月20日 AFP/Brigitte CASTELNAU)

http://www.afpbb.com/articles/-/3125860

『ベビー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界で最も重かったメキシコ... | トップ | 若い血で脳は若返る? 高齢マ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL