オモシロ&お役立ち医療・研究情報館

医療・健康に関するオモシロい情報や学術研究報告など幅広くご紹介。
【医科・歯科、生命科学、医療経済、研究分野などなど】

せき止め薬「コデイン」小児への処方制限へ…副作用で呼吸困難恐れ(厚生労働省)

2017年05月17日 13時00分00秒 | 

 厚生労働省は16日、せき止め薬などに使われる「コデイン」と呼ばれる成分を含む医薬品について、小児への処方を制限する方向で検討すると発表した。

 小児で、ごくまれに重篤な呼吸困難の副作用が生じる恐れがあり、欧米など海外の一部では処方制限が行われている。

 厚労省によると、コデインはモルヒネに類似した成分。国内では、医師による処方箋が必要な医療用医薬品で約60製品、市販薬では約600の製品で使われている。添付文書で、小児に対し慎重に投与するよう求めていた。具体的な処方制限の内容や対象年齢などは、6月に開く有識者検討会で決めるとしている。(読売新聞(ヨミドクター) 2017/5/17(水) )

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00050005-yomidr-sctch

ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンゴ民主共和国でエボラ出... | トップ | 皮膚がんの増殖を阻害する化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL