殿下ノート

殿下(矢森久晴)の日記帳です。
不定期更新な日記ですがどうぞ宜しくです。
現在、【都内全駅巡り】を並行して連載中。

これで日本も安心だ

2017年07月16日 | Weblog
青島幸男「これで日本も安心だ」

学生時代に「青島の意地悪国会報告」や「青島の意地悪議員日記」といった青島幸男の著作を読んで感銘を受けたので期待して読んでみたら、正直、かなりがっかりさせられました。
民主主義を貫く考え方や、立場の弱い人、ハンディキャップを持った人に寄り添うような姿勢、大きな権力に立ち向かう反骨精神に感銘を受け、だからこそ当時の国民から支持を得たのではないかと思うのですが、その頃からは別人のように論調が変わり、決めつけで判断し、若者批判に終始する姿からはかつての青島幸男は全く感じられませんでした。
「意地悪国会報告」の中で市内電話の3分打ち切り制の法案に対して「女性の長電話は決して無駄なものではない。心にやすらぎをもたらすものだ」と理解を示していた、ああいう他者への理解をなくしてしまったことが本当に残念でした。

「新入社員諸君」の章で、会社の指示に従わない新入社員を「甘えきった若者」と罵倒していましたが、今の視点で読むと単に社畜を強いているだけで、これをあの青島幸男の言葉であると言うことに驚きと失望を感じます。

僕は今の会社に入ってから、一回り以上年齢の違う新入社員を何人も育ててきましたが、世代の違う人に対しては、まず相手を理解し、長所を見つけて評価することが、年上の役割だと思っています。この本のように「甘ったれだ」「ゆとりだ」などと批判だけしていても良い結果は何も得られないのにと思いますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウルトラマンの日 | トップ | 夏は水泳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL