旭川市林歯科医院の求人情報

旭川市末広2条11丁目林歯科医院の求人情報です。よく働き、よく学び、よく遊ぶ。林歯科の活動をご覧下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

林歯科地図

2009-12-20 23:26:00 | Weblog


林歯科は、ここです。

旭川市末広二条11丁目5番7号

アクセスマップはこちら→クリックです。

2010年秋の移転予定地は国道40号線沿のここです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭川市林歯科医院の移転予定地

2009-09-10 01:12:05 | Weblog
旭川市・林歯科医院は2010年秋 国道40号線沿い、末広1条7丁目、旧アラモアナ跡地に移転予定です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭川市・林歯科医院 2010年の募集開始 歯科衛生士の求人

2009-09-10 00:33:16 | Weblog
旭川の歯科医院・林歯科医院では、
 歯科衛生士の募集
を行っています。

林歯科医院は、来年、2010年の秋に40号線沿いに移転予定です。 医院の面積も広くなり、業務も多くなりますので、複数の募集を行います。

歯科衛生士用メールフォームからお申し込み、
または
林歯科受付0166-57-6655までお電話下さい。

【既卒者】 2010年1月までに勤務開始可能な方。
資格:歯科衛生士免許
業務:歯科医療のアシスタント、歯周疾患の指導・管理、訪問口腔ケアなど

【新卒者】 2010年4月より勤務可能な方。
資格:2010年卒業・歯科衛生士免許取得予定者
業務:既卒者に同じ

3ヶ月間の試用・トレーニング期間を経て本採用となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭川市・林歯科医院で有給休暇でしっかり遊ぶ

2008-12-24 23:14:21 | Weblog
林歯科医院の常勤職員の有給休暇は、法律で決められた通り。決して多くはありません。
けれど、歯科医院としては、有給の消化率はかなり高いほうです。

今年も、
二人で沖縄までダイビングツアーに行って来たもの→クリック
慰安旅行で体験ダイビングをした後、ライセンス取得に出かけたもの→クリック
仙台まで4泊5日のフェリーを使う旅行を体験したもの→クリック
と、皆がお休みをしっかり楽しんでいます。


どうして、林歯科医院の有休消化率は高いのでしょう?
なぜなら、2年以内で消化してくださいとお願いしているから。
そして、有給を取るためのスケジュール調整は、チーフを通してスタッフ間で話し合って決めています。

職員数の多い林歯科医院ですが、例えば二人が同時に有給をとると、残ったスタッフには負担がかかります。そこを皆で話し合って、早番~遅番の通しをお願いするなど、「お互い様」の気持ちで融通し合っているようです。

有給は法律で決められた制度ですが、通常規模の職員4~5名の歯科医院で有給を申し出ると、他の人の負担が大きくなるためためらうことが多くなるのではないでしょうか?
医院側の工夫で、休診日を作って有休消化を行っているところも多いと聞きます。


林歯科医院は、よく働き、よく学び、よく遊ぶ職場を目指しています。
もし、仕事もプライベートも充実した職場をお探しでしたら、ご連絡下さい。

現在、新卒または既卒の歯科衛生士の募集を行っています。

ご連絡は、

歯科衛生士用メールフォーム
からどうぞ。
お待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭川市・林歯科医院で ★キャリア★ を積んで働く

2008-12-22 12:57:41 | Weblog
林歯科医院は、長期に勤務している歯科衛生士が多い歯科医院です。

現在、歯周疾患メンテナンスチームのチーフをしているSさんもそんな一人です。

Sさんは、新卒歯科衛生士として林歯科医院での勤務を開始しました。当時は、何をやっても中々上達せず、本人も、先輩も、私たちも不安な日々を過ごしました。

彼女が突然めきめき伸び始めたのは、一年後。
ちょうど、中途採用で彼女の同期生が入社したときです。
「自分は進歩している」
それまで、層の厚い林歯科医院で、いつまでも自分が皆に追いつけない不安を感じていた彼女が自信を持つ事で、それまでの不安そうな態度が無くなり、落ち着いた衛生士として振る舞えるようになりました。

それから数年後。
林歯科医院は歯周疾患の長期的なメンテナンスシステムを確立するために、試行錯誤していました。まず、当時の本院チーフのIさんを診療部門から離して、担当制で患者さんを持ってもらいました。次に、ベテランのパート勤務の衛生士のSさんに、ローテーションで同じように担当患者を診てもらう事に。
次のステップで、常勤から担当患者を持つ衛生士をと思ったときに、院長が抜擢したのがSさんです。

「私にはできません」
数人の先輩を飛ばしての抜擢に、Sさんはとまどいました。
けれども、院長の「まずやってみてから言いなさい」という厳しい励ましに、次のステップを踏み出してくれました。

それから、北海道予防歯科懇話会、旭川歯科医師会学術大会、と林歯科医院のメンテナンスシステムと治療例の発表は、彼女が行うようになりました。

初めてのパワーポイントの操作、
プレゼンの作り方、
発表の方法、
ワンステップワンステップ、何度も「できません」と言い乍ら、涙を浮かべてでも今日まで頑張ってきました。


今のSさんは、林歯科医院・院長の片腕。
メンテナンスシステムのこれからについて相談する相手となり、新しい診療技術の導入をするときには、皆と一緒にトレーニングを行っています。


責任のある立場で、歯科衛生士としての業務に携わりたい。
担当患者さんの歯周疾患メンテナンスを、患者さんと一緒に進めて行きたい。
そんなあなたのご応募をお待ちしています。
常勤勤務・パート勤務いずれもご相談に応じます。
メンテナンス技術に不安のある方には、トレーニングを行います。


林歯科医院でばりばり働いてみたいあなたのご連絡をお待ちしています。

歯科衛生士用メールフォーム
からお申し込み下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭川市・林歯科医院で ★もう一度★ 歯科衛生士として働く 

2008-12-21 23:28:00 | Weblog
林歯科医院には、結婚出産などの人生のイベント時に退職を経て、再び歯科衛生士として働いているスタッフがたくさんいます。

Sさんもそんな一人です。

Sさんは、林歯科医院の開業3年目に、はじめて新卒で採用した衛生士さんです。
開業時から勤めてくれた人たちは、皆、中途採用。
他の歯科医院で鍛えられて来た人でした。

勤め始めたときから、手先の器用さはずば抜けていました。
それもそのはず。専門学校入学時は技工士さんになるか衛生士さんになるか悩んだという人です。
手先の器用さを生かして、歯科衛生士としてどんどん成長し、林歯科の中心スタッフになりました。


「他の職場でも働いてみたい」
Sさんは、数年後、さらなる飛躍を求めて次の職場へ移動しました。
就職後初めて勤めた歯科医院。
林歯科医院でマンネリに陥っていたのかもしれません。
私たちには残念な事でしたが、『またいつか帰ってきたいときには言ってね』と送別パーティをして送り出しました。

「もう一度林歯科で働きたい」
それから数年後。
Sさんは再び林歯科医院に戻ってきてくれました。
その間に林歯科の診療システムには様々な変化がありましたが、持ち前の器用さを生かして、すぐ周りのスタッフに追いついてくれました。

「夫の転勤で帯広に行く事になりました」
常勤として勤務する中で、結婚を経て、転勤のために退職する事が決まりました。
帯広でも衛生士として勤める事を希望していたSさんですが、転居後間もなく妊娠。
出産後も旭川に里帰りするときには林歯科医院に顔を見せてくれていました。

「先生!Sさんが帰ってくるそうですよ」
そんなある日。スタッフから報告がありました。2008年の春です。
再び旦那さんの転勤のため、旭川に戻って来たSさん。
ちょうど幼稚園に入るお子さんのお母さんになりました。
相談を受け、午前中だけの勤務で林歯科にパート勤務をお願いすることになりました。


女性の人生の様々なステージで、歯科衛生士として成長するだけではなく、人間としても成長していく。その体験が医療の中で生かされる。
そのような職場であることを林歯科医院は目指しています。

あなたの人生体験を、林歯科医院で生かしてみませんか?

キャリア、得意な分野に合わせて
勤務できる時間に合わせて
必要な収入に合わせて
林歯科医院であれば、あなたの勤務形態をプログラミングする事が出来ます。
もし、あなたに「やる気」があるのなら!
短い時間でも集中して働ける人をお待ちしています。

必要なのはやる気と能力です。
林歯科医院でばりばり働いてみたいあなたのご連絡をお待ちしています。

歯科衛生士用メールフォーム
からお申し込み下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新卒衛生士1年目で勤める 旭川市★林歯科医院

2008-12-20 16:58:16 | Weblog
専門学校を卒業して、最初に勤める歯科医院が林歯科の人。
たくさんいます。

今日は、その中の一人、Hさんをご紹介しましょう。

Hさんは、今年の春から林歯科に勤務を開始した新卒衛生士です。
卒業前に、見学をしたいという電話が来ました。
今年度新卒の衛生士さんで、林歯科に応募された方は二人いましたが、
「事前に見学したい」という積極性を買って、Hさんを採用しました。

新卒の時は、誰でも技術はつたないもの。
林歯科では、出来るようになってほしい技術の水準が決まっています。
自分の休み時間を利用してユニットで練習をしたり、先輩に手伝ってもらって練習したり、半年ぐらいは自主とレーニングに取り組んでいました。

「先輩衛生士がいなくて不安」
という声を聞く事がありますが、林歯科に新卒で就職される方にはその不安はありません。現在、常勤12名、非常勤8名の歯科衛生士が勤務する林歯科なら、誰に相談するかを悩む事はあっても、指導者の不足に悩む事はありません。
歯科衛生士専門学校の非常勤講師を務めて来たスタッフもいますので、ご安心下さい。


現在のHさんは、診療室ではなくてはならないメンバー。
診療補助、歯周病の検査、歯の清掃指導、歯石のクリーニング。たくさんのしごとをてきぱきこなしています。
また、林歯科医院のMFTチーム、筋肉コンディショニングチームの一員として研鑽にも励んでいます。

週に2回ほど、訪問診療のアシスタントとして外部に出る事もありますが、施設の方や在宅介護に当たっているご家族にも評判がよくかわいがられています。


こんなHさんの後輩になる新卒歯科衛生士の募集を行っています。
林歯科医院でばりばり働いてみたいあなたのご連絡をお待ちしています。

歯科衛生士用メールフォームからお申し込み下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加