忍足伝のブログ

使用者の「労働コンプライアンス違反」は許さないをモットーとし、ブラック企業の悪事を専門家の立場から考察する。

有馬珠子さんの新作をご紹介します

2017年06月14日 | 電子書籍

私の知人でフリーライターの有馬珠子さんが、先日電子書籍を出版しました。
目から鱗がポロポロ落ちるセクハラの話: これが意識の最前線!
というタイトルの作品です。
私も早速読んでみました。その内容はタイトルの如く、目から鱗がポロポロ落ちるものでした。
いつまで経ってもセクハラが止まない理由を、女性の分類を例示して分かりやすく説明しています。
女性は「性・女性」と「人間・女性」に分類されるというのが、有馬さんのロジックであり、その分類に男性が気づかないことが、セクハラが減少しない原因と分析しています。
電子書籍をお読み頂くと、より詳しい内容を知ることができます。

なぜ女性は二種類に分類されるのか?

セクハラ加害者の特徴とされる、言動や行動とはどのようなものか?

有馬珠子さんの新作を読めば分かります。
女性にも男性にも向けて書かれている内容ですから、どなたが読まれてもセクハラとはなんぞやを知ることができます。
ご興味がありましたら、Kindleストアからダウンロードしてお読みください。
忍足伝がオススメする一冊です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「反省」を安易に口にする電通 | トップ | Jリーグの常務理事によるセク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む