いぬのきもち ばすのきもち

2017年2月12日
僕の寄り道――いぬのきもち ばすのきもち

毎週末の老人ホーム訪問。施設はバスの終点にあるので、帰りは始発時刻に合わせ、玄関から小走りにスロープを下り、びったり発車時刻に間に合うようにしている。

「待て」を仕込まれた犬を見ていると楽しい。使役犬としてしつけられた犬は、「待たなければいけない」というしっかりした覚悟で待っているように見える。

いっぽう、かつてわが家にいたような遊び犬は、「待て」の試練に耐えた先にあるご褒美を思い出さないよう、なんとか雑念を振り払おうと懸命の努力をし、こちらをちらっと見て視線が合うと、気まずそうに顔を背けたりしていた。

発車時刻に間に合うよう老人ホームを出たら、始発バスが「待て」の姿勢で停車していた。静止を苦にせずしっかりした覚悟で待てているように見えるのは、条例で停車中のアイドリングが禁止されているからだ。きもちの問題ではない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 時間の見方感じ方 日曜はコメよ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。