隣接区のさんぽ帖

2016年10月17日
僕の寄り道――隣接区のさんぽ帖

10月15日、来客があるので隣接区である北区の商店街に買い物に出たら、店頭に「北区商店街さんぽ帖[保存版]」という小冊子が置かれていて、ご自由にお持ちくださいと書いてある。発行者は「北区商店街連合会」だが「北区」と冠にあって「&TOKYO」とフッターにあるので北区の商店街連合会に北区と東京都から補助金でも出ているのだろうか。そう思ってひっくり返したら、裏表紙は発行者が「豊島区商店街連合会」とあるので、北区と豊島区と両商店街連合会と東京都の相乗りになっているのかもしれない。いわゆる両方の表紙から読めるダブルノーテーションになっている。

「人間、食うことに仕事として関わっていれば食いっぱぐれはない。わざわざ電機メーカーになんか就職するやつはバカだ」
というのが就職で世話になった大学の大先輩に嫌味で言われたことだが、やはり寂れ行く商店街振興の目玉は食べ物関連の店が主体になってしまっており、中身はありがちなグルメガイド風になっている。それでもフリーペーパーによくある「掲載料を払った店だけ載せてやったよ」が見え見えの、貧困ビジネス的町おこし屋がつくったような腐臭が少ないのは、多少公共性のしばりがかかっているからだろうか。

載っている店と載っていない店、取り上げられている商店街とそうでない商店街の不公平など、楽しく眺めながらいろいろ思うところもあるけれど、ちっとも紹介してもらっていない店の店頭でも嬉しそうに配布されていたのが救いになる。大先輩の言葉を借りれば
「人間、食うことに関わっている店を盛り立ててついていけば商店街に食いっぱぐれはない」
ということを知っているのだろう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ハナミズキ 昔からある店 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。