でんちゃんのブログ

美しい風景、おもしろい事、おいしい食物大好き人間のブログです。

餃子の王将の北白川店セット

2016-05-15 21:13:18 | 京都
京都の実家に帰った折、餃子の王将 北白川店に久しぶりにご飯を食べに行ってきました。


夕方、早めに行ったのですが結構人が入っていて相変わらず活気ある店内の雰囲気でした。

今回頼んだのは、ラーメン、焼き飯、唐揚がセットになった北白川店セット。カロリーは、かなり高めですがおいしかったです。栃木の宇都宮インターパークの中にも王将があって食べに行ったことがありますが、やはりこちらの店の味の方が自分の中でしっくり来るものがありました。近くにくる機会があればまた立ち寄りたいと思います。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大原温泉湯元 京の民宿 大原の里

2016-03-20 19:37:42 | 京都
3月12日~13日にかけて京都市左京区の山里にある大原温泉湯元 京の民宿 大原の里に行ってきました。周りには何もない静かな環境でしたが、結構お客さんは来ていて人気の宿のようでした。


食事はここの名物らしい味噌鍋を食べました。体が温まってなかなかおいしかったです。

 
お風呂は内湯と露天風呂がありましたが、両方とも誰もいない貸切状態で入れてかなりリラックスできました。

ドライヤーが壊れていたり、朝食が時間になってもまだ準備ができていなかったり(自分がせっかちなのか?)、細かな部分が駄目なのが少し残念でしたが、温泉のよさを再認識した旅でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2016-01-05 21:50:48 | 京都
年末年始、京都に帰省してきました。

去年の年始は雪が降るくらい寒かったのですが、今年は今まで経験したことがないくらい暖かかったです。

陽気に誘われて、平安神宮に足を運んで初詣に行ってみました。



以前道路だったところが、歩行者天国になっていました。


やきそばや大判焼きの屋台から良いにおいがして来るのを横目に観ながら、人混みを掻き分けて平安神宮に到達。並ぶの嫌いなので、神殿の横あたりでお参りしておきました。



側にある京都市美術館でフェルメール・レンブラント世界劇場の女性という17世紀オランダ絵画の企画展をやっていたので絵画鑑賞してきました。有名な水差しを持つ女という作品は、構図のバランスのよさと窓から入ってくる光の加減が絶妙で賞賛されているだけのことはあるなあと思いました。


何気なく出歩いて、世界的な神社や絵画が見れるこのあたりの地域のすごさを改めて感じた京都帰省でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の京都散策 南禅寺大寧軒

2015-08-23 20:57:53 | 京都
金地院の隣にある今年の夏の特別公開をしている南禅寺大寧軒(だいねいけん)にも足を伸ばしました。

大寧軒は、明治の茶人藪内紹智(やぶのうちじょうち)によって作庭された池泉回遊式庭園。
鳥居を三基組み合わせた形の三柱鳥居は珍しい。








入って15分くらいして団体客が入ってきたのであまりゆっくり出来ませんでしたが、なかなか落ち着いた空間で行って良かったと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の京都散策 無鄰菴

2015-08-22 20:18:45 | 京都
美術館に行った後、無鄰菴に足を伸ばしました。
無鄰菴は明治27年~29年に元老山県有朋が造営した別荘。小川治兵衛(7代目)が作った庭で、疎水の水を取り入れ東山を借景とした池泉廻遊式庭園がある。

母屋から庭を眺めている心が落ち着く感じがし、山県有朋のお気に入りの場所で奥さんを連れて頻繁に行っていたというのもわかる気がします。








洋館の2階は、狩野派による金碧花鳥図障壁画で飾られていました。この部屋で元老山県有朋、政友会総裁伊藤博文、総理大臣桂太郎、外務大臣小村寿太郎の4人が日露戦争直前の外交方針を決める無鄰菴会議を開いたとのこと。そのときの部屋がそのまま残っておりこの中の空間だけが明治時代のまま時が止まっているような不思議な感覚を味わうことができました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の京都散策 京都市美術館

2015-08-21 21:19:02 | 京都
岡崎公園内にある京都市美術館にマグリット展を観に行ってきました。



マグリットはベルギーの画家。昔、何かの本で独自の不思議なシュルレアリスムの画を見て以来名前を覚えていたのですが、たまたま展覧会をやっているということで当日券を購入して美術館に入りました。

画を観た印象としては、1枚の絵の中に普通の人には想像することすらできない不思議なマグリットワールドが無限に広がっており生で見る価値はありました。やはり、何十年に1回出る天才の1人だと思いました。

美術館に行くといつも思うのですが、観に来ている人たちにちゃらちゃらした人はあまりおらず、落ち着いた教養レベルが高い人達が多いような気がします。優れた芸術に触れることは、心の栄養になりかつ人間性の幅を広げてくれると思うので興味あるものには積極的に足を運んでいきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の京都散策 三室戸寺

2015-05-17 20:03:47 | 京都
京都シリーズもようやく最後。トリを飾るのは三室戸寺。約1200年前、光仁天皇の勅願により三室戸寺の奥、岩渕より出現された千手観世音菩薩をご本尊として創建されたとのこと。



紫陽花寺して有名ですが、この時期でも5千坪の大庭園はツツジなどの花が咲き乱れており何時間でも居続けたいと思わせる空間でした。






宇治上神社から歩いていったのですがかなり距離がありかなり疲れましたが、思い切って行って見てほんとに良かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の京都散策 宇治上神社

2015-05-17 18:02:44 | 京都
宇治川を東岸に渡り、宇治上神社に向かいました。

宇治上神社は、うじのわきいらつこ、応神天皇、仁徳天皇が祭られていて、本殿(国宝)は平安時代後期に伐採された木材が使用されていて日本最古の神社建築だとのこと。



小さな神社ですが、拝観料を取られることもなく観光客も地元の人も気軽に入れる雰囲気ですごいものが何気なく存在する京都という町の奥深さを感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の京都散策 平等院鳳凰堂

2015-05-16 19:53:19 | 京都
今まで大概京都の有名寺院には足を運んできたのですが、宇治の平等院鳳凰堂だけは行ったことがありませんでした。しばらくは改修工事をしていたのですが、それも終わったということだったのでついに念願かなっていくことができました。

平等院鳳凰堂は、1052年関白藤原頼通によって父道長の別荘を寺院に改めて創建された。その翌年、阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、その建物が現在鳳凰堂と呼ばれている建物であるとのこと。

10円玉でおなじみの建物の実物を見るとさすがに感動しました。鳳翔館の宝物類も見ごたえがありかなりよかったです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の京都散策 滝口寺

2015-05-14 23:42:10 | 京都
続いて、いつもだったら祇王寺に行く所なんですが、今回は今まで行ったことのない滝口寺に一度行ってみたかったので向かって見ました。案内標識とかが目立った所になく、どこからはいるのだろうと少し迷いましたが何とかたどりつきました。

滝口寺は法然の弟子念仏房良鎮が開創した往生院の子院三宝寺の旧跡。平家物語の平重盛の家来斎藤時頼と建礼門院の侍女横笛との悲恋の物語ゆかりの地として近年再興されたとのこと。







人が全然おらず、長い時間鳥の声でも聞きながらのんびりぼーーとするのには良い雰囲気でした。もう少し、綺麗にして観光客向けのアピールをしたらもっと人を呼び込めそうなお寺でしたが、あまり、金儲けに執着していないところが良心的で個人的には好感が持てました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加