伝次朗の Befor & After独り言

人生・ビジネスの方向性に迷走しないための元気と勇気と笑顔を与えるブログ

悩んだ時には伝次朗に会いに行け!!

こんにちは!人間力プロデューサー藤田伝次朗です。 随時、体験セッション・相談を無料にて行っています。 お気軽にご連絡ください。 denjirou@dream.com(全角の@を半角の@に変えてください。)

自分を知るとはなにか?

2017-05-23 | ビジネスプロフィールセッション

私はこの10年ビジネスコーチをしている関係で

様々な企業経営者、ビジネスパーソンを見てきました。


よい商品サービスをもっているのに

なぜ売れず生き残れないのか?

また、生き残れた企業の社長と、残念な企業の社長を

探求し調べてきました。

その結果
生き残った社長の共通点に気づきました。


それは、

「自分自身をよく知っている」。

そして、自分の言葉でストーリーをもちいて

伝えているということでした。


今日は「自分を知るとはなにか?」

何を知ればいいかについてお話しします。




私はBPプロデュースの受講生に「3つの自分を知る」

を伝えてます。

一つ「価値観」

二つ「強み」

三つ「ターゲット」

を言葉にして書き出し、要約していく言語化が

重要だと伝えてます。




価値観とは「こだわり」「大切にしている」こと。

強みとは「人の役に立つ」こと。

ターゲットとは「自分のことを知らない潜在顧客」です。




あなたの価値観を一言で語れますか?

あなたの強みを一言で語れますか?

あなたの顧客ターゲットを一言で語れますか?



ちなみに私のことをお話しすると、

私の仕事のこだわりは「覚悟」です。

私の強みは「質問力と言語化力と洞察力」

私のターゲット「自分という商品を買ってもらうビジネスパーソンです」



一言で語ることで、自分軸が明確になりブレない

一貫性のある嘘のない自分、自我の確立ができてきます。

つまり強固な土台が築かれる。

別の言い方をすると、大地に根を張る。と言えます。



ぜひ、「3つの自分を知る」を一言で語れることに

チャレンジしてみてください。

今日も「元気・勇気・笑顔」な一日でありますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生の経営者は自分である

2017-05-19 | ビジネスプロフィールセッション

こんにちは、藤田伝次朗です。

今日、私が伝えたいことは一つです。
それは「自分は何者か?」一言で語る。ということ

では、なぜ、「自分が何者か?」一言で語る
必要があるのでしょうか?

人はみな経営者だからです。


中には、サラリーマンだし、主婦だし
人も雇ってない個人事業主だし、
経営者ではないから、関係ない‥
という方もいらっしゃると思います。

そんな方に、私はこんな質問をします。

あなたの人生を経営しているのは誰ですか?
「自分」
その人生で取り扱っている商品はなんですか?
「自分」
その商品を作っているのは誰ですか?
「自分」
その商品を売っているのは誰ですか?
「自分」
その商品のクレーム対応しているのは誰ですか?
「自分」

そう、全て「自分」なんです。
人生を会社と見立てると、経営者は「自分」だと
いうことです。

だから関係ないことはないんです。

「経営者とは何か?」を学ぶことは、
自分らしい人生を切り拓く力を磨き
自分を成長させる上で、大切で有意義なことです。

ぜひ自分事として捉えてください。



サラリーマンの方は、(もちろん主婦や個人事業主の方も)
自社の社長以外の人と積極的に出会ってください。
社長さんと会うなんて、敷居が高いとか、
自分なんて会っても迷惑だろうとか、
思わなくても大丈夫。

なぜなら、
社長さんたちは、孤独で、寂しがり屋で、
教え好きな人が多いからです。

その際、こんなことを尋ねるといいですよ。
「社長さんの仕事に対する考え方、姿勢を
教えてもらえますか?」

また、
「社長の価値観、世界観、人生観を知りたいので
聞かせてもらえますか?」

社長さん、きっと饒舌に話されると思います。
もし、そんなこと難しくて語れない社長さんなら
残念な社長さんだから、知り合いになる必要は
ありません。

10年以上会社経営している優秀な社長さんなら、
ちゃんと答えられる人間力を持ってます。
そんな社長さんとつながることです。

いろいろな人の価値感・世界観を知ることによって
自己成長につながり、自分を知るきっかけにもなるのです。

では、なぜ、人生の経営者である私たちが、
自分は何者か?一言で語る必要があるのでしょうか?
そては、また、後日〜〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経営者は自分は何者かを一言で語る

2017-05-18 | ビジネスプロフィールセッション

「私は何者なのか?」
〜 一言で語れると理想の客が引き寄せられ、ビジネスが加速する〜
というテーマで、ビジネスプロフィールの重要性について
先日、特別に中小企業家同友会という会の経営者を前にして講演してきました。


非公開の講演の一部をご紹介します。

===================

冒頭、こんな質問を参加者へ投げかけてみました。
あなたも、考えてみてください。


5ー14.8

10ー6.3

20ー0.4

30ー0.021

この数字が何か分かりますか?

そうなんです、企業の存続率です。

100社あたりで5年存続14社。10年存続6社。

20年で0社 30年で0社です。

5年で90%の会社が市場から消えている

厳しい現実から語りました。

(中略)

そして
なぜ?「私は何者なのか」を一言で語る必要があるのか?
ある衝撃的な事例エピソードをお話しました。

(ご本人からブログ投稿承認を頂いていないのでここでは
話せませんが、承託を頂いたときにご紹介します)

(中略)



よい商品、サービスをもっていても、

なぜか売れない時代です。

どうすれば売れるようになるのでしょう?

様々な方法があります。

例えば

・ 新聞や雑誌広告といったマス媒体を使って宣伝し、会社のサービスを知ってもらう

・ SNSというネットメディアを活用する

・ 今まで以上に営業に力を入れ、もっとがんばる

・ 4P4Cなどといったマーケティングを勉強して売れるようにする

・ しっかりとした経営計画書を作成し売れるようにする

いろいろあるでしょう。

またそうした努力も必要かもしれませんが、人とお金と時間がかかります。



実際にマーケティングとかブランディングとかマネジメントを勉強して

実際の仕事に使えるようになるまでに私は何十年という歳月を費やしました。

覚えたころには、新しい手法、経営戦略が次々にでてきました。

使えるようになった時には、効果はありませんでした。



では、どうすれば売れるのか?

やり方手法の前に「土台」を固めることです。

しっかりとした土台の上に「やり方手法」を試していくという

姿勢/考え方で取り組むことが大事。



ビジネスプロフィール(BP)プロデュースでは

3つのキーワードと秘技をお伝えしています。

キーワードは

「共感性」・「意外性」・「希少性」



①「自分を知る」

②「自分の価値を見込み客に正しく伝える」

③「ストーリー戦略」です。



(中略)

では、「自分の知るとはなにか?」

何を知ればいいのでしょうか。

(考えてみてください)



私は「自分を知る3つは」

一つ「価値観」=>仕事の上での「こだわり」「大切にしていること

二つ「強み」=>「ひとに役立つこと」

三つ「ターゲット」=>「まだ、自分(自社)のことを知らない潜在顧客を知ること」


と思います。

BPプロデュース初期段階では、この3つを

言葉にして書き出し、要約していく言語化が重要だと伝えてます。



では、今日も「元気・勇気・笑顔」ではりきっていきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

要約力を鍛える練習法

2017-05-02 | ビジネスプロフィールセッション
ストーリー戦略ビジネスコーチの伝次朗です。
GWは、有田陶器市にいくのが我が家の恒例行事
あの賑わい、掘り出し物を見つけるワクワク感が
たまらないですね。


今日は、「要約力を鍛える練習法」についてお伝えします。


要約力とは、多くの情報量をコンパクト
にまとめる力のことです。

会議の内容を資料1枚にまとめたり
伝えたいことを一言で表したりするときに
要約力が必要になります。

人と話すときは、要点をしっかりと
伝えることが重要ですが
自分が言いたいことを長々と話をする人
がいます。


ビジネスプロフィールも同様です。
自分は何者なのかしっかりと要約しないと、
取り扱い説明書のようになり
読み手にあきられてしまいます。


さっそく試しにあなたの要約力チェック
ワークをしてみましょう。

以下の文章を( )内の字数に要約してください。
=================
ワーク①
動物園で人気者のペンギンは空を飛べないが鳥である。
(10文字に要約してください。)

ワーク②
先週とくらべ今週は平年より気温が高くムシムシした暑い日が続くでしょう。
(15文字以内に要約してください)

ワーク③
ニュージーランドの面積は、ほぼ日本と同じなのに人口は約440万人と少なく日本の約3%にすぎません。
(18文字以内に要約してください)


どうでしたか、制限文字数で収められましたか。
もし、よろしければ、あなたの答えを送りください。
回答を送ります!

denjirou@dream.com(全角の@を半角にしてお送り下さい)

==================


上記ワークが難しいようだと、
あなたの話は取り扱い説明書になっています。

つまり
「本質」がつかめてないということ。
本質を語るには「抽象度」を上げることです。
この「抽象度」を上げる事については、
また後日お話ししたいと思います。

さあ〜!練習あるのみ!

★「要約力」を鍛える練習法を紹介します。

普段から読んでいる新聞を使い要、約力を鍛える方法。

ステップ①
一般紙の記事を1つ選び、切ったりテープを貼ったりして記事のタイトルを見えないにします。

ステップ②
タイトルを隠した状態で本文を読みます
ここでは、どこが記事の重要な部分で
何がキーワードなのかを考えながら読むのがポイントです。

ステップ③
本文の内容を要約し、その記事のタイトルを自分で考えます。10〜15字くらいを目安にする


要約力を高めると格段に伝わる力が身につきます。
ガンバって!

=================
GW中「伝次朗の体験コンサルセッション」を希望される方、
希望日時と、電話か対面を指定し
下記メールへ送りください。

体験セッションされた方々の相談
□ 自分の価値をどのようにプロフィールに書けばよいか知りたい
□ 何をしている人か、よくわからないと言われる
□ 人にきちんと伝えたつもりでも、よく誤解される
□ よい商品サービスだと自信があるが、なぜか売れない
□ 自分の強みがよくわからない
□ 自分を変えたいが、どうすれば変われるのか知りたい
□ 私は何者か?うまく表現できない

メールアドレス:denjirou@dream.com(全角の@を半角にしてお送り下さい)
連絡先:090-8408-7425
福岡市中央区警固3丁目2−20
株式会社トレンドグループ(内)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思考整理練習法

2017-04-21 | ビジネスプロフィールセッション
本日もはりきっていきましょう。
「思考整理をする」ために秘密の練習法をお伝えしますね。



言葉だけだと思ったら
大間違い!という話をしたいと思います。

伝次朗はご存知の通り、
「言葉の力!価値は言葉」
という理念を持っていますから、
言葉には、少し敏感になります。
ですが、
今日、あなたに
お伝えしたいのは、
————————————
「言葉」ではなく「数式」
————————————
です。
どういうことか? まず自分の中で外せない
「キーワード」
をいくつか出してみてください。

ではそれを、
数式にしてみてください。
例えば、
あなたの中で、
「コミュニケーション」が外せないキーワードだとすると、

——————————————————
コミュニケーション=●●×▲▲ ▲▲
——————————————————
などの数式にしてほしいのです。

これは、
上級コースの話です。

ですが、
ぜひチャレンジしてみてください。
・●●に何が入るのか?
・▲▲に何が入るのか?

掛け算ではなく、
割り算で表現できるかもしれない。
足し算かもしれない。

人の数だけ回答がある!!
と考えています。

正解や不正解などありません。
ここでのポイントは、
———————————————
・考えが凝縮されているか?
・表現する言葉を持っているか?
———————————————
ということ。

考えが凝縮されていなければ、完全に思考停止ですね。
そして、
表現する言葉を持たないと、これまた数式になりません。

——————————
言葉の数式は、
図解化と同じである
——————————
と思っています。

共通点は、
自分が理解していないと、書けない!!
ということです。

あなたもぜひ
自分の思考整理のためにチャレンジしてみてくださいね。
自分が理解できていないことが相手に伝わるはずがない!
と気づけたら、そこから成長が始まります。

参考にこれまでの伝次朗受講生の回答を紹介しておきます。

<Aさん>
視点力×つっこみ力×時空の想像力=●●力

<Bさん>
本質に働きかける力×愛×情熱=●●力

<Cさん>
高い抽象度×理解力-主観=●●力

<伝次朗もひとつ思いつきました>
質問力=(洞察力×好奇心)÷仮説

今日もすばらしい一日を!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加