続 ターボの薩摩ぶらり日記

写真と俳句のコラボレーション 

芒と白鷺

2016年10月29日 | 日記


風に吹かれて手招きしているような穂芒へ、ダイサギ、チュウサギのどちらだろうか、白鷺が近寄った。
画像は25日、西谷山で撮影。

    夕すすき白鷺しろき壺となる          星眠

まるくなって眠りにつく白鷺を白磁に見立てて、良夜にすすきを活けたいとう句意だろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鴫立つ | トップ | 山頂澄む »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白い壺 (諏訪ッチ)
2016-10-29 09:54:48
確かに夕闇に白い壺が並んでいる風景は、
目にしたことがありますね。
諏訪ッチさんへ (ターボ)
2016-10-30 07:49:58
的はずれではなかったですか。安心しました。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL