続 ターボの薩摩ぶらり日記

写真と俳句のコラボレーション 

楤の花

2016年10月11日 | 日記

だれもが通る道のべの楤の木に,花が咲いていた。
春、天麩羅のネタとして芽がおそらく小生にだけしか摘まれなかったので、花を結んだ。
画像は今朝、谷山中央で撮影。


    楤の芽の道あるかぎり摘まれをり           仁義

こういう道の楤は、花を咲かすことができない。
当地では楤の芽とか蕗の薹といったほろ苦い味は、好まれないようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鰯雲日和 | トップ | 黄葉 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タラの芽 (諏訪ッチ)
2016-10-12 08:17:39
タラの芽を摘む人がいないとは。
土地それぞれですね。
諏訪ッチさんへ (ターボ)
2016-10-12 10:11:48
当地は砂糖をふんだんに使った料理が好まれますね。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL