続 ターボの薩摩ぶらり日記

写真と俳句のコラボレーション 

姉弟

2017年03月13日 | 日記


母親が幼い姉弟をつれて保育園にやってきた。母と姉は手をつないでいたが、弟はすこし離れていた。
画像は今朝、谷山中央で撮影。

    母離れ弟が早し春時雨         ターボ

亡兄は最後までお母さんと呼んでいたが、小生、独立するとおふくろと呼んだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高架線を縦走する菜の花号 | トップ | 雲南黄梅 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お母さん! (トントン)
2017-03-13 23:51:15
我が家は男女問わず・・姉・弟共に「オカン」
気が合うとも思えない二人だけど、これだけは同じ。
私が優しいお母さんらしくも、温かなおふくろでもないのでしょうか???
トントンさんへ (ターボ)
2017-03-14 07:04:55
オカンは関西で使われているそうですね。富山ではどうなのでしょうね。
呼び名 (諏訪ッチ)
2017-03-14 09:55:21
わが家は、子供たちはオーソドックスにお父さん、お母さんでした。パパ、ママだけは絶対に嫌でしたね。

男の子はこのくらいになると、照れてしまうのでしょうね。
 (紅蓮)
2017-03-14 10:53:11
トントンのことを子供らがオカンと呼んでいたのを、初めて知りました。
うちは、娘は私を小さい頃から母、息子は19歳から離れて暮らしましたが、知らぬ間におふくろと呼ぶようになっていました。娘は話をする相手によって、私の呼び名を変えるのが面倒なので、母と呼んでいたそうです。
 (トントン)
2017-03-14 23:04:27
そいえばお嫁さんだけがお母さん・・(笑)
娘は今はとしこさんかな・・フランス人夫も、オカンか、としこ。
富山は、父ちゃん、母ちゃん・・ばぁちゃん、じいちゃん・・イントネーションが違うけど。
おばさんを、おわちゃんって言っていたような・・
諏訪ッチさんへ (ターボ)
2017-03-15 07:19:00
諏訪ッチさんはよきお父さんなのですね。
紅蓮さんへ (ターボ)
2017-03-15 07:20:40
おふくろと呼ばれて、どんな思いでしたか。
気になります。
トントンさんへ (ターボ)
2017-03-15 07:21:42
フランスのお婿さんから、ママンと呼ばれないのですか。
おふくろ (紅蓮)
2017-03-15 15:18:18
一体いつから息子は、私のことをこう呼ぶようになったのか知らなかったんですね。もしかしたら、結婚式の時に初めて知ったかも。なれないので、ぎょっとしました。今はもうなれたけど。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL