続 ターボの薩摩ぶらり日記

写真と俳句のコラボレーション 

輸血また輸血

2017年03月08日 | 日記

担当の医師は、生い先短い老体に対して貴重なはずの血液を惜しみなく投入した。
画像は2月21日撮影。

    輸血また輸血春灯闇払ふ         ターボ

それまでは冗談半分に辞世句をひねっていたが、これは生きなければならないと思った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癌ふたつ | トップ | かゆいところに手が »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お~ (諏訪ッチ)
2017-03-08 22:33:46
自分の輸血を写真に撮って、
ブログに載せた人はいないだろうな~
この元気があれば大丈夫だ!(笑)
同感! (トントン)
2017-03-08 23:44:05
病気との向き合い方が、大したものです。
好奇心衰えていませんね・・諏訪ッチさんの言葉に同感です(笑)

膝の痛みで行動半径が減っているところ、
こちらが励まされます!
諏訪ッチさんへ (ターボ)
2017-03-09 07:22:33
そうなんですか。
トントンさんへ (ターボ)
2017-03-09 07:24:16
担当医師との共闘精神が生まれました。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL