出戻りな飛行機人生?4

11月の遠征は、百里を諦め西へ。

久しぶりのF-16は第7空軍機。

2016-10-19 00:00:00 | 飛行機
引き続き横田ネタから

さて米軍は演習中のためかファイター系の参加が少ない上に、台風の影響で嘉手納のF-15がドタキャンとなり、ずいぶん寂しい内容だ。
しかし、お隣韓国烏山(オサン)の第7空軍から、F-16とA-10が来てくれた。昔は群山のWPや三沢のWWと並んで3大F-16部隊が
こぞって展示していた。懐かしいぜ。

まずはF-16ファイティングファルコンから。

F-16D複座型と

F-16C単座型を1機づつ展示していた。

所属は7AF/51FWの36FS

F-16Cは司令官機か。

2機は翼同士にロープを結び

部隊の旗を掲げていた。


展示場所は空自イーグルの南隣。もう少し青空が多いとよかったんだけどなあ。


お次はA-10C。

こちらは同じ型を2機展示。

機首のアップ。いかついよなあ。

そして翼下にはマーベリック❓空対地ミサイルか。

所属は7AF/51FW/25FS。


A―10はラダー格納ドア内側のアートがお約束。毎回どんな絵か楽しみだ。

A―10は地面近くから見るとかっこよさが増す(と思う)

反対側からも1枚。

以上。これだけ。4機だけ。米軍は例年になく寂しい展示だったな。でもタダで入れてもらえるので文句は言えないな。
残念なのは嘉手納18FWのHH60/F-15/E3が台風影響で飛べず、キャンセルになったこと。定番ZZのイーグルに会えなかったぜ。


おまけ 兵士が歩くだけでサマになる。
『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 少ないフライトは、アトラス! | トップ | ポインター!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む