出戻りな飛行機人生?4

1月撮り初めはHNDから。

小牧基地オープンベースにきたどー!

2017-03-19 00:00:00 | 軍用機
3月5日日曜日朝6時。超久しぶりにここに並ぶ

まだ薄暗い小牧基地前。4年半ぶりにやってきた。ここから3kmほど離れた小牧駅前に車を止めやってきましたぜ。

朝7時にゲートオープンで中に入れたが、10mほど進んだところで一旦停止。その後持ち物検査を経てエプロン手前まで列は進行。そして0830時に開場。一気にエプロン地区へ人がなだれ込む。皆の目当てはブルーインパるす列線前。

私は予備機の少し北側でタキシーアウトする場所に陣取る。いわゆる砂かぶり席だ。ここからだと列線は逆光方向になる。

そしてすぐに4機のUH-60J列線から3機がタキシーアウト。オープニングフライトに向かう。開場前にKC-767,C-130H,U-123Aは既に離陸しており、ホールディングポイントでホールドしているはずだ。

タキシーアウトし、G2からE-TWYへ進行しホバリングを開始。

そして機首下げの姿勢から一気に加速していく。

この姿勢、真正面から撮影したいよなあ。

2機目は、2型と呼ばれる最新バージョン。給油プローブはもちろん、エンジン排気口カバーがついたり、ワイヤカッターがついたり、サバイバル性が一層増した奴だ。

3機目も2型。

3機がトレイルで北方面に去っていく。その後ライトターンしホールディングポイントへ。

しばらくするとオープニングフライトスタート。
南から5機のC-130Hが傘型編隊で進入してくる。

C-130Hの5機編隊、初めて見たかも。

綺麗に傘型を形成しRW上を南から北へ。1機だけKC-130Hが混じっている。

ウロウロしてYS-11の横にいたタイミングでこの編隊がやってきた。

地上展示機は、改めてどこかでご紹介するつもりだ。

続いてやってきたのが、KC-767とC-130HとU-125Aのダイヤモンド編隊。

KC-767は、ここ小牧にしか配置されていない。

同じB767-200を改造し作られた機材にE767がある。E767は浜松基地所属だ。

しかし結構タイトな隊形だな。大型の機材でこれだけタイトなフォーメーションをやってのけるなんてスゲエぜ

この角度では空中給油しているように見える。

この後KC767は少し高度をとり、離脱していく。

いよいよ始まった小牧基地オープンベース。戦闘機ベースの基地祭からすると派手さはないが、見ごたえはある。4.5年ぶり2回目の小牧基地。一日楽しんじゃうぜ。
『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 春ですねえ。富士山も隠れて... | トップ | 小牧のオープニングフライト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む