ディメンシアへの想い

認知症になってもフツーに暮らせる社会の実現に向けて医療・介護・生活に関する情報発信

コウノメソッドに想う②

2016-10-19 12:36:32 | コラム

コウノメソッドを初めて知ったのは7年前である。

認知症にレビー小体型があることを知ったのも、この頃である。

今は親しくしているレビーの家族会の人たちと講演会でお会いしたのがきっかけである。

抗認知症薬(当時はアリセプトだけ)の薬剤過敏で症状が悪化して介護に苦労したと。

河野医師はそのことをいち早く気が付き、コウノメソッド2009にそのことを記載していた。

私も何度か同医師の講演会に参加したが、当時は患者家族に寄り添う言葉が印象的であった。

この7年で認知症医療が劇的に改善したわけではないが、介護や生活を支える人たちが増えたのは間違いない。

7年後の今、「河野医師が信用棄損で医業停止に・・」

どうしてこうなったのだろう・・・。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェルラ酸サプリメントのそ... | トップ | 抗酸化物質による認知機能改... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。